ピクシブ百科事典

225系

にひゃくにじゅうごけい

JR西日本が設計・新製した近郊形直流電車。関西地区で2010年から使用されている。
目次[非表示]

諸元

編成4両、6両、8両
軌間1067mm(狭軌)
主電動機(0、100、6000番台)WMT106A-G1(かご形三相誘導電動機、270kW)
主電動機(5000、5100番台)WMT106A-G2(かご形三相誘導電動機、270kW)
歯車比6.53(15:98)
駆動方式WN駆動
制御装置WPC15A(2レベルIGBT、静止形インバータ一体型、1C2M)
電動台車WDT63A
付随台車(0、100、6000番台)WTR246B、WTR246C
付随台車(5000、5100番台)WTR246D、WTR246E
車体長(先頭車)19570mm
車体長(中間車)19500mm
車体幅2950mm
車体高(先頭車)3680mm
車体高(中間車)3630mm


概要

【HD-J西_電03】ツリ目の新快速【225系】


15年にわたって製造が続けられた223系の次世代車両として開発された車両。
2005年に発生した福知山線脱線事故の教訓による安全の追求と、321系から始まった情報提供機能の拡充を目指した。

2010年12月1日より0番台が琵琶湖線湖西線JR京都線JR神戸線東海道山陽本線)などで、5000番台が阪和線関西空港線大阪環状線きのくに線などでそれぞれ営業運転を開始。2017年までに327両が製造された。

2012年3月には、JR宝塚線福知山線)向けに性能を変更した6000番台が登場。
2016年7月からは改良型の2次車が運用を開始している。

車体

車体はステンレス製を基本とし、先頭部のみ高耐候性圧延鋼材(SPA)と呼ばれる鋼材が用いられている。
321系以降の標準断面を採用し、ホームドアの設置を考慮して連結面から車端出入り口にかけての寸法を先頭車と中間車で共通化させている。
側面は、窓割りを223系の5枚から3枚(下降窓-固定窓-下降窓)に変更し、太い柱を設けることで強度を向上させている。

先頭部にはクラッシャブルゾーンを設けることで、衝突時の安全性確保を図った。
225系は独自の「ともえ投げ方式」と呼ばれる構造を採用。これは、先頭部の上部を潰れやすく、下部を潰れにくくなるよう造ることで、万が一衝突を起こしても上部が先に潰れて衝撃を逃がし、乗客や乗務員の安全を守るという仕組み。

機器類

321系同様の「0.5Mシステム」を採用。
片側が動力台車(0.5M)の全電動車構成とすることで常に一定の電動車比率を実現し、車両全体の低重心化による安全性向上を図っている。また、全車両の構体設計を共通化することでコスト削減を図った(全車両にフィルタリアクトルを搭載する上に配線が長くなるので編成重量が増加してしまう欠点もある)。
全車両に車両制御装置、フィルタリアクトル、空気タンク、蓄電池を搭載。うち225形には集電装置、空気圧縮機を搭載するが、0番台などの一部の車両は空気圧縮機が非搭載となり500番台が付与されている。
集電装置や空気圧縮機を搭載しない車両も、後から取り付けが可能である。

制御装置は補助電源装置一体型のIGBT素子VVVFインバータ制御「WPC15A形」。
制御単位は1C2Mで、各車両に1台ずつ搭載された装置が自車の動力台車を制御する。
補助電源部は自車両分の電力を負担し、万が一故障した際は、他の車両の補助電源部が出力を高めて電力を補うことにより、バックアップ性を確保している。

主電動機は「WMT106A形」。回生ブレーキ負担率の増加を見込んで1時間定格出力が270kwに強化された。駆動装置の改良もされており、高速走行時の騒音が大幅に抑制された。

223系と併結運転が可能であるが、221系との併結は現在のところ実績がない(221系性能化には対応している)。

内装

車内での転倒事故を防ぐため吊り革が増設された。高齢者でもよく分かるように持ち手が黄色く塗られ、持ちやすいよう直径が太くなっている。形状は従来のリング型。
扉横や座席上部の手すりも同様に、黄色で太いものとなっている。

座席は223系と同じく扉間5列の転換クロスシートが、車端部は転換クロスと同じ形状の座席を向かい合わせに固定したボックスシートが配置されている。
阪和線用は空港利用客の荷物置き場・ラッシュ時の立席スペース確保の為223系0番台・2500番台と同じく扉間のクロスシートの配置が横2+1列配置となっているほか、きのくに線の路線特性から津波等の災害時に備えて避難器具が各車両に1か所ずつ設置されている。
座席配置はそのまま窓配置が変わってしまったため、窓割りと座席が合わなくなってしまった。

321系に引き続いて液晶式案内表示装置が扉間・車端部に設置されている。
扉間は前後2面ずつ計4面、車端部は2面。
左側の面では次駅・乗換・停車駅案内を表示、右側の面は「WESTビジョン」と呼ばれ、広告が流れる。当初は日本語・英語の表示に対応していたが、2016年12月24日からは大阪環状線でデビューした323系に合わせ、中国語・韓国語の表示にも対応した。また、併結と切り離しの案内も表示される。

乗降扉には乗客や荷物が挟まれた際のダメージを軽減する戸閉力減衰システムをJR西日本の車両で初めて採用した。…しかし、この機構は故障しやすいのか、車両によっては異音を発したり、閉まる直前の減速がなかったり、そもそも減圧機構が無効化されていたりすることがある。
ドア枠の上部には新たにドア開閉警告灯を設置。

トイレの汚物処理方式は223系1000・2000番台はカセット式、0・2500番台は循環式であったが、225系では真空吸引式に変更されている。

2次車

225系100番台
225系5100番台 Hanwa & Airport Line


2016年より製造されている改良型で、便宜上「100番台」「5100番台」とよく呼ばれる。車両番号は101・5101から振られているが、編成番号は1次車の続番である。
前面が227系タイプの顔つきになり、種別・行先表示器のフルカラーLED化、室内照明のLED化、モハ225のダブルパンタ化(1基は予備)など一部違いがある。阪和線関西空港線大阪環状線きのくに線向けの車両は無線LAN・Wi-Fi対応となった。

番台区分

0番台(JR京都線・JR神戸線・琵琶湖線・湖西線など)

2016年9月現在、4両編成のU編成5本(うち1次車は3本)と8両編成のI編成9本(うち1次車は7本)が網干総合車両所に在籍。
最高速度は130km/h。運用は223系1000・2000番台と共通。
223系の数が多いため、運行線区では少数派形式となっている。
琵琶湖線・京都線・神戸線の快速・新快速をメインに運行されている。

5000番台(阪和線・大阪環状線・関西空港線・きのくに線)

225系・二代目関空快速


HF編成。2016年9月現在、4両編成37本(HF401~、うち1次車は29本)と6両編成6本(HF601~、すべて2次車)が吹田総合車両所日根野支所に在籍。最高速度は120km/h。
4両編成は223系と共通運用で、6両編成は単独運用。
4両編成は大阪環状線直通の関空快速・紀州路快速・直通快速、阪和線・関西空港線・紀勢本線(和歌山~紀伊田辺)の普通・快速列車で運行。
6両編成はおもに阪和線の普通・区間快速(朝ラッシュ時)に使用されている。
こちらはまとまった数が投入されているため、運行路線においては見かける機会が多い。
2018年3月17日より2次車が羽衣線での営業運転を開始。

6000番台(JR宝塚線)

0番台をJR宝塚線向けに221系性能に固定したグループ。
4両編成のMY編成3本と6両のML編成5本(すべて1次車)が網干総合車両所宮原支所に在籍。最高速度は120km/h。
4両編成は223系MA21・MA22編成(パンタ1基)と共通運用で3本のみの少数派だが、6両編成は固定運用である。
JR宝塚線の大阪発着列車(おもに丹波路快速など)に使用されている。
223系6000番台同様、先頭車の前面貫通扉下部・乗務員用扉下部にオレンジ色のラインが2本追加されている。

関連タグ

221系 223系 227系 323系 521系
東海道本線 琵琶湖線 JR京都線 JR神戸線 阪和線
新快速 関空快速 紀州路快速 直通快速 丹波路快速

E257系:0番台発表当時、貫通型先頭車と顔(特に前照灯)がそっくりだと話題に
一畑電車7000系:走行機器を丸ごと取り入れた車両

関連記事

親記事

近郊形電車 きんこうがたでんしゃ

兄弟記事

  • 419系 よんひゃくじゅうきゅうけい
  • 227系 にひゃくにじゅうななけい
  • 115系 ひゃくじゅうごけい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「225系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98146

コメント