ピクシブ百科事典

CV:浪川大輔

概要

 64話ラストにシルエットで登場した地の底より這い上がりし種族キトラルザスのひとり。普段はセイリュウスザクと同様に金髪碧眼の青年姿をした人間態で、本来の姿は黒曜石がほうれい線の如く顔面に付き、首から下もゲンブ同様に侵食され普段から手袋を着用する。丸の内付近にあるビルの1室に潜伏。身長は出水よりも高身長の190〜200cm。イザ以上に地上慣れしているのか、オンザロックをも嗜む。

 シンカリオン運転士カイレンとの最終決戦を遠巻きながら傍観。ブラックシンカリオンとは全く異なる狭軌区間も走行可能な「謎の新幹線」ことブラックシンカリオンオーガを保有しながらも、自ら乗車しブラックシンカギアとパイロットスーツを纏い戦地へ赴く場合もある。新幹線超進化研究所の存在を知りながらエージェントらとは別に様々なアプローチを掛け続け、量産型のブラックシンカリオンナンバーズ黒いシャショットを投入。70話でカイレンやイザと同様の方法でハヤト達と邂逅する。

 その正体は、11年以上前に地上への移住をカイレンに提唱し続けたキトラルザスのひとり。一族の多くが意見に反対した為に先遣隊としてたった一人地上へ上がったまま情報を与え続けていたが、収集と結論を待たずにファーストエネミーを送り込んだ時点以降は音信不通となり行方知れずになったと、スザクが述べている。

 カイレンと同様に地上を汚したヒトを許さない姿勢ではあるものの、彼とは異なり対話の道も残してあると2代目監督の弁である(『アニメディア』2019年6月号参照)。

 イザを八代と呼んで2009年以降度々研究所職員でも知られていない場所で接触し情報を共有、模索をし続けていたが、目的のひとつはシンカリオンに備えた適合率の解明に付いて。

 潜伏中はどう云う経緯か不明だが倉敷イズモの下に滞在し、利害関係を築いていた。

 ハヤトを同志として迎え入れようと誘うが、力で支配する事を見抜かれ交渉は決裂。オーガやナンバーズを引き連れ都庁を攻撃するも、ブラックシンカリオンに本拠地で決着を付けに九州まで戻されるが、再戦する為にクラシキ重工の隠し通路で追撃してきたE5MKⅡ、923ドクターイエローとも対峙し、東海支部地下から地方上空での総力戦の末に敗れ、超進化研究所の保護下に置かれたが、刑事訴追されたのか、あるいは脱走したのかは「劇場版」で語られることはなかったが、続編に於て保護観察中であるのが判明。

 だが、アケノと裁判所にて邂逅し「ヒトとキトラルザスは共存し得ない」ことを語るが、「再び力を取り戻せばあなたはもう一度人類と戦う」と見込まれて枷を取り払う名目で強制的に巨大怪物体へ変化させられ不本意な形とはいえシンカリオンZと対決。Z合体したE5、E6、E7の三体を分離戦法により圧倒し、(シンカリンオンとの戦い方を知り尽くしているのも大きい)「人とテオティが共に開発したシンカリオンZを異種族のことを理解しようとしないお前達に使いこなすことなどできない」とザガンの設計思想を一蹴する。だが、「勝手に決めるな!」「分かろうとし続ければ必ずどこかで線路は交わるはずだ」とシン達が奮起したことにより形勢が逆転。トドメのZグランクロスの閃光を浴びる刹那、嘗て超進化研究所で八代所長の介添えでトコナミと邂逅しているのが発覚。彼の発した言葉でヒトの真の力を知り次世代のシンカリオン運転士達にも敗れる。ゲンブと共に黒服に連れられ、「ヒトにもテオティにも与さず、この星の行く末を見届けさせてもらう」と告げて去って行った。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

シャア・アズナブル…イメージソース。外見上のモデル。

関連記事

親記事

地の底より這い上がりし種族 ちのそこよりはいあがりししゅぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キリン(シンカリオン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キリン(シンカリオン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19771

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました