ピクシブ百科事典

321系

さんびゃくにじゅういっけい

321系電車は、JR西日本の通勤形電車
目次[非表示]

主に関西地区の東海道本線山陽本線JR京都線JR神戸線)を走っていた201系205系(共に他線区へ転用)の置き換えと207系の補充用に、JR西日本が2005年に導入した通勤用車両で、ステンレス製4扉オールロングシート車である。既に走っている207系とは違い、7両貫通編成のみで、当時存在した片町線学研都市線)の分割、併合運用には対応していなかった(後にホーム延長が行われ分割併合が解消)。

基本的には207系を踏襲しているが、車内には液晶モニターが設置され、駅名表示や、乗り換え案内やCM放送を流している。

因みに新製時、近畿車両が保有する駐車場に321系の車体鋼体(一部床下機器付き&カラー帯無し)が大量に留め置かれていた時期がある。

実車登場前のイメージイラストは塗装変更される前の207系と同様の青帯で描かれていたが、JR福知山線脱線事故の影響等により現在のカラーリングとなった。

車両区分について

JR西日本では本形式以降に新製された普通列車用の車両形式区分の第2位(十の位)の数字が「0 - 3, 5, 6」を普通列車用車両のカテゴリとして使用しているため、事実上は一般形電車となるが、本形式は通勤形電車に分類されているため、本項では通勤形電車とする。

編成・車両形式

故障による1インバーター解放時においても健全な時と変わらない加速性能を発揮させるため、電動車の片方の台車を付随台車とする0.5M方式を採用。この系列は7両編成であり、解放による影響が少ないため、1両付随車がある。

  • クモハ321形
    • 東行き(京都・木津寄り)の先頭車両(7号車)。制御装置・蓄電池・パンタグラフを搭載。
  • クモハ320形
    • 西行き(西明石・新三田寄り)の先頭車両(1号車)。制御装置・蓄電池を搭載。
  • モハ321形
    • 2号車・5号車。制御装置・空気圧縮機・パンタグラフを搭載。
  • モハ320形
    • 4号車・6号車。制御装置・蓄電池を搭載。
  • サハ321形
    • 3号車。蓄電池を搭載。
←京都・木津 / 西明石・新三田→
7654321
クモハ321モハ320モハ321モハ320サハ321モハ321クモハ320


所属・運用

7両編成39本すべてが網干総合車両所に所属し、明石支所に配置されている。

  • 東海道・山陽本線(琵琶湖線JR京都線JR神戸線):野洲 - 加古川
    • 日中は京都 - 西明石間で運用。草津・加古川乗り入れは平日朝ラッシュ、野洲乗り入れは毎日最終電車のみ。普通電車として運転される。
  • 福知山線JR宝塚線):尼崎 - 篠山口
    • 日中は尼崎 - 新三田間で運用。篠山口乗り入れは朝晩のみ。基本的に大阪で折り返すか、JR京都線およびJR東西線・学研都市線と直通。普通電車・快速として運転される。
  • JR東西線・片町線(学研都市線)・関西本線大和路線):尼崎 - 京橋 - 木津 - 奈良
    • JR神戸線・JR宝塚線と直通運転するほか、学研都市線内のみの運用もあり。普通電車・区間快速・快速として運転される。早朝・深夜に限り木津 - 奈良間も走る。
  • おおさか東線・関西本線(大和路線):新大阪 - 放出 - 久宝寺 - 奈良
    • 毎日上下4本ずつ直通快速として運転。

関連タグ

JR西日本
207系
201系大和路線大阪環状線に転属)
205系(後に東海道、山陽運用に復帰→再度阪和線に転属)

関連記事

親記事

通勤形電車 つうきんがたでんしゃ

兄弟記事

  • 103系 ひゃくさんけいまたはいちまるさんけい
  • 209系 でんどういっとかんはしるんです
  • 205系 にひゃくごけい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「321系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26342

コメント