ピクシブ百科事典

ブラックシンカリオンオーガ

なぞのしんかんせん

ブラックシンカリオンオーガは『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』に登場するシンカリオンの1体。
目次[非表示]

概要


  • 全高:28m
  • 重量:138.0t



 64話Cパートラストに登場した『謎の新幹線』が変形するもうひとつの黒いシンカリオンブラックシンカリオンと構造上は全く異なり、総武線川越線をはじめとする狭軌区間も走行可能で、ルクスヴェテが劣化した黒い粒子を撒き散らしながらエージェントが嘗て創造した巨大怪物体を再び発生させるだけでなく、新たに模倣複製したブラックシンカリオンナンバーズをも生み出す。細部を含めて見ると、胸部に三つの鋭角部分『エレクホーン』や、白い稲妻状のボディラインを持ちながら、E5MkⅡに酷似する。内部の腕や腹部の色は臙脂(もしくは海老)色。モードシンカンセンでは角を前方に倒したアタックモードへも対応。『上空探査機ハヤブサ』に相当する鳥型攻撃支援メカ『ブラックハヤブサ』も主翼部分に6基のV-TOLローターを備える。メイン武器も内部コアを開放可能で、電撃も放てる伸縮自在な2本の金棒『フリーゲージカナボウ』である。デスグランクロスや、バーサーカーモードの上位互換になる技や形態、『オーバークロス』機能も有る。ブラックハヤブサに太鼓型ビット『シャリング』と合体、鬼面『オーガマスク』が外れ『ブラックシンカリオンオーガ ライジングモード』になり、大気中のエネルギーをヒライシンブレードから吸収してエレクホーンで放つ『カイセイサンダー』を技とする。

 地の底より這い上がりし種族キトラルザスのひとりキリンが保有するものの、セイリュウの年齢に近い者が乗車せねばならないが、適合率が低いにも関わらず自ら乗車して戦地へ赴き、ブラックシンカギアを操りパイロットスーツを纏う。その実力は大宮組のシンカリオンの攻撃をものともせず、E5MkⅡとの一騎打ちすら赤子の手を捻り、ライジングモードすら超進化研究所のシンカリオン(オーバークロス合体シンカリオン含め)による総攻撃でもやり通せる差である。しかも運用方法に縛りがなく、どんなレールでも走れ、シンカリオン状態でどこでも移動できてしまう。ここまで来ればチートといえる実力であるが、適合率の低さからキトラルザスの高い身体能力とメカの技術に依存しているに過ぎない。また、量産されたナンバーズ以外に僚機がおらず、ルクスヴェテが発生させづらいという難点がある。

 実は劇中に於ける『街を壊してはいけない』という暗黙のルールを都庁を壊したことにより破ってしまったシンカリオンである。そのためシンカリオンの存在を知らない人間たちを恐怖させた脅威は大きい。アズサの機転が無かったら超進化研究所はますます動きづらかったといえる。

 機体はクラシキ重工が超進化研究所の全シンカリオンデータを用いて極秘理に製造していた事が明らかになる。大人のキリンが長時間乗り続けられるのも500こだまやトリニティーの能力を基にしているからである。


玩具版

 番組終了後の8月でE5はやぶさMkⅡの色変え追加版で発売される。基本的なことはリンク参照。
オーガマスクが外れたり、シャリングや雷のアーマーが付いており単体でのライジングモードに変形できるなどMkⅡとの差別化ができている。
 劇中未公開のオーバークロス合体もできるのだが、例に挙げた合体先がブラックシンカリオン紅と本当にできそうな組み合わせになっている。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックシンカリオンオーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4886

コメント