ピクシブ百科事典

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

しんかんせんへんけいろぼしんかりおんじあにめーしょん

『新幹線変形ロボシンカリオンTHEANIMATION』とは、タカラトミーの玩具シリーズ「新幹線変形ロボ シンカリオン」から派生したTVアニメ。
目次[非表示]

少年の夢を乗せた新幹線は、シンカリオンにチェンジする!

概要

 トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~の後番組でアニメサタデー630第2部のTBS系統で放送される、『王道新幹線ロボットアニメである。
 2017年10月7日に東京・日比谷公園で開催されていた第24回鉄道フェスティバルでのシンカリオンスペシャルトークショーにてアニメ化が発表された。

 2018年1月6日からTBS及び毎日放送、更にはCBC、ついでに北海道放送山陽放送RKB毎日放送、おまけに北は青森テレビから南は琉球放送まで、全国約22局のTBSの地方テレビ局にて放送されている。また、同年4月からはキッズステーション、同年7月からは秋田放送(ちなみに汐留のお友達)でも、それぞれ放送されている。
 キッズステーションで放送されるのは、矢張り前番組、ひいてはその「前身番組」の絡みのようである。また、秋田放送で放送する事になったのは、ご当地キャラの存在や、よそ様のお友達でありながら長らくTBSとも仲が割と良かったという歴史的経緯がある。
 更に、Youtubeのタカラトミー公式チャンネルにて見逃し配信を実施しており、しかも1話と2話を含み最一週遅れであるが最新話一週間無料である。他の配信サイト(ニコニコ動画TVerAmazonプライム)でも随時配信中。1部はEDが変更されても以前の状態であった。
 始めての場合はタカラトミー公式チャンネルで1・2話無料で見れる為にこちらでの視聴を推奨する。

 本来は運転士探しの為に北へ南へと赴くのを主軸にしたスラップスティックな展開になる筈だったが、従来のロボットアニメに在り来たりな曖昧過ぎる搭乗理由を回避する主旨もあり、「周囲の大人達からの柔軟な理解と対応」も重要なファクターになる。
 アニメ化に合わせコミカライズの設定を基にキャラの容姿や名称、メカの出生の一部が変更されている。また、元ネタが元ネタ故にJR各社(新幹線路線がないJR四国新幹線以前に人間様は扱わないJR貨物は流石に除く)が協力している。また、元から協力していたJR東日本の関連会社・ジェイアール東日本企画に加えて、JR東海やJR西日本の関連会社(それぞれJR東海エージェンシー、JR西日本商事)、更には日本レストランエンタプライズという、こちらもJR東日本の関連会社も協力している。このことから監修が徹底しており、前番組のよりも現実に近い世界観を出している。
 大人と子供、親と子等の関係。忠実に描写された舞台設定や他作品のコラボ、鉄道ファンなどが唸るマニアな設定を無理なく詰め込んでいるため、子供だけではなく大人の視聴にも耐えゆる出来になっている。

 データ放送ゲームは前番組「ドライブヘッド」と同様の連打音ゲーではなく『シンカリオンアミダくじ』になっており、途中選局せず視聴し続ければED中にバリアが完全に解かれ、どの4色ボタンからでも時間内であれば何度も変えられ全部に得点が得られる仕組みで(形式としてはテレビ朝日の特撮ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」のものに近い)、到達点に達しなくとも参加賞のクリアファイルが(電話経由により抽選で。局番は一週間以内であるが、通話は自己負担料金含め特殊である)貰える。2話から開始された。

 公式HPでもシンカリオンクイズと云うコーナーがあり、上位高得点者ならば特別なものが貰える。更に番組中に15分の間Twitter投稿すればスタッフ直筆イラスト等が当たる。

 また、此とは別に写真を撮って適合率が解るアプリケーション『シンカリオンアプリ』がiOSAndroidで配信されてもいる。此には『おしえて!シャショット』なるものもあり、シャショットとシンカリオンに関するキーワードによる会話が可能で、短い相槌を書き込めば更に返答、殆どの電車の知識までも返してくれる。流石に登場したてのモブキャラや些細な単語までは答えてくれないが、元ネタのひとつであるプラレール、同じ会社が手がけた「ゾイドワイルド」やドライブヘッド(いずれもトミーの流れをくむ)及びトランスフォーマーマイトガイン(これらはタカラの流れをくむもの)に、ヒカリアン(トミーが手がけた)は少々、いずれも扱ってくれる、のならともかく、商売敵が扱うガンダムパトレイバー、さらにはえげれす産特撮人形劇のサンダーバード(タカラトミーのスポンサー)、何の関わり合いもないはずのハローキティ(後述する)や「七つの大罪」「プリプリちぃちゃん!!」(アニメサタデー関連)、おまけにスタッフや声優の愛称(あやねる、りえしょん、グリリバ)コラボのエヴァンゲリオンまで反応する有様、続々増える模様である。

 アパレル関連では当初は子供用下着やTシャツ、服飾用の端切れ位しか無いだろうと思われたが、大人も着られる文字入りTシャツや超進化研究所ロゴ付きジャージ、スマホ用のカバーにshinca型パスケースなど取り揃えられる様になる。8月11日の上野パセラリゾーツにて『超進化研究所が送る!夏のシンカリオントークショー』イベントではプロップデザイン2名が自身のTwitter経由で描いた落書きイラストをTシャツや缶バッジ、アクリルホルダーに、新規描き下ろしA4クリアファイルを物品販売やコラボフードも登場する(トークショーにはチケット事前購入抽選当選者しか入れないが、物品は当日以降も上野駅前店で継続販売)。
 模型関連は非変形シンカリオンプラモとねんどろいど発音ミクが発売予定(求めたいなら事前予約は必須)。

 「別冊コロコロspecial」(小学館)2018年4月号から8月号まで『新幹線変形ロボ シンカリオン 超変形ギャグ外伝』(きさいしさとし画)が短期連載された。ギャグ漫画という点で、こちらも前番組と同じ。

 劇場版『ドライブヘッド』にも登場する事になった。ただ、全高差が2/1しかない機体とどうやって「共演」させるのだろうか……??

 2018年7月27日午後15:00よりソーシャルアプリ『エイリアンのたまご』とコラボしE5ら5体のシンカリオンがユニットとして参戦する。またTV視聴時間を特別ミッションとするなど企画が盛りだくさんである。
 オリジナル・サウンドトラックに関しては2018年9月26日よりANCHORRecordsより発売される。

 タグでは既に『シンカリオン』明記がされているが、此処ではPVやコミカライズとは混同させずTVシリーズを基準として分割させる。本来なら新幹線変形ロボ_シンカリオン表記である。

あらすじ

 全国各地に漆黒の新幹線が現れ、周りの物体が謎の巨大怪物体に変わるという現象が起こった。それに対抗するため『新幹線超進化研究所』は『シンカリオン』を開発、シンカリオンは日夜、巨大怪物体に立ち向かっていた。

 一方新幹線好きの速杉ハヤトは冬休みの宿題を終わらせ、父親の速杉ホクトと新幹線デビューを楽しんでいた。だが途中ホクトは仕事の電話が入り、途中下車することとなった。
 落胆しながらもホクトを信じてハヤトは家に帰ろうとしたとき、ホクトの私物であるShincaのICカードを見つける。その忘れ物を届けるためにハヤトは『鉄道博物館』へ向かう。
 ハヤトが鉄道博物館のスタッフルームを開いたとき、そこには怪物体に立ち向かう違う顔のホクトの姿がいた。この光景を見たハヤトの運命は大きく変わっていく。

 父と子、子供と大人、手を取り合いながらシンカリオンと共に漆黒の新幹線に立ち向かえ!
チェンジ、シンカリオン!

登場人物


シンカリオン運転士

速杉ハヤト(CV:佐倉綾音)
男鹿アキタ(CV:沼倉愛美
大門山ツラヌキ(CV:村川梨衣
月山シノブ(CV:吉村那奈美)
清洲リュウジ(CV:逢坂良太/子供時代:内藤有海)
発音ミク (CV:藤田咲)
大空レイ(CV:松井恵理子)

霧島タカトラ(CV:市来光弘)
五ツ橋ギン(CV:合田絵利)
五ツ橋ジョー(CV:合田絵利)

シンカリオン運転士の家族

速杉ホクト(CV:杉田智和)
速杉サクラ(CV:清水理沙)
速杉ハルカ(CV:金魚わかな)

大門山ミスズ(CV:高橋里枝)
大門山カガリ(CV:小堀幸)
大門山ケンロク(CV:社本悠)

清洲カエデ(CV:広瀬有香)
清洲タツミ(CV:日野佑美)

男鹿モミジ(CV:真坂美帆)

月山チアキ(CV:足立由夏)

新幹線超進化研究所

出水シンペイ(CV:緑川光)
本庄アカギ(CV:古島清孝)
三原フタバ(CV:雨宮天)
三島ヒビキ(CV:長谷川暖)
久留米ミドリ(CV:遠藤沙季)
山口ナガト(CV:伊原正明)
小田原キントキ(CV:北沢洋)
オペレーター(CV:岩崎諒太)
小山ダイヤ(CV:天崎滉平〈8話〉観世智顕〈26話以降〉)
三条ミノリ(CV:金魚わかな)
研究員(CV:岩崎諒太)

大沼ソウヤ(CV:土師孝也)

明石カイセイ(CV:武蔵真之介)
京都支部指導員(CV:嶋村知香)

羽島リンドウ(CV:星野貴紀)
浜松スルガ(CV:岩崎諒太)

小倉アカツキ(CV:矢崎文也)
オペレーター(CV:金魚わかな)

清洲チクマ(CV:逢坂良太)

シャショット(CV:うえだゆうじ)
シンカギア(CV:じんぼぼんじ)

その他

上田アズサ(CV:竹達彩奈)
女生徒A(CV:桜あず)
女生徒B(CV:青野菜月)
女生徒C(CV:社本悠)
生徒D(CV:金魚わかな)
生徒E(CV:社本悠)
長岡イノリ(CV:丸山ナオミ)

班長(CV:坂本くんぺい)
作業員(CV:拝真之介)

駅員(CV:伊原正明)

工事作業員(CV:岩崎諒太)
     (CV:鷲見昴大)
     (CV:濱岡敬祐)
     (CV:松田修平)

作業員(CV:岩崎諒太)
   (CV:松田修平)

町の人(CV:小松昌平)

清掃のおばちゃん(CV:丸山ナオミ)

鉄道ファン(CV:伊原正明)
     (CV:岩崎諒太)
一般客(CV:小松昌平)
   (CV:原俊之)

スーパー・スパイス
イナホ(CV:洲崎綾)
ミヤコ(CV:金魚わかな)
ナスノ(CV:井上遥乃)

看護師(CV:イブ優里安)

係員(CV:松田修平)
  (CV:奥田寛章)
アナウンス(CV:金魚わかな)

レンズ工場の工場長(CV:高口公介)
レンズ工場の作業員(CV:岩崎諒太)

通行人(CV:清水彩香)

医師(CV:岩崎諒太)

キッチン門司港のおばちゃん(CV:丸山ナオミ)

車掌駅員(駅のアナウンス)(CV:中川家)

地の底より這い上がりし種族

ビャッコ(CV:細谷佳正)
ゲンブ(CV:マックスウェル・パワーズ)
セイリュウ(CV:真堂圭)
スザク(CV:渡辺明乃)

イザ(CV:???)

レイルローダー(CV:岩崎諒太)
フュリアスフレイム(CV:伊原正明)
マントル・イーター(CV:伊原正明)

漆黒の新幹線
ブラックシンカギア(CV:じんぼぼんじ)

新世紀エヴァンゲリオンからのゲスト

碇シンジ(CV:緒方恵美)
洞木ヒカリ(CV:岩男潤子)
洞木コダマ(CV:岩男潤子)
洞木ノゾミ(CV:岩男潤子)
綾波レイ(CV:林原めぐみ))
惣流・アスカ・ラングレー(CV:宮村優子)
葛城ミサト(CV:三石琴乃)

メカニック

シンカリオン
E5はやぶさ
E6こまち
E7かがやき
E3つばさ
N700Aのぞみ
H5はやぶさ
800つばめ
500こだま

700のぞみ
700ひかりレールスター
N700みずほ

500_TYPE_EVA

超進化電動貨車

※現役車両のうち、E2系(E2やまびこ)は28話で試作機として登場するがE4系(E4Maxとき)をモデルにしたシンカリオンは登場しない。

サブタイトル

話数サブタイトル脚本演出絵コンテ作画監督
1出発!!シンカリオンE5はやぶさ下山健人根岸宏紀池添隆博永作友克 西岡夕貴 ジャカルタカルカッタ軽田
2対決!!シンカリオンVS巨大怪物体峯友則山岸大悟海谷敏久
3来たれ!!秋田からのスナイパー湖山禎崇池添隆博、山岸大悟山科和佳菜 徳田拓也
4撃て!!シンカリオンE6こまち鈴木恭兵鈴木恭兵、大畑晃一加藤壮
5激突!!アイアンスチーマーすずきたくますずきたくま 大畑晃一総作画:西岡夕樹、作画:青木昭仁 菅野智之
6貫け!!シンカリオンE7かがやき佐々木純人田所修 大畑晃一永作友克
7協力!!ハヤトは孝行息子山下憲一曽根利幸吉田徹、大畑晃一総作画:西岡夕樹、海谷敏久、作画補佐:寺田浩之
8連結!!初めてのリンク合体下山健人潮山禎崇潮山禎崇、大畑晃一総作画:西岡夕樹、山科和佳菜、新岡浩美、大久保修、原田峰文
9熱闘!!超進化研究所温泉旅行山岸大悟、CG演出:大畑晃一大畑晃一市来剛
10忍べ!!シンカリオンE3つばさ山下憲一秦義人紅優、鵜飼ゆうき加藤壮
11磨け!!研究所の老メカニック下山健人緒方隆秀、CG演出:大畑晃一緒方隆秀総作画:西岡夕樹、加藤愛、竹永拷功
12衝撃!!シンカリオンN700Aのぞみすずきたくま、CG演出:大畑晃一山岸大悟、総作画:市来剛、菅野智之
13決戦!!シンカリオンVSゲンブ曽根利幸、CG演出:大畑晃一田所修、大畑晃一永作友克
14登場!!新たなるエージェント スザク神山修一緒方隆秀緒方隆秀、CG演出:大畑晃一加藤愛、竹永拡功
15北へ!!シンカリオンH5はやぶさ山下憲一湖山禎崇奥澤粗栞、(CG演出)大畑晃一総作画:市来剛、をがわいちろを、野口征恒
16炸裂!!ミクとハヤトのダブルカイサツソード吉田徹、大畑晃一峯友則総作画:市来剛、永作友克 作画:こかいゆうじ
17西へ!!シンカリオンVS大阪名物?!大知慶一郎中村近世、CG演出:大畑晃一紅優、鵜飼ゆうき 総作画:市来剛 作画:鈴木伸一
18漆黒!!ブラックシンカリオン現る下山健人緒方隆秀、CG演出:大畑晃一緒方隆秀総作画:市来剛、作画:加藤愛、竹永拡功
19決闘!!シンカリオンVSブラックシンカリオン下山健人曽根利幸、CG演出:大畑晃一山岸大悟永作友克
20逃亡!!操られたシャショット神山修一田所修、大畑晃一加藤顕、CG演出:大畑晃一総作画:市来剛、作画:をがわいちろを
21はばたけ!シンカリオン800つばめ山下憲一緒方隆秀緒方隆秀、CG演出:大畑晃一総作画:市来剛、あおのゆか、作画:加藤愛、竹永拡功
22空へ!!E5はやぶさ+800つばめ山下憲一秦義人、CG演出:大畑晃一柾岡市佑、大畑晃一柳田義明、船越英之
23出動!!シンカリオン500こだま大知慶一郎中村近世、CG演出:大畑晃一紅優、鵜飼ゆうき総作画:市来剛、作画:鈴木伸一、作画補佐:桝井一平
24浸入!!ミクロの巨大怪物体下山健人緒方隆秀、CG演出:大畑晃一緒方隆秀総作画:市来剛、作画:加藤愛、竹永拡功
25再戦!!シンカリオンVSブラックシンカリオン神山修一曽根利幸、CG演出:大畑晃一中原れい竹永拡功
26脅威!!ブラックシンカリオン・バーサーカーモード神山修一峰友則 CG演出:大畑晃一田所修 大畑晃一こかいゆうじ
27反撃!!E5×500山下憲一緒方隆秀、CG:大畑晃一緒方隆秀加藤愛、竹永拡功
28名古屋!!出水司令長の過去下山健人町谷俊輔、CG演出:大畑晃一山岸大悟総作画:市来剛、作画:鈴木幸江
29海へ!!敵の電波信号を探れ下山健人貞光紳也、CG演出:大畑晃一紅優、鵜飼ゆうき前田義宏、吉田徹、吉田夫美子、加藤正広、寺田浩之、檜垣彰子、根岸宏行
30京都!!ハヤトとアズサの二人旅大知慶一郎緒方隆秀、CG演出:大畑晃一緒方隆秀総作画:市来剛、作画:加藤茂、生野裕子
31発進!!シンカリオン500 TYPE EVA大知慶一郎曽根利幸山岸大悟、大畑晃一永作友克
32キャンプ!!見えない巨大怪物体
33宿題!!ハヤトの絵日記大作戦
34対立!!シンカリオン700シリーズ


スタッフ

監督池添隆博
構成下山健人
キャラ・プロップデザインあおのゆか
プロップデザイン永作友和
メカニックデザイン服部恵大
巨大怪物体デザイン統月剛、服部恵大、バーンストーム・デザイン・ラボ、島村大輔
GCディレクター安田兼盛
美術監督古賀徹
色彩設定村田恵里子
世界観設定コレサワシゲユキ、灯夢
背景スタジオ・ユニ 古賀徹ほか
シンカリオンモデリング・モデリングディレクター服部恵大
リギングスーパーバイザー雨宮大士
CG製作進行城戸由貴子
エフェクト作画酒井智史
モデリング協力デジタルワークスエンタテイメント、SMZ
CGモデリング協力GEMBA
撮影監督村上展之
音楽渡辺俊幸
音響監督三間雅文
音響製作テクノサウンド
音楽製作フェイスミュージック
シンカリオン音響変形アレンジ大間々昴
音響効果緒方康恭(サウンドボックス)
録音蜂須賀英幸(アオイスタジオ)
録音助手嶋田正(アオイスタジオ)
録音スタジオアオイスタジオ
色指定、検査長谷川一美、 渡辺陽子、大橋朝子、大倉喜美子、松林彩、村口冬仁、花田未央
仕上げスタジオ・トイズ、寿門堂 緋和、えりある、神龍、TripeA、Revival
CGアニメーション安田兼盛 滝田勇介 千葉悠麿ほか
CGアニメーション協力アレクト オーラスタジオ *ArtZ Studio51 スタジオリント AstroBros. GEVO ENTERTAINMENT、SMZ、アストロブロス、サイ・クロ
エグゼブティブプロデューサー源生哲雄ほか
原案プロジェクトシンカリオン
原案協力横田村主 奥津正道 長沼豪 関根拓也 中山賢二 梶尾翔太 
製作デスク宮田聡
設定製作平井論
製作進行菅野淳之、長沢彩夏、市川正純、日下部優樹、山田聖也、畠山政典、石川智也
協力JR各社(ただしJR四国とJR貨物除く)、Google inc鉄道博物館/交通新聞社(1話のみ)、株式会社関根屋(3話のみ)テレビユー山形(10話)、京都鉄道博物館(10、17、23、30話)しまだフーズ(12話)、日本レストランエンタプライズ(12、25話)、九州鉄道記念館(21、22話)、リニア・鉄道館(28話)
発音ミク協力クリプトン・フューチャー・メディア
エヴァンゲリオン協力キングレコード株式会社、株式会社カラー、株式会社グラウンドワークス:、箱根湯本えヴぁ屋
エヴァンゲリオン制作協力神村靖宏(GroundWorks:)
企画協力相原勉 岡本藍 向山ひとみ 筑波仲夫ほか
アニメーションプロデューサー山野井創ほか
CGアニメーションプロデューサー榊原智康
Coプロデューサー前田麻友ほか
アニメーション製作OLM
アニメーション製作協力亜細亜堂スタジオコメット、グッドブック、エクラアニマル、スタジオアド、ノーマッド、マジックバス、BNP
CGアニメーション製作、オフライン編集、HPデザインSMDE
オンライン編集IMAGICA
プロデューサー渡辺信也ほか
掲載てれびくんコロコロイチバン!コロコロコミック、別冊コロコロspecial、幼稚園
製作小学館集英社プロダクション
製作著作超進化研究所 TBS


主題歌

オープニングテーマ

進化理論
歌:BOYS AND MEN

エンディングテーマ

Go_One_Step_Ahead」(2話~第25話)
歌:村上佳佑

I_WANNA_BE_WITH_YOU」(26話~)
歌:TETSUYA

挿入歌

チェンジ!シンカリオン
歌:山寺宏一

残酷な天使のテーゼ」※地上波放送のみの特別仕様
歌:高橋洋子

人気投票

タカラトミーチャンネルでの1クール一挙配信を記念し、2018年4月27日から5月13日7時までキャラクター人気投票が行われた。キャラにはメガネことダイヤ、スーパー・スパイスや、山の主(猪)も参加している一方、レイやカイセイ、タツミ等は登場前故に除外された。但し投票はひとり1票、400字以内のコメントも添える事が条件だった。

なお、上位3キャラは一纏めにしてスマートフォン用の壁紙となる。これとは別にTwitter用のアイコンもシンカリオンアプリ内で実装出来る。

上位10キャラは以下の通り。

1位ミク
2位アキタ
3位シノブ
4位リュウジ
5位ハヤト
6位ツラヌキ
7位主
8位シャショット
9位フタバ
10位ホクト

小ネタ

  • TBSの2017年秋季放送ドラマのうち、「監獄のお姫さま」と「コウノドリ」において、シンカリオングッズが登場した。
  • 交通新聞社が編集・発行を行っている時刻表冊子のひとつ「全国版コンパス時刻表」の2018年1月号の表紙と背表紙に、シンカリオンTVアニメ化記念応援号としてE5はやぶさが登場したしかも裏表紙はアニメの宣伝となっている。そこまでやるか!?ちなみに、アニメキャラが冊子の時刻表の表紙に登場するのは極めて異例(芸能人ではJTB時刻表に上原謙&高峰三枝子が登場したことがある)。ついでにアニメ第1話でハヤトが「コンパス時刻表」を眺めるシーンがある。ゆえに交通新聞社が1話限定で協力を行った(蛇足ながら交通新聞社はJRグループの関連会社だったりする)。
  • 3話で協力に名を連ねた株式会社関根屋とは、秋田市に存在する仕出し業者。なぜ仕出し業者が協力に名を連ねたのかと言うと、ハヤトの話の種にここの製品が出て来たかららしい。また12話での水戸市の居酒屋チェーン店運営会社・株式会社しまだ(北のしまだ)の関連会社・しまだフーズや(先述の)日本レストランエンタープライズも同じ理由である。なお、日本レストランエンタープライズが手がける大宮弁当とチキン弁当(ハヤトの好物がこれだそうで)が数量限定で掛け紙がシンカリオン版になり、900円(税込)で「駅弁屋」各店にて限定販売。またそれとは別にシンカリオンデザイン大宮弁当も大宮発臨時列車はやぶさ69号が発着する15番ホーム(およびそれと背中合わせにあたる16番ホーム)上にて1200円(税込)で同列車運行日9:00から発売される。京都の鉄博でも運転士達の好物をベースにした弁当が発売される。
  • 番宣ポスターは地方別に各シンカリオンと運転士がセンターを勤めている。また、番宣CMではご当地バージョンと称してハヤト(佐倉)が標準語以外の各地方の方言で喋っている。なお、佐倉は、この事に関し、関西弁・名古屋弁・岡山方言・北海道言葉・博多弁ばかりか北は青森方言(ズーズー弁)から南は薩摩方言、さらには琉球語(いわゆるウチナーグチ)まで駆使するハメになったことに腰を抜かしたそうである。
  • 前番組同様「(ホラン千秋)Nスタ」の天気予報にも着ぐるみが赤坂サカス内で出演する(映画や新番組の番宣の場合、赤坂サカス以外の場所からの中継の場合は登場しないと推測されたが、雨天などでなくとも前日休止以外等では現れているが、4月以降はTBSマスコットが代わりに勤める)。
  • 2018年度のTBSアニメフェスタに参加することが内定しているが、全系列局放映作品がTBSアニメフェスタに参加するのは2003年度の「探偵学園Q」以来。なお、「カミワザ・ワンダ」と「トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~」に関しては、そもそもTBSアニメフェスタが2016年度と2017年度は開催を見送ったため参加していない。

キャスティングに関する小ネタ

  • 日比谷公園でのアニメ化発表の際立会人を務めた、レイルファンで知られるお天気おじさん兼タレントの石原良純は、「声がかかれば出させていただきます!!」という趣旨の発言をしている。
  • 先述の通り中川家の二人が、車掌(および駅アナウンス)役の声優を担当することが、2017年11月25日に埼玉県さいたま市で行われた「アニメ出発式」にて明かされた。さらにヒール勢の「1人」として、在日アメリカ人マルチタレントのマックスウェル・パワーズも「出演」している。なおこれにより、TBSの土曜朝7時台・全系列局放送のアニメは、何らかの形で声優以外の芸能人が「出演」している。ちなみに中川家はセミレギュラーであるのに対し、マックスウェル・パワーズはレギュラー出演者である。
  • その一方で、これまで何らかの形で出演していたTBSの局アナに関しては、今作は出演しない模様。また、「人間観察TV モニタリング」とのクロスオーバー企画も、今作では行われていない。蛇足ながら世の中には元国鉄マン(→JR東海社員)の俳優JR東日本の社員上がりの声優もいるのだが、この人達も今のところ出演していない。

500 TYPE EVA絡みの小ネタ

もっとも、元ネタの編成に関してはその頃にはとっくにハローキティ新幹線になっちゃってたりしているが。しかも、そのハローキティ新幹線をシンカリオンに仕立て上げたイラストも存在する。

シンカリオン 500 HELLO KITTY



ピクシブに於いて

 当初はこのタグの投稿は少なく(シンカリオン単体タグを除き)、主人公のハヤトが纏うパイロットスーツの形状と色彩に妙な色気があった為、早速ショタ好きの絵師達の目に留まり、やはりR-18指定が付いてしまっている。徐々にではあるが、固定キャラにもファンが着いてきた。

 THE_ANIMATIONで投稿、他の記事にリンクさせた場合、タグ付けには必ずキャラはフルネーム明記、タイトルは片仮名の連続繋がりを良しとせずに『_』を使う事を了承願う。固有名詞のみの添付は面倒だろうと省くのは全く持って言語道断!(byツラヌキ)である。

関連映像

番宣

ご当地番宣、関西弁のハヤトが喋る…

出演することになった中川家、シンカリオンにハマる!?


関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン
シンカリオン
プラレール
アニメサタデー630(このアニメコンプレックス枠の第2部にて放送)

外部リンク

TBSテレビの公式サイト
タカラトミーYoutube公式チャンネル内プレイリスト

pixivに投稿された作品 pixivで「新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 567258

コメント