ピクシブ百科事典

一般形電車

いっぱんがたでんしゃ

電車の用途区分の一つ。
目次[非表示]

電車の用途別区分のひとつ。
本項目では電車以外の「一般形車両」についても簡単に説明する。

国鉄→JRにおける「一般形」

一般形電車

国鉄JR普通快速列車に運用する目的で製造された車両は「新性能電車」においては通勤形電車近郊形電車のいずれかに区分されてきたが、JR東日本E231系電車において通勤形と近郊形を統合する形で「一般形電車」のカテゴリーを登場させた。ただし、後継のE233系なども含めて「通勤形仕様」と「近郊形仕様」の区別は番台レベルでなされている。
また、JR西日本321系以降の車両形式区分の第2位(十の位)の数字「0 - 3、5、6」の用途を「普通電車用」のカテゴリーとしているため、321系・521系225系227系・2016年導入予定の323系は事実上「一般形電車」となるが、電車においては列車・路線の実情に合わせて通勤形・近郊形と明確に区分されている。321系以前の車両は国鉄時代の車両形式区分を踏襲していたが、例外的に125系は「一般形電車」としてカテゴライズされている。ただし、125系の場合は非電化区間の電化と一般形気動車の置き換え用であるため、JR東日本の事例とは意味合いが異なる。
JR東海JR四国はJR発足後、普通列車用の電車については近郊形しか投入していないため、近郊形が実質的な一般形の区分という状態となっている。JR北海道では、近郊形の721系と通勤形の731系733系735系は共通で運用されており、通勤形と近郊形の運用上の区別はされていないため、実質的に一般形電車という状態となっている。

気動車・客車

こちらは「通勤形」・「近郊形」に完全に区分される車両はむしろ少数であり、その意味ではほとんどが「一般形客車気動車」である。

電気機関車・ディーゼル機関車

高速仕様(特急・高速貨物列車など)や寒地仕様に対する対義語的に用いられることがある。
EF60EF65ED75ED76の各0番台など。

私鉄における「一般形」

会社により、優等列車運用車両・料金徴収車両との対比によるもの、JR東日本のような通勤形・近郊形の機能を兼備するもの等がカテゴライズされる。

関連タグ

鉄道車両 E231系 E233系 E331系 E531系 E721系 125系

pixivに投稿された作品 pixivで「一般形電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1303

コメント