ピクシブ百科事典

ソウギョク

そうぎょく

ソウギョクはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンTHEANIMATION』登場人物のひとり。

CV:山内健嗣

概要

 地の底より這い上がりし種族キトラルザスのひとり。トラメと同じく10年前に地上へと派遣され巨大怪物体『ファーストエネミー』で侵攻した好戦的派閥一派に属する参謀。

 36話ではビャッコの回想シルエットで、41話でカイレンに続き登場するも、その容姿は背部に薄紫の骨格翼を持ち、白と黒に分けた仮面を被り感情と表情が見えない西洋風の性別不詳(胸部に膨らみとも摂れる胸当てがあるのでどちらとも取れないが、男である)。スザク以上の策略家で、ヒトを観察するエージェント達にとっても悠長に見る時間が無くなり内部崩壊や不協和音に成りかねない事を危惧している。一応は表面上ゲンブからヒトとの対話に今一度の有余を持たせ専用の1室で状況を観戦。その状況下をゲームと称し、イザの許可を得て漆黒の貨物列車を投入し、クレアツルスの1体ヒュージタートルをぶつけている。その影でゲンブを遠隔操作して誤殺を誘導、セイリュウに偽情報を騙り不信感を煽らせブラックシンカリオンを自身の手駒にする為にトラメやスザクをも利用する。それでも、目上のカイレンの思惑に付いては自身も予想把握が出来ていない。

 何故か回を進める度にリアル系描写になりつつあるが、面識の無いアズサからは某母親キャラに準えている。

 これらの挿話による暗躍から視聴者のみならず、タカラトミーのTwitter投稿者まで放映する度に「ハヤト達を苦しめゲンブを殺した元凶」「ソウギョク許すまじ!」など多数寄せられており100%嫌われている。提供者にまで嫌悪されているので、因果と末路が最悪な方向のフラグが立ち、62話で郡山駅付近で巨大化するが、その姿はギャンにしか見えない。巨大な薙刀で捕縛フィールドを切り裂く威力を放ち、大技4連発を受けてもしぶとく生き残るが、ゲンブを駒として利用した事を楽しんでいた態度に激怒したセイリュウと彼の気持ちをくみ取ったアキタ、ツラヌキ、シノブ、そしてフィニッシュにデスグランクロス紅の4連撃で敗北する応報で倒れる。


 だが、69話で健在であった事が判明。手に指輪や赤いファーを身に付けた怪しい紳士の風貌の人間態を見せ、ブラックシンカリオンナンバーズを5体創世、オリジナルのブラックシンカリオンを奪う為分散策を講じた。元からカイレンに仕える気は無かった様で、巨大形態は操縦型ロボットに過ぎず倒される寸前に脱出して石化の危機を乗り越え、キリンの下に身を寄せていた。この事実から再びTwitter上で炎上して一時期トレンド1位を獲得している。憎まれっ子世に憚るを体現しているとも言える。

 名前の由来はサファイアの和名蒼玉

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION
地の底より這い上がりし種族
キトラルザス

関連記事

親記事

地の底より這い上がりし種族 ちのそこよりはいあがりししゅぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウギョク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1197

コメント