ピクシブ百科事典

123系

ひゃくにじゅうさんけい

鉄道車両の系列の一つ、国鉄・JR東日本・JR東海・JR西日本123系電車に関するイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

鉄道車両の系列の一つ。

国鉄・JR東日本・JR東海・JR西日本 123系電車

国鉄1986年に投入した近郊形電車1988年にはJR東海JR西日本で増備された。

ローカル線や短距離区間運転での単行運用を目的として、当時余剰となっていた事業用車両(クモニ143・クモユニ147・クモヤ145などの荷物車郵便車・牽引車など)から改造された両運転台式車両のクモハ123形1形式のみが存在する。

基本的にオールロングシートで、トイレは設置されていない。改造コスト低減のため奇妙な窓配置や扉配置となっている車が多い。

2007年身延線で運用されていたJR東海所属車両と2013年に引退JR東日本(主に中央本線・辰野駅~塩尻駅間)の「ミニエコー」が引退し、現在はJR西日本(主に宇部線小野田線)において運用されている。

このうちJR西日本車は所謂「末期色」の餌食にされてしまっている。

番台区分


クモハ123-1

1986年に中央本線辰野-塩尻間ローカル用に改造された車両。種車はクモニ143。JR東日本に継承され、当時としては奇抜な塗装が話題となったが、1995年にAU712インバータークーラを搭載した際に再度塗装変更している。
2013年にE127系100番台に置き換えられ廃車となった。

クモハ123-2~4

1987年に可部線向けに改造。種車はクモニ143。JR西日本が継承。上段が折れ曲がり式の閉開窓となっている。改造時にAU75クーラを搭載した。1993年に前面貫通扉が設置、2013年にはトイレが設置され、2014年以降広島ローカルの濃黄色単色へと改められている。

クモハ123-5・6

1987年に阪和線羽衣支線向けに改造。種車はクモニ143。JR西日本が継承。当初から前面貫通扉が設置され、改造当初からAU75クーラーを搭載しているものの、コストダウンを徹底したため客用扉が旧荷物扉と同じ位置に設置されている奇妙な外観である。次第に輸送量的に持て余されるようになってきたため、1995年に運用限界に達したクモハ84を置き換えるため宇野線に転属。これもまた持て余されるようになり2002年にクモハ42の代替として可部線小野田線用に転属。2~4と共通運用されることになったため扉位置が外側に近づくように改造された(それでも奇妙な配置であることは変わらない。)これもまた、2015年以降、広島ローカルの濃黄色単色へと改められている。

クモハ123-41~45

1987年に身延線向けにクモユニ147より改造。JR東海が継承。当初は身延線オリジナル塗装であったが、後に東海標準色に改められている。1989年よりC-AU711クーラーを搭載し番号に+5000が追加された。
クモハ123-45という冗談のようなナンバーの車両が存在したが、冷房改造時に同時に貫通化され番号に+5100が追加、クモハ123-5145というインフレナンバーとなってしまった。2006~7年に番台全廃となっている。

クモハ123-601・602

JR東海移行後、1988年に身延線向けにクモヤ145-600番台より改造。どことなく愛知環状鉄道100形に似た3扉へ改造され、もともとあった貫通路には連結運転用の幌が設置された。これも当初は身延線オリジナル塗装として登場→冷房設置と東海標準色化の経歴をたどり番号に+5000が追加されている。2007年に番台全廃となっている。


関連イラスト

JR東日本所属車両

ミニエコー



JR東海所属車両

富士の単行電車


登場当初、「クモハ123-45」であった(その後冷房搭載改造で+5000番台、貫通化で+100され5145に)

関連タグ

魔改造 クモハ123 ワンマン

関連記事

親記事

近郊形電車 きんこうがたでんしゃ

子記事

兄弟記事

  • 419系 よんひゃくじゅうきゅうけい
  • 227系 にひゃくにじゅうななけい
  • 223系 にひゃくにじゅうさんけい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「123系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40660

コメント