2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1999年5月6日より営業運転を開始したJR東海(東海旅客鉄道)の直流近郊形電車

JR東海の在来線電化区間における標準形車両となっており、1999年~2014年の間に539両が製造された。(※この他、2019年に事故代替車2両を新造)

1999年に東海道本線(名古屋地区)の快速列車用、および中央西線103系165系置き換え用と、御殿場線身延線の一部列車ワンマン化用に投入された。これらは1次車と呼ばれ、ヘッドライトがシールドビーム・行先表示器が幕式なのが特徴。(2001年に2次車6両増備。)

その後、2006年から東海道本線(名古屋地区)新快速の輸送力強化、および最後まで残った113系115系117系119系123系の老朽化に伴う置き換えのために増備が再開され、ヘッドライト(HID・LED)や行先表示器(フルカラーLED)などが変更された。(詳細は後述)

15年にわたる増備の結果、JR東海管内のほぼ全ての国鉄時代に製造された電車を置き換えている。(この時点での国鉄電車は211系4両×2編成のみ)JR東海管内の在来線一般電車の内約6割を占める大所帯。
運用範囲も愛知県 岐阜県 三重県静岡県は勿論、神奈川県滋賀県山梨県長野県など関東~関西・信州までとかなり広範囲。
後に当形式がベースに開発された気動車キハ25形』も開発された。
JR東海の体質を揶揄したジョークに「そのうちJR東海はN700系N700系を置換えて313系で313系を置き換え始めるというものがあった程。
なお2020年のプレスリリースで、今後は313系の増備ではなく211系213系311系を新形式の315系で置き換えると発表された。

JR型車両の中では本線系統の快速列車からローカル線のワンマン列車、果てには有料快速列車や他社線乗り入れなど様々な線区に対応するためか、様々なバリエーションが製造されている。番台区分の数では民営化後に製造された車両の中ではぶっちぎりで多い。ただし数編成作ったのみで100番単位で同種別マイナーチェンジ車へ番号を飛ばすこともままあり、いずれ枠が枯渇してしまわないか疑問もあった。

2022年までは、静岡地区ではワンマン用の3000・3100番台(14編成)を除いて全てロングシート車。それ以外の路線ではセミクロスシートか転換クロスシート以上の設備を備えた車両を配置していた。
ちなみに転換クロス車とロングシート車の座席定員は0番台のクハを除き全く同じ座席定員となる。

営業最高速度120km/h、130km/h(8000番台、2022年3月11日まで)
設計最高速度130km/h
起動加速度2.6km/h/s
減速度4.3km/h/s(常用最大、非常)
歯車比15:98=1:6.53
駆動方式平行カルダン駆動・TD継手方式
主電動機かご形三相誘導電動機・1時間定格出力185kW
  • C-MT66A(1・2次車)
  • C-MT66C(3次車以降)
制御方式3レベル電圧型PWMインバータによるVVVF・ベクトル制御
  • C-SC37(1C2M2群・SIV一体型)
  • C-SC38-G1(1C2M2群・SIV無し)
  • C-SC38-G2(1C2M1群・SIV無し) ※3次車以降はSC37A・SC38A
制動方式回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(遅れ込め制御付き)
発電・空制ブレンディング制御 ※一部車両
台車円錐積層ゴム式ボルスタレス台車
  • C-DT63A・C-TR251(1・2次車)
  • C-DT63B・C-TR251A(3次車以降)
製造所日本車輌製造近畿車輛(3次車まで)・東急車輛製造(1次車のみ)

走行機器

373系を基本としており、主電動機・歯数比は同じである。
制御装置は373系のGTO素子2レベルインバータに代わり、IGBT素子を使用した補助電源装置(SIV)一体型の装置を採用した。従来の個別制御ではなく台車単位での制御となっている。SIVの故障に備え、VVVFインバータ1群をCVCF運転に切り替えるデュアルモードにも対応。
また、一部の車両は回生失効対策としてブレーキチョッパ装置と発電ブレーキ用抵抗器を装備する。
電動車比率が373系の1M2Tから1:1を厳守するよう改められ、重量あたり出力は概ね1.5倍になった。これによる加減速性能の向上と定速制御の搭載により、311系新快速から所要時間短縮を実現した。
台車は伝統の円錐積層ゴム式。付随台車には踏面清掃装置を搭載し、踏面ブレーキを省略。5000番台はセミアクティブ左右動ダンパを装備している。

車体構造

旅客需要の変動が大きいこと(ラッシュ時-データイム)、沿線には7.8㎞の丹那トンネル・6㎞弱の塩嶺トンネル(中央東線)・5㎞の大原トンネル(飯田線)、3.6㎞の峯トンネル(飯田線)、2.9kmの愛岐トンネル(中央西線)等2㎞を越える長大トンネルが随所にあることから先頭車に乗用貫通路を設けており、併結編成の場合、必ず中間の先頭車の貫通路を使用することとされている。2連×4の8両編成や2連×3組+4連の10両編成など、短い編成を繋いでの長編成が組まれることがある。
静粛性を高めるため、床構造はゴムチップをキーストンプレートと床敷物の間に敷き詰めた構造となっており、車内は基本的に非常に静か(但し併結編成を組んだ場合、正面貫通扉を防災上開いておかねばならないため当該部分貫通幌が車外騒音の侵入路になり、中間に入った先頭車に限り若干静粛性が下がる。どちらかの先頭車が必ずMc車となり外部モーター音を拾うため)。なお吸音材として敷かれているゴムチップは実は廃タイヤのリサイクル品で、こんなところでも環境にも配慮されている。
ロングシートから転換クロスシートまで単一の構体から艤装品の変更のみで対応できるよう設計されているため、車体の垂直荷重は車端部以外はすべてドアの戸袋部で受けており、戸袋窓は省略された。そのため、ロング・セミクロスで3本、転換クロスで4本ある窓内の柱は、荷重を受け持たない。

座席

ロングシートは「旅行者」としては不人気とされるが、座席そのもののレベルは高く、同じロングシートである211系のそれより数段快適である。少なくとも腰痛には苛まれない。
逆に固定クロスシートは、尻を前にずらして背中を丸めた状態でフィットするよう作られている上座布団前端同士の間隔が狭く、閑散時ならともかく、混んできた時間帯には膝を鋭角にかがめねば足先が互いに干渉するので、下手したら113115系の初期車より脚が窮屈に感じるかもしれない。
転換クロスシートは8000番台を除き一般的なシートピッチより35mm狭い875mmピッチで並べられている。しかし、足元空間は910mmピッチと同じ座面前後間420mmを確保しており、その分座面奥行きが35mm詰められているが、中折れ機構付きの背もたれを採用することで視覚的な空間の狭さを感じないような工夫がされている。

番台区分

第1次車・第2次車

0・300番台

美濃赤坂線


0番台は4両編成。300番台は2両編成。大垣車両区に4両編成15本と2両編成16本が配置されている。主に東海道線掛川-米原間普通列車を中心に一部の快速列車、武豊線で運用される。転換クロスシートを主体に、ドア脇と車端部に固定クロスシートを配置している。

1000番台・1500番台

1000番台は4両編成。1500番台は3両編成。神領車両区に4両編成3本、大垣車両区に3両編成3本が配置されている。1000番台は主に関西本線名古屋-亀山間で、1500番台は主に東海道本線浜松-米原間で運用される。
転換クロスシートとドア脇固定クロスシートの配置は0番台と同じだがクハのトイレ脇の座席を除き車端部がロングシートに変更されている。

クハは大垣配置の0番台と仕様が同じため0番台を名乗っている。編成を組み替えることはほぼ無いため、管理を優先してクハについても1000番台を名乗ったほうが整合性が高かったと思えるが、こうした措置は一貫してなされているため、編成内部で番号はゴチャゴチャになっている(増備車である1100~1700、ロングシートの2000番台の各編成、後から仕様違いの出た5300番台などがそれである)。
ちなみに313系で最初に登場したのがこのグループである。

1500番台は登場から2022年3月までは神領車両区配置だったが、315系投入に伴う中央西線の8両編成統一と関西本線の2・4両編成化で余剰となり、大垣車両区へと転出した。
大垣では3両編成を2本繋いだ6両半固定編成で運用している。

3000番台

313系+211系


2両編成。大垣車両区に16本、静岡車両区に12本が配置されている。ワンマン運転に対応した設備を持っており、座席配置もボックスシートとロングシートを組み合わせたセミクロスシート。座席モケットの色も青系から緑系になっている。静岡車両区配置車は御殿場線身延線が運用の主体、大垣車両区配置車は飯田線中央線辰野-茅野間、東海道線美濃赤坂支線が主たる活躍の場となっている。
なお大垣車両区配置車は2012年まで神領車両区に所属し、中央西線・篠ノ井線・関西本線で運用され、編成記号B300を名乗っていた。

8000番台

セントラルライナー
セントラルライナーは静岡へ


1999年12月4日より運行を開始した中央線名古屋駅-中津川駅間の有料快速列車セントラルライナー用に投入された番台区分。当初は4編成製造されたが、同列車の利用客増に伴い2001年に第2次車2編成が増備された。仕様は第1次車と同じ。373系に近い車内デザインで車端部以外すべての座席が転換クロスシート。乗降口ドア脇に簡易パーテーションを設置。塗装もシルバーメタリックにオレンジのグラデーションと他番台と大きく異なる。
2013年3月15日にセントラルライナーは廃止されたが、その後もそのままの姿で中央西線の一般快速列車や普通列車、ホームライナーに使われていた。
2022年3月11~12日にかけて静岡運輸区へ転属し、14日より東海道本線(静岡地区)の普通列車として使用されている。基本的に211系(3両)と共通運用だが、313系(3両)の運用に入り、御殿場線身延線でも運行されることがある。

第3次車・第4次車

共通の仕様変更

  • 行先表示器をフルカラーLED、前照灯を白色LEDに変更。快速以上の種別は幕と同じフォントを使用する
  • 車内トイレのスペース拡大、トイレ向かいの座席を廃止
  • 安全対策のため保安装置・ブレーキ装置などのバックアップを構築
  • 回生ブレーキが停止直前まで動作するようになる

1100・1600番台

1000番台、1500番台の仕様変更版。2006年から配備された。1100番台は4両編成3本が神領区に、同じく4両編成7本(第5次車として3編成追加投入)が大垣区に配置されている。1600番台は3両編成4本が大垣車両区に配置されている。クハが400番台なのは、仕様見直しの結果300番台相当の艤装品を有しており、その100番台という理由である。

1600番台は登場から2022年3月まで神領車両区所属だったが、315系投入に伴う中央西線の8両編成統一と関西本線の2・4両編成化で余剰となり、大垣車両区へと転出した。
大垣では3両編成を2本繋いだ6両半固定編成で運用している。

1300番台

第4次車で登場した2両編成。2010年デビュー。1100番台の2両編成版と考えてもいいが、ワンマン運転対応設備や寒冷地対応設備が設けられているのが特徴。ただし編成番号がB40Xの8本はワンマン運転対応設備や乗客用ドア開閉スイッチが準備工事になっている(本設した1309号車~はB5XXの編成番号)。神領車両区に2両編成24本が配置されている。
ワンマン車は3000番台に代わって、中央線・関西線で運用されている。全編成が架線の霜対策としてクモハ313形にパンタグラフを2基搭載。半自動ドアを備える。
ネタ車番としてB505編成のクモハ313-1313が存在する。

1700番台

交換待ち(遅延中)


3両編成。1600番台に寒冷地と列車本数過疎線区対策の装備を盛り込んだバージョン。大垣車両区に3編成配置されているが飯田線と中央線・篠ノ井線で運用され、1編成が大垣に常駐している以外は基本的に飯田線内の豊橋運輸区や伊那松島運輸区に常駐している。車内広告は本来の運用先である飯田線の沿線向けのものが入っており、長野県の観光名所や企業のものが多い。
快速「みすず」として長野まで乗り入れる運用もあったが今は松本駅までで単なる普通列車として運用している。
変わった運用としては、本来JR東日本受け持ちの211系(かつては115系)の代走として、松本~中津川間を走行する事がある。これは主として諏訪湖の花火大会のときに起きる。

登場から2022年3月まで神領車両区所属で、1500・1600番台の予備も兼ねていた。
しかし315系投入に伴う中央西線の8両編成統一と関西本線の2・4両編成化に合わせて飯田線車両の所属を集約する狙いもあって大垣車両区へと転出した。
大垣常駐の1編成は神領時代と同じく1500・1600番台の予備も兼ねている様子。

2500・2600番代

東海の顔


3両編成。2500番台が17本、2600番台が10本それぞれ静岡車両区に配置されており東は国府津、西は豊橋まで幅広く運用されている。2500番台は発電ブレーキなし。2600番台は発電ブレーキ装備。
オールロングシートで18切符ユーザーからの評判は悪いが、静岡地区の211系にはトイレが一切なく、それと併結させる運用を増やすことでトイレの確保に努めている。

2300・2350番台

2両編成。2300番台と2350番台の合わせて9本が静岡車両区に配置されている。閑散線区向けに発電ブレーキを装備し、将来的にはワンマン運転にも対応できるよう準備工事が施されている。
2300番台と2350番台に大きな仕様の差はないが、2350番台はパンタグラフを2基搭載している。御殿場線や身延線で運用されているが、ローカルでのオールロングシートのため鉄ヲタには評判は良くない。

3100番台

313系3100番台


2両編成。3000番台に3次車相当の改良を加えた番台で、静岡車両区に2本が配置されている。ロングシート地獄の静岡なだけあって、ある意味出会えたらラッキーな車両である。編成記号は3000番台からの続番。

5000番台

JR東海 近郊形車両  313-5000系


6両編成。名古屋地区を中心に運用される新快速・特別快速のグレードアップ用に2006年に登場した313系のフラッグシップ的な存在。大垣車両区に6両編成17本が配置されている。
新幹線で培われた技術をフィードバックし、乗り心地は在来線トップクラスと言われている。連結部に車体間ダンパが装備されているのが大きな特徴。
車内は扉間5列の転換クロスシートで、全ての座席が転換可能である。

2017年3月に発生した踏切事故でY102編成の神戸方2両が大破。2年以上運用を離脱していたが、2019年9月に神戸方2両を代替新造して復帰した。
代替新造された2両は車番が原番号+100されている他、製造年が元の2006年のままになっている、車体が5次車相当の仕様になっているなどの異端児。

5300番台

第4次車で登場した2両編成。2両編成5本が大垣車両区に配置され、300番台と共通運用を組んでいる。
5000番台とは異なり、車体間ダンパを装備しない。

第5次車

武豊線電化開業用に増備された28両。1100番台と1300番台が製造され、1100番台は大垣へ、1300番台は神領に投入されている。

仕様変更点

  • 車内照明をLEDに変更。消費電力が減ったのみならず、車内照度が大幅に引き上げられている。既存車両も一部交換が進められている模様である。


編成記号一覧(新製時の配置)

編成記号番台所属次数編成備考
Y00番台大垣1次車4両
Y30300番台大垣1次車2両
Y1005000番台大垣3次車・4次車6両
Z5300番台大垣4次車2両
R1003000番台大垣1次車2両ワンマン
J01100番台大垣4次車・5次車4両
B1-31000番台神領1次車4両
B4-61100番台神領3次車・4次車4両
B101-1031500番台神領1次車3両
B104-1071600番台神領3編成3両
B1501700番台神領3次車3両発電ブレーキ・Wパンタ
B2008000番台神領1次車・2次車3両ライナー仕様
B4001300番台神領4次車2両
B5001300番台神領4次車・5次車2両ワンマン
T2500番台静岡3次車3両
N2600番台静岡3次車3両発電ブレーキ
W2300・2350番台静岡3次車2両50番台はWパンタ
V3000番台静岡3次車2両ワンマン
V13-143100番台静岡3次車2両ワンマン


315系投入に伴う動き

JR東海は2021年より、211系213系311系の置き換えを目的とした『315系』を導入し、2022年3月より運用を開始した。
将来的には、中央本線名古屋駅-中津川駅間の全列車を315系8両編成に統一予定で、これに先駆け2022年3月12日のダイヤ改正より、同区間の全列車が8両編成に統一された。また、関西本線では5両編成・3両編成の列車を2両編成・4両編成に変更。
これに伴い、313系に転属が発生している。

転属した編成一覧

新編成記号番台新所属旧所属備考
J1501500番台大垣←神領2022年3月転属
J1601600番台大垣←神領2022年3月転属
J1701700番台大垣←神領2022年3月転属
S8000番台静岡←神領2022年3月転属


※1700番台は引き続き飯田線で運用。旧B152編成は所属基地に戻ることなく、3月11日から12日の夜に天竜峡駅で編成番号シール・所属表記の張替えを行った。
※8000番台は2022年3月14日より静岡地区の普通列車として使用開始。

身延線を走る313系8000番台



鉄道模型化

KATOTOMIXMODEMOからNゲージとして発売されている。

KATOは様々な種類の編成を取り揃えているのだが、併結相手の異形式が存在しないのが玉にキズ。ホビーセンターカトー東京は「米原駅で並ぶ新快速用車両」という共通点から、実車では有り得ない223系及び225系との併結を推奨なんて事をやらかしている。
ソース:https://twitter.com/katoshoptokyo/status/1142350612937367553

実車通りの異形式併結再現は211系0番台東海仕様や鉄コレの213系5000番台(要加工)があるTOMIX(トミーテック)が一番やりやすい。KATOも211系を発売しているがJR東日本仕様のみである。ただし、KATOの製品はグリーンマックス製211系5000番台用にKATOカプラー装着用アダプターが別売で用意されているため(カプラーそのものはKATO純正の383系用を使用する)、こちらを使うのもアリかも。

関連イラスト

美濃赤坂線
夕暮れの富士を背に



関連タグ

東海道本線 中央本線 関西本線 身延線 御殿場線 飯田線
113系 115系 311系 373系 キハ25
新快速 セントラルライナー

同時期に製造された他社JR型式

E231系 223系 813系 731系

本系列をベースとした形式


外部リンク

車両のご案内(JR東海公式ページ)

関連記事

親記事

近郊形電車 きんこうがたでんしゃ

兄弟記事

  • 419系 よんひゃくじゅうきゅうけい
  • 227系 にひゃくにじゅうななけい
  • 223系 にひゃくにじゅうさんけい
  • もっと見る

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216129

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました