ピクシブ百科事典

E501系

いーごひゃくいちけい

E501系電車(E501けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の交直流通勤形電車である。
目次[非表示]

概要

常磐線の交流電化区間で運行されていた交直流電車は、当時3ドア・クロスシートの403系415系が主流であり、旅客の増加に対応しきれなかった。そのため、常磐線の輸送改善を目的に、初めての4ドア通勤形車両として開発・1995年より投入されたのがE501系である。

基本設計は直流区間で運用されていた209系を基本にしている。基本10両編成と付属5両編成がそれぞれ4編成ずつ製造されたところで製造を終了した。

常磐線の交直流電車にグリーン車を連結するに当たり、上野発着列車を当該のE531系に揃えることになったことから、2007年3月のダイヤ改正に伴い上野方面への乗り入れを終了。常磐線土浦以北と水戸線で運用されるようになった。これに前後して基本編成の両先頭車と付属編成の1号車にトイレを設置する改造が行われた。
水戸線運用は2019年3月のダイヤ改正に合わせて終了し現在に至る。

余談

京浜急行電鉄2100形と並んでシーメンス社製の通称・歌うインバータことドレミファインバータを搭載した車両として有名であったが、機器更新により歌わなくなってしまった。

関連タグ

JR東日本 常磐線 水戸線
209系 E217系 E231系 E233系
403系 415系 E531系

関連記事

親記事

通勤形電車 つうきんがたでんしゃ

兄弟記事

  • 103系 ひゃくさんけいまたはいちまるさんけい
  • 209系 でんどういっとかんはしるんです
  • 205系 にひゃくごけい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「E501系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23646

コメント