ピクシブ百科事典

末期色

まっきいろ

2010年初頭より広まりだした山陽地区の電車の新カラー。なお本記事ではJR西日本が他の地区で採用した単色カラーについても解説する。
目次[非表示]

概要

中央・総武緩行線のカナリアイエローよりは濃いめの黄色一色塗りという極めて単純な塗色である。イメージは「瀬戸内の太陽」だという。なお正式名称は「中国地域色」。
対象が軒並み国鉄型車両であったため、単色化を嫌う当時の鉄道ファンによって、真っ黄色末期ということでこの愛称がつけられた。

塗り分けや帯が一切入っていない一色塗装には、

  • 新性能車とともに登場した、国鉄(当時)山手線のうぐいす色
  • 時代を超越した高級感あるイメージを保つ、阪急電車のマルーン色
  • パノラマカーの塗装から企業そのもののイメージになった、名鉄電車の緋色
などのように、どちらかといえば好評なイメージの物もあるのに、
  • 垢抜けないデザインで性能も自慢できない国鉄気動車の、ただ塗っただけ感漂うたらこ色
  • 両数が増え過ぎたうえに性能も陳腐化しつつある通勤電車と、それでも引退せず残っている半鋼製車に東武鉄道が塗った微妙なクリーム色
の方にイメージが近いのは、「真の目的がコストダウンであることを言わず」「手入れの悪いまま使い倒した旧型車に安直に既成の色を使い」「ただ塗っただけ」という、デザインとサービス不在のやり方に対する冷たい眼差しも影響しているのだろう。

…ところが地元のナウなヤングのなかには「幸せの黄色い電車」なんて言う者もいるらしい。
感覚なんて本当に人それぞれである。

まあ、警戒色になるといえばなるよね(棒読み)。

「犠牲車」たち

色々な車両が在籍していたため、対象となった形式はJR西日本の単色塗装の中で最も多い。


単色化のメリット

ただしこの単色化、網干総合車両所の保有車両数が網干本所・支所含め2016年の時点で1800両を超えており(JR九州の全車両を管理する小倉総合車両センターが約1600両)、要件(全般検査など大規模な工程を組む必要のある検査)施工件数が年間1000両を超える事態にも直面していたこと、将来的にはJR世代の221系にも体質改善工事を実施するとなると運行に回すだけの車両が尽きるという危機に瀕していた背景があった。単色化はまさに危機に直面したJR西日本のウルトラCともいえ、これによって塗装に要する日数の削減(=工場の回転効率改善)ができ、車両運行の目処がつけられるようになったのである。

また、単色化による塗装費削減によって新車導入の資金捻出にも繋がっている。225系521系追加増備、227系の新車導入もこのコスト削減によって生まれた資金が利用されているとされる。

このほか気動車においては雑多な塗装による混色編成が常態化していたことに地元のクレームがあったといい、結果的に編成の見た目をきれいに整えることに成功している。

他地域の末期色

JR西日本は山陽地区に限らず、鋼製車体の営業車両については原則として単色塗装を採用している。「末期色」の語は、これらの総称としても用いられることがある。

北陸地域色(青)

秋の終わり、冬の始まり


いわゆるスカイブルーと比べるとかなり濃いめの青色。日本海をイメージしている。全車を塗り替えきれないまま北陸新幹線の金沢延伸を迎え、大半の車両が廃車または七尾線転属となったため微レアな塗装。ごく一部の413系はそのままの塗装であいの風とやま鉄道に譲渡されて運用されているが、置き換えが発表されており風前の灯火である。

七尾線色(赤)

ありがとう415系800番台


茜色とも。能登半島の名産品である輪島塗をイメージした深みのある赤色が特徴。ビビッドすぎない色合いがかっこいいという声もある。521系の増備により全車が運用を離脱しており、順次廃車されていくものと考えられる。

京都地域色(緑)

マッチャ イチイチナナ


抹茶色ともいうが、その名の通り京都のお茶をイメージしているという。こちらもかなり深めの緑色で、どことなく古めかしい印象を持たせる。

和歌山地域色(青緑)

青い105


和歌山の海(和歌浦)をイメージした鮮やかな水色。単体で見ると鮮やかすぎるくらいだが、単色化以前から113系はこれとほとんど変わらない塗装であったため、地元民は違和感がなかったとか… 転属と227系による置き換えで、単色化系では初めての消滅となった。

気動車色(朱)

キハ41+キハ47


タラコのような明るい朱色… もとい首都圏色そのものである。東は富山、西は下関まで西日本各地で見ることができる。単色化では唯一、JR化後の新形式にも塗装を行っている。
なおキハ33キハ37も当初存在しなかった首都圏色が後になって採用されているが、これは後藤総合車両所が独自に行っていた取り組みであり、本記事で扱う単色化とは関係ない(それ以前から廃車済みである)。

例外

  • 対象はあくまで普通列車用車両であり、特急形車両ジョイフルトレイン観光列車は独自の塗装が維持されている。また145系443系といった事業用車も単色化の対象にはなっていない。
  • 2012年11月7日に下関総合車両所から出場した115系R-04編成。この編成は旧F-07編成先頭車と旧G-03編成の中間車を合わせたものであるが、F-03編成は広島更新色、G-03は瀬戸内色であった。ところが出場時はなぜか瀬戸内色の方に揃えて塗装されていた。(参考:rail.jp鉄道ニュース
  • 岡山電車区の115系のうち2編成は、地元からの要望で湘南色が維持されている。
  • 221系は単色化の対象とはなっていない。
  • 201系は元々の塗装が単色に近かったためか、塗装変更は行われなかった。
  • 103系は中国地域所属車は末期色とされたものの、やはり元が単色に近かったからか、奈良線播但線加古川線和田岬線といった路線の車両は塗装変更の対象とならなかった。


ちなみに

私鉄でも、前述の阪急や名鉄のほかに、古くから真っ黄色一色な電車を運用している会社があるが、こちらも末期色扱いはされていない。そもそも完全な黄色一色ではなく、先頭車に銀色の飾り帯が付いているほか、ドアがステンレス無塗装であるためアクセントになっている。近年は新型車両の増備で黄色の電車は減りつつある。

地下鉄では銀座線やその手本となったベルリン地下鉄でも同じ理屈から屋根以外真っ黄色な電車が走っていた。また、名鉄のお膝元名古屋を走る東山線も古くから真っ黄色一色の電車を走らせているが、これは銀座線の模倣ではなく、名鉄の緋色を提案した画家・杉本健吉氏による「地下では明るい色の方が警戒色になる」という提案から来たものであり、また地元では「黄電」と呼ばれむしろ親しまれたことから末期色扱いはされていない。地下鉄に関しては真っ黄色の方が相性が良かったのかもしれない。
名古屋では黄色の電車は消えてしまったものの、他の2例では(前者は黄色が濃くなりすぎてオレンジ色になったり銀色に取って代わられていたりしたが)現在でも全電車が大部分真っ黄色の電車で運用されている。

山陽電気鉄道では5000系5008Fが別の意味で末期色と呼ばれた時期がある。普段はアルミ無塗装に赤帯テープの組合せだが、該当編成は2018年にカードキャプターさくらクリアカード編のスタンプラリー開催に合わせ、一時的にアルミ無塗装+白に近いピンク色の帯の組合せで運用されていた。しかし、帯変更の際に車体洗浄をサボった感がある車体と帯の色(赤帯が経年劣化で色褪せたように見える)の組合せが図らずも廃車寸前の末期状態を演出してしまい、少し切ない感じが出てしまった。

関連イラスト

227系900番台末期色(暫定版)


JR西日本が誇る元新快速車両の末路・・・



関連タグ

JR西日本 國鐵廣島
山陽本線 呉線 可部線 福塩線 宇部線 小野田線
茶道部(JR西日本) 湘南色 カフェオレ
迷列車で行こうシリーズ ウエスト戦隊ロクレンジャー

同類

東武鉄道8000系など)
JR東日本キハ110系小海線のリバイバル企画ではあるものの首都圏色に塗られた車両が存在する)

その他

黄色 単色 塗装 電車

非関連タグ

旧型電車 国電 山手線 阪急電鉄 名古屋鉄道 JR九州
ドクターイエロー 西武鉄道

関連記事

親記事

國鐵廣島 こくてつひろしま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「末期色」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168476

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました