ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

JR東日本2021年より運行している直流一般型電車。(製造は前年より)
E235系E129系をベースにした4扉のステンレス車。これは4扉のホームドア設置駅にも対応出来るようにしたもの。
1M方式を採用し、最短2両から編成を組める。

各車両に車いすベビーカーを利用する人向けのフリースペースを確保するとともに、車いす対応の大型洋式トイレも設置し、バリアフリー化を推進、また客室内に防犯カメラも導入される。
さらに、車両側面にもカメラが設置され、乗務員が運転台から乗客の乗降を確認できるようにするなどワンマン運転に対応した機器が搭載されている。
案内装置ではフルカラーLED方向幕や車内案内LCDモニターおよび自動放送が搭載されており、駅ナンバリング案内にも対応している。

0番台・80番台(房総地区向け)

E131系
The Boso Commuter NEW FACE E131


2021年3月13日より運行開始。
2両編成で、幕張車両センターに0番台が10本、80番台が2本の合計12本が導入された。
80番台は、線路設備モニタリング装置が搭載してあること以外は0番台と同じ。
房総地区末端区間を走る209系2000・2100番台の後継車両として、主に内房線木更津駅及び君津駅以南)、外房線上総一ノ宮駅以南)、鹿島線成田線(成田~香取間)に導入した。

ワンマン運転を行う(成田線の成田~佐原間を除く)が、運賃箱などは準備工事となっている。
車内は一部ロングシートのセミクロスシートで、運転席側がロングシートとなっている。80番台は機器の関係で配置が少し異なる。

なお同線区において他線区からの中古改造車ではない完全新製車両が直接投入されるのは、1987年の国鉄民営化よりもはるか以前、1969年からの電化時における113系から約半世紀ぶりとなる。
首都圏に隣接している線区でありながらこのような状況になってしまった理由はこちらを参照

車両のデザインは、房総の海をイメージした水色と菜の花の色をイメージした黄色で、側面は帯、前面は房総の海の波飛沫をイメージした水玉模様としている。

500番台(相模線)

E131系500番台


2021年11月18日より運行開始。
4両編成で、国府津車両センターに12本が導入される。編成はクモハ+サハ+モハ+クハ。
相模線を走る205系500番台を置き換える予定である。車内はオールロングシート。
横浜線直通として運用される際には車内LCDや方向幕ではラインカラーや駅ナンバリングなど横浜線内の案内に準じた表示・放送を実施している。

塗装は、205系より濃い青色で、湘南の海と相模川をイメージした濃淡2色の帯。前面は房総向けと異なるパターンの水玉模様とし、富岳三十六景のようなダイナミックな波のしぶきをイメージしている。

600番台(日光線・宇都宮線)

2022年春より運行開始予定。
3両編成で、15本が導入される。
日光線宇都宮線(小金井・宇都宮~黒磯間)で使用されている205系600番台を置き換える予定。
車内は500番台と同じくオールロングシート。

塗装は日光のレトロ調を継承し、側面の帯には火焔太鼓の山車をイメージした黄色と茶色の二色配置とし、世界遺産日光の社寺に施される文様にも通じる賑やかで高級感のあるデザインとなっている。

関連タグ

一般形電車
鉄道車両の形式の一覧 E127系 E129系
内房線 外房線 鹿島線 成田線 相模線 日光線 宇都宮線

関連記事

親記事

一般形電車 いっぱんがたでんしゃ

兄弟記事

  • E233系 いーにーさんさんけいまたはいーにひゃくさんじゅうさんけい
  • E235系 いーにひゃくさんじゅうごけい
  • E231系 いーにーさんいちけい
  • もっと見る

pixivに投稿されたイラスト pixivで「E131系」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「E131系」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19273

コメント