ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

E127系

いーひゃくにじゅうななけい

JR東日本が所有する直流通勤形電車。ここではえちごトキめき鉄道のET127系も解説。
目次 [非表示]

701系をベースに開発された東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流通勤形電車。1995年に登場した。老朽化が進み、2扉のため列車遅延の原因にもなっていた新潟・長野地区の165系169系を置き換える為に投入された。

2両編成で、最大4本を繋いだ8両まで連結可能。ワンマン運転も考慮した設備を有している。


JR東日本E127系0番台

平成生まれのコミュータートレイン

新潟県近郊区間向けに新造し、1995年5月8日より運行を開始した。オールロングシート車で、2両編成13本(V1~13編成)を製造。

V3編成は、2008年9月に発生した越後線での踏切事故の際車体が炎上し廃車(除籍は2014年10月20日で、車両基地に長らく置かれていた)。

V1、2、4~11編成(10本)は、2015年3月14日にえちごトキめき鉄道へ譲渡されET127系になった(後述)。


JRに残ったV12・13編成の2本は弥彦線ワンマン列車と活躍後、2022年3月のダイヤ改正で余剰車として定期運用から離脱。しかし、同年発生した落雷を原因とするE129系の故障に伴い、一時的に運用に復帰し、故障車の代走を行った。

2023年2月、同年度中に首都圏へ転属し南武線支線区間(浜川崎尻手間)に投入することが発表され、9月13日より運用が開始された。

南武支線にE127、デビュー!


えちごトキめき鉄道ET127系

えちごトキめき鉄道 ET127系ET127系 V9編成【再投稿】

2015年3月14日の北陸新幹線の開業に伴い、信越本線の一部区間が第三セクターに移管されることになり、これにともない開業したえちごトキめき鉄道へ、上記新潟地区で活躍していたE127系のV1、2、4~11の10本を譲渡した。

番号は0番台第3編成の欠番を埋めるため、V4~11編成の番号がずらされ、ET127+ET126-1〜10(V1~V10編成)となっている。V8、9編成は霜取りパンタグラフを装備。

外観は塗装が変更された程度でほぼJR時代のまま。開業日までに車体のカラーリング変更が間に合わず、しばらくJR時代のカラーリングのまま走っている車両がいた。

同鉄道妙高はねうまラインで活躍している。


なお、えちごトキめき鉄道への譲渡のための不足するJRの車両分はE129系の新造で対応した。


走れ新潟色

このうちV1編成は、2021年8月より「新潟色」とよばれる旧型車両をイメージしたラッピングを纏っている。


JR東日本E127系100番台

正面画 JR東日本E127系100番台安曇野の印象

大糸線向けに新造したセミクロスシート車で、1998年12月8日に営業運転を開始した。

2両編成12本(A1~12編成)が在籍。A5~12編成は霜取りパンタグラフを搭載。

車体は0番台と異なり、ドアのステップの有無を除いて701系と同一となっている。また、パンタグラフかシングルアーム式に変更された。

2013年3月のダイヤ改正より、篠ノ井線中央東線(塩尻茅野間及び塩尻〜辰野間)でのワンマン列車としても運用されている。


関連タグ

JR東日本 えちごトキめき鉄道 123系

信越本線 白新線 羽越本線 越後線 弥彦線 南武線

大糸線 篠ノ井線 中央本線

おねがい☆ツインズ(E127系100番台が劇中に登場する)

関連記事

親記事

通勤形電車 つうきんがたでんしゃ

兄弟記事

  • 103系 ひゃくさんけいまたはいちまるさんけい
  • 205系 にひゃくごけい
  • 201系 にひゃくいちけい
  • もっと見る

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27836

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました