ピクシブ百科事典

YouTuber

ゆーちゅーばー

YouTuberとは、主に動画共有サイト『YouTube』で独自に制作した動画を継続して公開している人物や集団の総称である。
目次[非表示]

概要

YouTuber(ユーチューバー)とは、動画サイトYouTube』で動画を投稿している人物(団体)の総称。『YouTubeクリエイター』『YouTube personality』『YouTube Star』『YouTube Celebrity』とも呼ばれ、同じような意味である。

YouTubeには広告パートナープログラムが設定されており、これに申し込んで審査を通過すると動画の収益化が出来るようになり、再生回数に応じてお金がもらうことができ、狭義では、この再生数による広告収入で大きな収益を上げる人たちのことを指す場合もある。
世界のトップクラスになると年収10億を超えるため、現在の日本では、特に低年齢層の憧れの職業の一つとなっている。
2017年にはバーチャルYouTuberも登場。

実態

YouTuberは「ただ動画を投稿するだけの職業」という先入観を持ちがちだが、実際にはそうではない。
まず広告収入だけでまとまった稼ぎを得るには、途方も無い再生回数と認知度が必要なため、飽きっぽい性格の人にはあまり勧められる物ではない。そもそも有名所になるには毎日投稿が基本と結構激務な業界であり、某番組でもその面が取り上げられている。

「面白い動画」として注目を集めるためにはただ撮って出しでアップすればいいものではなく、長く続けるには構成や編集の技術も一定レベルが要求される。ソフトやハードの購入費や技術習得など、本格的に収入を得るレベルを狙おうとすれば初期投資も実はある程度かかる。

このようなわけで、YouTube一本で食っていくとなるとかなりの体力と根性、そして競争相手の多い中で差別化を図る企画力人を引き付けるセンスが必須となる世界でもある。
端的に言えば、「YouTuberに休みはない」。正確に言えば、休んでもよいが、動画のストックは自分で作り続けなければならず、毎日投稿が当たり前の世界で1週間以上休もうものなら、忘れ去られてしまうかもしれない。中身としては「一人でテレビ番組を作り続ける」ようなもの。トップクラスのHIKAKINともなると、寝る時間の確保すら難しいという。
0から始めるとなると、実写系中心なら顔と名前を覚えてもらうために人気YouTuberとコラボするといった人脈づくりも大切。
人気を博したYouTuberも、単なる偶然ではなくその多くは、体操やペット、プラレールといった趣味・特技・「実際にやってみた」系の検証などによって注目を集めることから始まる(HIKAKINも最初はボイスパーカッションが動画投稿のきっかけだったという)など、結局は「芸は身を助く」であり、楽して稼げる道ではなく、好きでなければ不可能。

子供と組み合わせて商品紹介するといった独自の持ち味で人気を博するチャンネルなどが有名なのはもちろんだが、ライバルも増加気味でどこから増えるかもわからない。
2015年以降はニコニコ動画において、人気ゲーム実況者に対してのアンチ活動が激化して「動画とコメントの相乗効果で楽しむ」はずのニコニコ動画でコメント欄が機能しなくなることが起きた結果、多くの実況者がニコニコ動画を離れYouTubeチャンネルを開設。
ニコニコ動画の華だった実況プレイをはじめニコニコ動画自体が大きく衰退した一方で、ゲーム実況者はYouTubeにて実写・ゲームなど投稿しつつ100万人のチャンネル登録を達成するなど人気を得た。
また、YouTubeの影響力をかんがみて、お笑い芸人や企業がYouTubeに参加するなど、YouTuberも実写に限らず多角化し、頭角を現すのは難しくなっている。

また多くのYouTuberには縁遠い話だが、YouTubeは政治系の動画に対してその規制基準が不明瞭なところがあり、政治系YouTuber「KAZUYA Channel」が、理由が不明確なまま一度チャンネルが「BAN(禁止)」され、その後BANからなぜか復活するが運営側から説明はほとんどなしといったことも起きたり、政治系に関しては“言論統制”の批判も起きたりすることもあるほどのため、政治系の動画を挙げ続けるつもりならば注意する必要がある。

広告収入目当てで始めたところでYouTuberとして成功できるのは全体のせいぜい10%程と言われており、動画製作だけで身を立てるのはやはり生易しいものではないようである。大体はYouTuberといっても企業案件(企業とのタイアップ)といった副次的な仕事があって成り立っていると思われる。事務所に所属していない場合は広告収入に応じた税金対策が付きまとう事となる。

現在は動画に広告を付けられるかどうかで審査が厳しくなってきているとされており、広告収入の単価下がっているとも。上述のようにライバルも多く、社会保障もなく弱肉強食を体現した、より厳しい世界になってきている。
むしろ似たり寄ったりと飽和化しすぎて俗に言われている「YouTubeバブル」は終焉(崩壊)に向かっているのではないかとの見方もある。


YouTuberの知名度上昇後

YouTuberにまつわる問題の発生・増加

注目を集めるために過激な内容がエスカレートし、炎上した結果逮捕書類送検されたり、YouTubeから契約が解除されたりするケースも頻発している。
ネットリテラシーを先に学ばせるべきところを「いかに再生数を上げるか」しか教えていない「子供達へのYouTuber講座」なるものを行っている団体もあり、疑問視されている。
特に未成年者のネットに対する心構えの未熟さがネットでは危険な事である事を授業で啓蒙するといった事はまだまだ途上の段階にある事も忘れてはならない。

実際、Youtuberが引き起こした事件や様々なスキャンダルが露呈した事例も多々ある(例:動画内で使用した資料が無断転載のものだった・裏での女性問題・モラルハザード等)。
特に再生数を稼ぐ目的で過激な事をやる内にエスカレートして他者に迷惑をかけた挙句、警察のお世話に…といった事例や果ては大規模な疑惑問題にまで発展したものさえある。また、グループで動画製作を行っている場合は広告収入の分配を筆頭に様々な人間関係の拗れで内部分裂はまだしも崩壊に至るケースも0ではない。

2017年にローガン・ポールが日本の青木ヶ原樹海で自殺した遺体を笑いながら撮影し配信した映像は世界中で大バッシングを浴び、Youtubeが追悼の声明を発表するなど大問題となった。

そして2018年4月、アメリカのYouTube本社に39歳の女性YouTuberが銃乱射事件を起こして3人がケガを負う出来事があった。その後女性は現場で自殺したとされている。事件の要因は再生数に対しての広告収入のあまりの少なさに憤慨した事によるものだという。
この事件は恐らく前代未聞の動画サイト運営襲撃事件となってしまった。

それ以外にも有名になると必ずと言っていい程アンチが付いたり(これはYouTubeに限った話ではないが)、プライベートの確保が困難になる他、最悪の場合居住地の特定により、分別のない視聴者が自宅に突撃する事態も普通にあるため、デメリットの部分を自力で解決できないと社会生活に支障をきたす可能性もありうる。


フィクションのYouTuber

YouTuberが認知されるに伴い、2017年以降、キッズアニメなど低年齢層向けの作品の題材にされることも珍しくなくなっている。(ただし、さすがにYouTubeの名前をそのまま出すわけには行かないのか、多くの場合は架空の映像配信媒体を使った「○○ber」といった名前で登場している)
理由としては、HIKAKINはじめしゃちょーFischer'sが小学生から人気を博し、テレビ番組やコロコロコミックにも登場するなど、「児童」対象である以上無視できない存在となっているからと思われる。

立ち居地は作品により様々で、トラブルメーカーであったり、子供でありながら有名人であったり、中には動画配信がそのままテーマの作品もあったりするなど。
ただ、配信する動画は大抵が「○○やってみた」という内容であり、世間一般のYouTuberのイメージが伺えるほか、脚本家自身もYouTuberの扱い方・描き方に戸惑っている様子も見られることも。

『アプチューブ』で自分の動画を配信している有名なアプチューバー。子供ながらも有名人。
7話では、人気YouTuberのHIKAKINが人気アプチューバー・ヒカ次郎役で登場したことも。

なんにでも首を突っ込むトラブルメーカー。

本作のテーマは「動画サイト」と「自分発信」。
だれでも自由にチャンネルを開設でき、自分流のパフォーマンスを発信できる動画サイト「プリ☆チャン」が舞台。

編集担当の友人加古川ランマと共に「友TUBE」に投稿し、いろんな発想で遊びを思いつくことから「遊びの神」と呼ばれている(らしい)。
コンビながら人気格差が生じてしまうなど、ある意味リアルな一面も。
コロコロコミックのYouTubeチャンネルでは、バーチャルYouTuberになった友牙が登場する動画も投稿された。


有名なYouTuber

多くはUUUMVAZなどの事務所に所属している事が多い。


関連タグ

バーチャルYouTuber幻想郷youtuber好きなことで、生きていく

ユーチューバー

外部リンク



pixivに投稿された作品 pixivで「YouTuber」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6472480

コメント