2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION

しんかんせんへんけいろぼしんかりおんぜっとじあにめーしょん

新幹線変形ロボ シンカリオンZ ANIMATIONは「新幹線変形ロボ シンカリオン」TVシリーズのひとつ。
目次[非表示]

俺たちが進化をつなぐ―――。

新幹線はZと共に進化する チェンジ!シンカリオン!

友に立ち向かえ!

共に立ち向かえ!

※正しい書き込みに関わらず思い込みによる『荒らし』批判と書き戻しが続いております。書き手の意欲を削ぐ行為は書き込み時間と読み手の意欲すら関心を無くす行為に相当します。安易な差し戻し行為を行わず記事更新を行いましょう。

概要

2018年1月6日から2019年6月29日までTBS系列局ほかにて放送された「新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION」の続編。2021年4月から2022年3月にかけてテレビ東京系列局、奈良テレビテレビ和歌山およびキッズステーションばかりか日本テレビ系列局約1局、TBS系列局約2局、フジテレビ系列局約2+1局にて放送(なおフジテレビ系列局の+約1局は2021年10月から2話連続1時間枠というスタイルで放送)。テレビ東京系列局と奈良テレビでは2021年4月9日から2022年3月18日にかけて、毎週金曜19時25分~19時55分に放送された。
テレ東ではアニポケ以外では久しぶりのゴールデンタイムの放送であり、前作同様視聴率対策の一面が見られている。但しテレビ局の方針の違いからなのか前作のような他番組での宣伝は見られなかった。
全41話。放送期間の割に話数が少ないのは、東京オリンピックおよび東京パラリンピック中継や「ポケットモンスター」映画版、さらには前番組だったはずの「デカ盛りハンター」特番版の放送などによる放送休止がしばしばあったため。後釜となったのは「デカ盛り」の定期番組復帰だが、これは本作放送枠を開ける都合上、一時的に定期放送を中断したためである。

短縮の煽りを受けたのがW主人公の一人である碓氷アブトであり、本来の失踪はもっと遅い時期となり、敵でいる期間も短い予定だった。だが、大人の事情や玩具の事情により13話のラストで失踪し、敵でいる期間が長くなってしまい、視聴者の間によくわからない内に敵になったとの声があった。

前作より数年後を舞台に、監督とストーリー構成、音楽以外は一部を除き製作、キャラデザ、巨大怪物体担当者も引き続き続投しており、監督曰く「前作の要素を雰収しつつも、(玩具を含め)出来なかった事に挑戦する」と語る。

本作はW主人公体制の運びで、お馴染みのE5はやぶさの他にもE235系山手線車両が新たに動く。
13話までは提供クレジットスペースが存在していたが、14話からは「前回のあらすじ」が挿入されるのと入れ替わりに提供クレジットスペースが廃止(代替として冒頭と次回予告で読み上げ無しで右下表示)された。
2021年1月19日に予告が流れ、続報は翌月12日おはスタ内で伝えられ、4月7日放送でOPが放送後、水曜の1コーナー『なんそれ!?シンカリ発見電』に抜粋された。全11回。ボイメンメンバーもVTRで参加している。

前作同様データ放送と連動し、10ポイント分を貯めて応募すると任意のプレゼントが抽選で貰えるが、4色ボタンを押し忘れると、『乗り遅れ』扱いになるので注意。超えた分はリセット機能で一から貯め直せる。プラレールの車種から答えの到着先が予想出来る。

また、『超進化研究所による!シンカリオンZ第1話最速上映!』が3月26日17時25分よりオンライン上映され(1話最速放送の部分をカットしたダイジェスト版が後日配信)、同日公式ファンクラブも立ち上がった(入会、年会費有料)。

7月中旬からファミリーマート700円くじに登場。ノベルティーのマスコットホルダーやDXSが抽選で当たる。グッズ展開も、しまむらドンキホーテなど多岐に店舗が増える。Nintendo Switch『桃太郎電鉄』でもコラボレーションされた。

Blu-rayBOXが2021年9月より全3巻発売。特典も主題歌同様に店舗で異なる。オリジナルサウンドトラックも発売される。


前作との関わり

7話までは「大宮支部」の名称は時折出ていたとはいえ、前作の登場人物は一切登場していなかったが、8話次回予告にて前作の登場人物が一部登場することが示唆された。

実際に前作のメンバーが一部登場したが、リュウジとセイリュウおよび桜島のレイやキントキ以外のメンバーの動向は描かれていない(フタバの立ち位置にカスミがいるなどの「ポジションが被る為に出し辛い」と推察される部分もあるものの、やはり「自分が好きなキャラがなかなか出なくてもどかしい」と不満を抱いたり「何らかの形で中盤や終盤辺りで出るのでは?」と考察するファンも少なからずいた)。なお、後に、速杉一家とアズサ、フタバ、ナガト、ビャッコ(最終話のみ)が登場してはいる。

前作のラスボスであるキリンと後天的なキトラルザスであるドクター・イザこと八代イサブロウが、本作の闇堕ちするW主人公の片割れ、碓氷アブトの父トコナミ(ザガン)が超進化研究所在籍時代の秘密の関係だと設定された。

一応は『縮小に伴い異動になった』と理由付けは劇中で語られたほか、回想シーンでは(声無しで)登場している。

登場人物

※○は前作から引き続き登場したキャラクターを指す。

シンカリオン運転士

新多シン(CV:津田美波)
碓氷アブト(CV:鬼頭明里)
大曲ハナビ(CV:寺崎裕香)
戸隠タイジュ(CV:鷄冠井美智子)
中洲ヤマカサ(CV:島袋美由利)
安城シマカゼ(CV:内田雄馬)
安城ナガラ(CV:東山奈央)
嵐山ギンガ(CV:蒼井翔太)
月野メーテル(CV:ゆきのさつき)

新幹線超進化研究所

十河サイジョウ(CV:後藤光祐)
島ゴイチ(CV:藤原貴弘)
スマット(CV:福山潤)
大石ミサキ(CV:森谷里美)
吾孫子カスミ(CV:千本木彩花)
細川アツタ(CV:岡林史泰)
小山ダイヤ(CV:観世智顕)○
三条ミノリ(CV:美波わかな)○
三島ヒビキ(CV:長谷川暖)○
久留米ミドリ(CV:遠藤沙季)○

羽島リンドウ(CV:星野貴紀)○
浜松スルガ(CV:岩崎諒太)○
清洲リュウジ(CV:逢坂良太)○

川内ナギサ(CV:美波わかな)○
本庄アカギ(CV:古島清孝)○

瀬戸ヒノデ(CV:山口りゅう)
出水シンペイ(CV:緑川光)○

大沼ソウヤ(CV:土師孝也)○

速杉ハヤト(CV:佐倉綾音)○

三原フタバ(CV:雨宮天)○
八代イサブロウ(CV:うえだゆうじ)○
大空レイ(CV:松井恵理子)○
小田原キントキ(CV:北沢洋)○

キトラルザス

ゲンブ(CV:マックスウェル・パワーズ)○
セイリュウ(CV:真堂圭)○
スザク(CV:渡辺明乃)○
キリン(CV:浪川大輔)○
ソウギョク(CV:山内健嗣)○
ビャッコ(セリフ無し)○

主要人物の家族、関係者

新多アユ(CV:高尾奏音)
新多キボウ(CV:花輪英司)
新多トキ(CV:石松千恵美)

碓氷トコナミ(CV:田邊幸輔)
碓氷シラユキ(CV:藤村知可)

大曲タネビ(CV:木村雅史)
大曲トモシビ(CV:高橋夏生)

戸隠マサカリ(CV:宮澤正)
戸隠キリカブ(CV:城岡祐介)
戸隠コズエ(CV:元吉有希子)

中洲ドンタク(CV:藤翔平)
中洲ホウショウ(CV:古賀晶子)

安城シナノ(CV:井上剛)

明星アケノ(CV:井上麻里奈)

速杉サクラ(CV:清水理沙)○
速杉ハルカ(CV:美波わかな)○

テオティ

ワダツミ(CV:櫻井トオル)
ヴァルトム(CV:松風雅也)

カンナギ(CV:阿座上洋平)
アストレア(CV:井上麻里奈)

セツラ(CV:久保ユリカ)

王(CV:江川央生)

バフラム(CV:星祐樹)
カマルス(CV:田島章寛)

その他

Zギア アナウンス(CV:じんぼぼんじ)

ハローキティ(CV:ハローキティ)

碇シンジ(CV:緒方恵美)
綾波レイ(CV:林原めぐみ)
アスカ・ラングレー(CV:宮村優子)
碇ゲンドウ(CV:立木文彦)


メカニック

シンカリオンZ

シンカリオンZ_E5はやぶさ/E5ヤマノテ
シンカリオンZ_E6こまち/E6ネックス
シンカリオンZ_E7かがやき/E7アズサ
シンカリオンZ_800つばめ/800ソニック
シンカリオンZ_N700Sのぞみ/N700Sヒダ
シンカリオンZ_500こだま/シンカリオンZ_500オオサカカンジョウ
シンカリオンZ_ドクターイエロー

シンカリオンZ_H5はやぶさ

ダークシンカリオン/ダークシンカリオンアブソリュート

シンカリオン

シンカリオン_ハローキティ

ブラックシンカリオン紅

ザイライナー

E235ヤマノテ
E259ネックス
E353アズサ
883ソニック
HC85ヒダ
313トウカイドウ
スピードジェット
323オオサカカンジョウ

余談

タイトルの『Z』はおそらく在来線、もしくはZ合体の頭文字から由来すると思われる。

最終話でタイジュが取得した無線免許の日付は2022年(令和4年)となりZの現在は物語開始次点で2021年であるが、16話の冒頭でソウギョクが宇宙に散らばるキトラルザスの仲間に通信を送り、その通信を送る回想シーンで「2021年1月10日」とテロップが表示され、28話で敵として対峙した際「1年前から貴方の通信を聞いていた」と彼女が叫んだため、物語開始時は2022年が舞台ということになる。
どちらが正しいのかは不明。ただ、タイジュの無線免許証は生年月日の生年が欠落しており、判別は不可能である。しかもトコナミがたった一人で設計・開発したダークシンカリオンの完成に2021年だと2年なのであまりに短すぎるという側面がある。

サブタイトル

話数副題脚本作画
01新たなる出発進行!赤星正尚小島えり、洪範錫、鈴木信一
02Z合体!E235ヤマノテ中島美子、白石悟、佐藤哲也、木下由美子、森悦史
03ぶち抜け!VVVFブラスター!!飯田清貴、西田美弥子
04打ち上げろ!ハナビのロックンロール!!宍戸久美子、竹内アキラ、渡辺一平太
05森を守れ!シンカリオンZ E7かがやき谷崎あきら中野彰子
06振り抜け!友情のコウデンアツアックス!!谷崎あきら五十嵐俊介
07強襲!横川支部防衛戦!!赤星政尚洪範錫、鈴木信一
08集結せよ!大宮支部再始動!!渡辺一平太、谷口繁則、高梨友美、矢田起也、早川基、川本和隆
09翔けろ!シンカリオンZ 800ソニック石橋大介渡辺奈月
10大空中戦!波乱のZ合体!!中島美子、白石悟、木下由美子、森悦史
11初陣!シンカリオンZ N700Sのぞみ!!山下憲一小島えり、竹内アキラ、洪範錫
12秘技!デュアル・グランパス・システム中野彰子
13起てよZ合体!関ヶ原総力戦五十嵐俊介、鈴木信一
14斬黒!ダークシンカリオン!!石橋大助渡辺一平太、矢田起也、高梨友美、早川元基、谷口繁則、藤野陽介、川本和隆
15リーダーの資格!怒りのZグランクロス渡辺奈月
15.5スペシャル総集編!やりすぎ!?シンカリオンZ都市伝説ファイル--
16可憐に降臨!シンカリオン ハローキティ佐藤寿昭洪範錫、宍戸久美子
17きらめく☆シンカリオンZ 500こだま石橋大介白石悟、木下由美子、森悦史、中島美子、洪範錫、田中康勝
18巌流島決戦!シンVSギンガ!?小島えり、竹内アキラ、鈴木信一
19輝け!オオサカカンジョウシンゴウトウ中野彰子、永作友克、小野可奈子、竹内アキラ、洪範錫、宍戸久美子
20覚醒せよ!ヤマノテエキスカリバー!!佐藤寿昭渡辺一平太、清水椋大、服部未夢、谷口繁則、藤野陽介、早川元基、tofu、洪範錫、永作友克
21出撃!シンカリオン500 TYPE EVA五十嵐俊介、宍戸久美子
22逆襲のシンカリオンZドクターイエロー山下憲一渡辺奈月
23地下決戦!ドクターイエローZホセンモード洪範錫、鈴木信一
24セイリュウの帰還石橋大介竹内アキラ、宍戸久美子、田中康勝、洪範錫、大田謙治
25SHIKOKU ROCK FESTIVAL佐藤寿昭白石悟、佐藤哲也、武佐友紀子、木下由美子、森悦史
26タイジュと銀河鉄道の少女山下憲一小島えり、洪範錫、和田卓也
27脅威!ヴァルトムの執念石橋大介渡辺一平太、谷口繁則、tofu、清水椋大、矢田起也、柴﨑聖香、中川実、早川元基、永作友克、宍戸久美子
28交信せよ!シンカリオンZ H5はやぶさ山下憲一渡辺奈月、小野可奈子、永作友克
29テオティ動乱!急襲、ダークシンカリオン佐藤寿昭鈴木信一、中野彰子、永作友克、大張翼
30超Z合体!シンカリオンZ E5ドクターイエロー竹内アキラ、宍戸久美子、洪範錫、小野可奈子、永作友克
31スクープ!アユの特ダネ最前線!!石橋大介五十嵐俊介、洪範錫、永作友克
32H5ホクトVSヴァルドル 銀河の旅路山下憲一大田謙治、小島えり、宍戸久美子
33伝説の運転士!速杉ハヤト佐藤寿昭谷口繁則、渡辺一平太、早川元基、tofu、矢田起也、清水椋大、服部未夢、宍戸久美子
34The Galaxy Express E5石橋大介白石悟、木下由美子、森悦史、佐藤哲也、武佐友紀子、永作友克、小野可奈子
35トコナミの過去渡辺奈月、鈴木信一、小野可奈子、永作友克
36決着、シンとアブト山下憲一中野彰子、小野可奈子
37超進化!ダークシンカリオン佐藤寿昭大田謙治、洪範錫、竹内アキラ、宍戸久美子、永作友克
38完全制覇!シンカリゲッター石橋大介五十嵐俊介、高橋こう平、永作友克
39カンナギVSダークシンカリオンアブソリュート山下憲一渡辺一平太、あおのゆか、永作友克
40復活!!破壊神アラバキ佐藤寿昭小野可奈子、鈴木信一、永作友克
41可能性は無限大!小島えり、竹内アキラ、洪範錫、大田謙治、宍戸久美子


スタッフ

総監督池添隆博
総監督補佐、CG演出大畑晃一
監督山口健太郎→池添隆博
副監督牧俊治
シリーズ構成赤星政尚、池添隆博
キャラクターデザインあおのゆか
メカニックデザイン服部恵大
巨大怪物体デザインバーンストーム・デザイン・ラボ 桑波田満、深野洋一、由利聡、大畑晃一
新幹線イラスト川勝由貴
CGディレクター安田兼盛
美術監督古賀徹
色彩設定近藤直登
世界観設定デジタルノイズ コレサワシゲユキ灯夢
背景スタジオ・ユニ
音響監督三間雅文
音楽住友紀人渡辺俊幸
アニメーション制作OLMTeamAbe
製作協力アールケイ、銀画屋、アゼータ・ピクチャーズ、クロノス
CG制作SMDE
CGアニメーション協力Studio51株式会社、株式会社オーラスタジオ 令和CG合同会社、株式会社トキノ
連載小学館 てれびくん 幼稚園
制作小学館集英社プロダクション 超進化研究所Z


主題歌

OP

ニューチャレンジャー
唄:BOYS AND MEN

ED

キズナ・レール』(1~12話)
唄:森中花咲TRiNITY
※前作と異なりdボタンゲームの開始予告が無く、本編終了からEDが流れる。

駆け上がるボルテージ』(13話~21話)
唄:浦島坂田船

ターミナル~僕ら、あるべき場所へ~』(22話~32話)
歌:LuceTwinkleWink☆

Fastest!』(33話~41話)
歌:KOTOKO

挿入歌

津軽海峡冬景色』…20&28話
残酷な天使のテーゼ』…21話
世界の車窓から』…30話
銀河鉄道999~シン・ミックス~』…34話
ガッタンゴットンGO!』…37話
進化理論』…41話

関連映像



関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION
新幹線変形ロボ_シンカリオンZ:基本タイトルで、表記揺れ。

ゾイドワイルド:シンカリオン同様、タカラトミーによる、玩具製品を中心としたメディアミックスプロジェクト。アニメの放送局が移動した点でも共通。
ポケットモンスター(アニポケ):テレビ東京系列局と奈良テレビに於ける前枠。実はポケモングッズの一部はタカラトミーからもリリースされている。ゾイドワイルド同様、アニメ制作会社のOLM繋がりでもある。

外部リンク

公式サイト
超進化研究所 特別支部(ファンクラブ)

関連記事

親記事

新幹線変形ロボ_シンカリオン しんかんせんへんけいろぼしんかりおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254394

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました