ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ニコニコ動画で人気を博した動画のシリーズ。
タイトルは『A列車で行こう』に由来する。


2009年11月に投稿された「記憶に残る迷車 サンパチ君【迷列車列伝#01】」が起源。
この動画のブレイクにより多くの派生作品が作られ、鉄道界隈で一世を風靡した。
本シリーズでネタとして知れ渡った車両は多い(419系末期色など)。

元々は珍妙な特徴や出自を持った車両や路線等を紹介するシリーズで、鉄道知識の布教や鉄オタの増加に一役買った。
フォーマットがシンプルなことから、自動車などでも同様の動画が多数作られた。

しかし投稿者の増加に伴いネタ切れや粗製乱造が目立つようになり、やがてまともな車両へも粗探しの如く強引に「迷車」に仕立て上げたり、鉄道会社や車両への愛のない内容、中傷・嘲笑に近い内容が増加。
さらには迷列車民による厨房行為(元ネタの車両の動画に出張し、迷列車ネタを投稿しまくる、ニコニコ動画のノリを各地に持ち込むなど)が横行した。鉄オタのマナー問題が取り上げられるようになったのも同時期である。
最大の被害者は迷列車厨好みのイメージを付けられてしまった京急かもしれない。

その後はネタが漁り尽くされた上、鉄道系YouTuberの台頭により沈静化。
現在では過去のジャンルとして扱われる事が多い。

ネタの傾向

  • 国鉄型車両全般
  • 強引な工事(魔改造)により、大きく見た目や機能を変えた車両
  • 車両メーカーではなく、自社工場で製造された車両
  • 寿命が長く、何十年と生き残っている車両
  • 逆に淘汰が早く、失敗作と言われる車両
  • 故障や騒音など欠陥を抱えた車両
  • 運行開始後に路線とのミスマッチが発覚し、転属を繰り返した車両
  • 運行方法が特殊な会社(京急静岡鉄道など)
  • 無法地帯と化している会社
  • JR西日本


現在

現在でもSNSYouTubeの鉄オタ界隈で、2000年代後半風の一人ツッコミ、自虐風自慢、比喩的表現が見られるのはこのシリーズの影響が大きい。
例として

【原文】
115系とは、国鉄が採用した電車車両である。主に地方都市で使われた。

【迷列車風に変換】
115系とは、某赤字を撒き散らす国鉄…じゃなかったHENTAIの国日本の国有鉄道が採用した、迷…ゲフンゲフン、名列車である。主に利用者がお察しくださいなくたびれた街…もとい自然豊かな地方都市で使われた。

こうした表現は当時の流行りだったが、今日では時代錯誤感が否めない他、ある人には過度な礼賛、ある人には侮辱のように受け取られかねないので注意。

関連タグ

表記ゆれ:迷列車で行こう
A列車で行こう 迷列車 列車

外部リンク

迷列車で行こうシリーズとは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

ニコニコ動画 にこにこどうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「迷列車で行こうシリーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「迷列車で行こうシリーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48064

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました