ピクシブ百科事典

新多シン

あらたしん

新多シンはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンZ THE ANIMATION』主人公。
目次[非表示]

CV:津田美波

概要

鉄道の聖地・東京都『田端』に住む小学5年生。10月1日生まれ。身長140cm。
濃緑髪短髪が特徴で、私服は青いTシャツと薄桃色のロングTシャツを重ね着したラグランTシャツにグレーのハーパン。寒冷地ではE5系カラーのウインドブレーカー、黒いVネックシャツとレギンスにハーパンの簡易着姿も拝める。『B』と『足跡』を模したロゴ付き青リュックを背負い、橙色のシューズを履く。
家族は父・キボウと母トキ、実姉アユの四人家族だが、現在父親が遠方へ単身赴任中。自宅は線路近くのマンション住まい。
シンカリオンに付いては数年前の出来事も含めて『テツドウダー』なる都市伝説程度の名称や噂はネット検索で認知している(九州でのE5800がスカイハイ・ギガ・ブースターと空中戦をしていた未確認映像写真)。

世界の謎を解く男」を自称し、妖怪や宇宙人などのオカルト大好きで、本当にいると信じており、宇宙人と友達になることを夢見ている、同時に古今東西のオカルトやルーツに関する蘊蓄もジャンルは違えどハヤトに勝るとも劣らず饒舌に披露するが、彼と違い予定時間を厳守出来ていない。戦闘中にもオカルト知識を披露、指令室を困惑させている。

幼い頃、夜空を眺め夢を語る息子に向けた「可能性はゼロじゃない」と言う父親が発した言葉がそのまま口癖となる。周囲に否定されてもブレずに夢を追い続ける。

一方で鉄道知識は乏しく、アブトに対してその方面を訪ねる描写(第3話にて「ミニ新幹線ってなに?」と質問するなど)があったり、セイリュウに至っては「ボーッと生きてんじゃねーよ!!」と叱られた(もっとも、セイリュウに関しては「速杉ハヤトという筋金入りの師匠」がいるために「シン達が不甲斐ないのではなく、セイリュウが詳しすぎる」と視聴者達からツッコまれている)こともあった。

また、オカルトなど非科学的な物を信じないヤマカサとは反りが合わず、おきゅうと苦手という意外な一面もある。(しかし、実は食わず嫌いだった事が後に判明し、美味しいと絶賛していた)。その後、翼を持った巨大怪物体との戦闘を経てヤマカサと互いを認め合い信頼を築いた。

嵐山ギンガに関してはアブトとの一件もあり、ギンガが「これからは僕がセンターを務める」という(ギンガとしては「彼なりの気遣い」として発した)台詞に対し、火に油を注ぐ勢いで適合率が目に見えて下がってしまったという一面もあった(この時は視聴者どころか、あのハナビを持ってして「軽々しく『センター』を名乗るんじゃねぇよ」と反発された)。

大破したE5はやぶさのメンテナンスで2週間使えない」という理由(実はこの時「ドクターイエローとの連携も加味した改修」も同時進行していたのが、アニメの放送休止が頻発してるのも相まって一部の視聴者からは「放送休止の時にメンテナンスすりゃいいだろ」「壊れるにしてもタイミングが悪過ぎる」などと皮肉られた事もある)で、第25話ではハナビとカスミでシマカゼ達の伝手で四国へ遠征(ハナビにお鉢が回ったのは、四国は本来「新幹線の営業エリア」ではないのだが、E6は所謂「ミニ新幹線」であり、小規模の改修で在来線と同じ線路を走行出来るため)、続く第26話ではタイジュとミサキが巡業…もとい遠征(なお、今回のカスミは「留守番担当」であるミサキの代わりに研究所にいた)した上に台詞もBパートの終盤からというぞんざいな扱いをされるという、間接的に「主人公であるにもかかわらず、2週連続で置いてけぼりにされる」という珍事が発生した。
さらに第28話では月野メーテルの存在を画面越しで知り(前作のハヤトとミクからすれば対照的である)、その後第29話で彼女と(H5はやぶさ越しに)邂逅している。

余談

演者である津田氏は、裏番組にあたる「坂上どうぶつ王国」でもナレーターの1人として出演しているが、アニメ放送開始後は通常編成ではダブルブッキングになりかねないのだが、この辺りの処遇は不明(恐らくは前番組である「ポケモン」の時間帯のみを担当していると思われるが…)。もっとも、これ以外にも裏番組同士での出演声優のダブルブッキングは当たり前なのでキリがないが。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION

速杉ハヤト:前作の同じく主人公ポジション。シンはオカルトマニアだが、こちらは現シリーズにおけるアブトと同様の鉄道マニアである。第2期では30話で間接的に共演した(それよりも前にシンカリオン展のポスターにおいて2人が共演していた)。話中でセイリュウに戦線に復帰するよう頼まれるも、シンらの実力信じ、このままイギリスで見守る選択をした。また、この話の放送に合わせ、それぞれを演じる津田美波と佐倉綾音のトーク記事が公開された。(詳しくは彼のpixiv百科事典記事の余談を参照)

星山吼児:宇宙人を信じ、会うのを夢にする先輩。
日向冬樹:オカルト好きで否定的解釈を論破可能な年上。夢を現実にさせた。
うずまきナルト放送局及び闇堕ちした友に立ち向かう主人公繋がり。

関連記事

親記事

新幹線変形ロボ_シンカリオンZ_THE_ANIMATION しんかんせんへんけいろぼしんかりおんぜっとじあにめーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「新多シン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「新多シン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 448222

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました