ピクシブ百科事典

大門山ツラヌキ

だいもんやまつらぬき

大門山ツラヌキはアニメ『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』登場人物のひとり。

「俺の好きな四文字熟語は『突貫工事』だぁぁ!」
CV:村川梨衣

概要

 5話より登場。石川県金沢市出身。11月27日生まれ、射手座のO型。身長148cm、体重38.5kg。好きなものは寿司で、関西圏の甘い醤油でも気にしない。
 建設会社『㈱大門山建設』の長男坊で、働く作業員達からは「若」と呼ばれ、フタバを「姐ちゃん」、アカギを「あんちゃん」、出水司令長を「旦那」呼ばわりする、オカンミスズと同じく豪放磊落かつ豪快な性格で前髪から飛び出た触覚髪がアホ毛に変化して喜怒哀楽を激しく表現する(喜ぶ時は守銭奴忍たまの如き目と口元がニヤけ、怒る時は八重歯を出し、泣くときはウルウル目や大佐ェ門涙もする)。金沢美人と例えられる妹カガリと、母の福福さと自身をディフォルメを加えた乳歯生えたての弟ケンロクの四人家族。
 服装は暖色のポロシャツとVネックトレーナーを重ね着(冬着は上にスカジャン風のパーカーを羽織り、アンダーシャツも橙色)し、ニッカボッカを日常的に履き『金沢の土木王』を自称する。『着たきりスズメ』であるが、半袖や水着もちゃんとある。

第5話+α



 トンネルや城の内堀、外堀に目を輝かせる地形マニア。おそらく江戸城跡の堀を愛でた描写から城下町や寺社仏閣の造形美も守備範囲ではなかろうか?。その性かハヤトが勧めた明治時代に作られた山手線(以降は函館に赴き青函トンネルも通過する為、GWでは京都や大阪城周辺への散策)に興味を持ち、出身地である金沢の歴史と重ね合わせている。
 シンカリオンの事については興味があるが、数年前に亡くなった父親の土木業を継ぎ、過疎化の危機から金沢を守る為にその誘いを蹴っている
 しかし、オカンの強烈な後押しで『この街を守る』という信念で再びE7かがやきに搭乗を決意する。そう言う環境下から勢いで攻める反面、責任感も強すぎて空回りする事も屡々見受けられる。
 4話に於いて全国版シンカリオン・シムでハヤトやアキタに続く3人目のハイスコアラーとしてランキングに浮上。出水が直々に交渉に赴き、石川支部(おそらく新幹線のメンテナンスセンターが存在する白山市に設置)で一通りのレクチャーを受けてハヤトと接点を持たせて説得交渉させる為に大宮まで上京してきた。

 3人で共闘して巨大怪物体アイアンスチーマー撃破後、正式にシンカリオン運転士として1人大宮小学校5年2組へ転入。席は最後尾、ハヤトの後ろ側となる。シンカリオン同士の連帯を強化するためアキタと研究所専用寮での相部屋共同生活をしているが、冷静に状況を見極める彼とは猪突猛進に直感で戦う自身と正反対の戦闘スタイルの為に水と油の関係の如く全く反りが合わないものの、ハヤトの危機に関しては呼吸が合い、不利な立場ではプライドを捨ててまで頼ってしまう。キントキ曰く「操縦が雑で駆動系がイカれる」らしい。
 「まったくもって~」が口癖で、上記のセリフのように四文字熟語の意味を度々言い間違え(五文字に増える場合有り)、時には言いたい台詞を仲間が遮り、あるいは奪ってしまう。学力に於いても国語や算数に少々難があり、居残り勉強させられる場合もある(此は同教科で点数が低いハヤトも同じ)。当然夏休みの宿題もひとつもやっておらず最終週の頃に寮で格闘(ダウンして爆睡)する羽目に陥り、また単純作業を長時間続けただけで根をあげてしまう。但し、得意科目は体育と歴史に地学。体力面は土木作業の手伝いである程度力を付けているので我体の強さは小学生運転士の中では高い。

 何気ない一言で状況を打破する発想力の持ち主で、「息が出来ない」で炎の威力を酸素を奪い減退させる方法でフュリアスフレイムを攻略、「蟹鍋」や「関節叩くな!」の台詞でマイティクラブの関節を寸断させるアドバイスを送った。が、後者は1回目の戦闘で右肩を脱臼。2回目は温泉宿に待機させられ、その間にアキタやフタバから幾度も触れられ某豪腕の錬金術士の如き悶絶する表情をしていた。26話ではブラックシンカリオンを地下実験場へ誘い出す際に機体を損傷させても役割を果たしたが、その影響でトンネルが崩壊して復旧に間に合わせられない時にアキタの「話は読めた!」の台詞で、戦えない状況でもまだやれる事を語った上で手が空いて動けるスタッフ総出で整備士達と作業を迅速に進める。E5×500が超グランクロスを放ちエネルギー切れを起こした際は再び研究所の電力を電動貨車へ収集するのに奔走、セイリュウの撤退後はハヤトを労いながらも、ナガト達と補修作業に従事した。

 また、以外にもドルオタ気質である事が発覚し、人気アイドルユニット『スーパー・スパイス』結成当初からのファンで、鞄も無いのに幾つかグッズを忍ばせている。特に桃色コスチュームのイナホを推す(当然ハヤト達は呆然自失)。コンサート会場へ赴くアズサを羨みつつ、ステージ乱入しようと目論む彼女を断固阻止しようとお台場へ乗り込もうとし、怪物体の出現時には我先に救わねばと言わんばかりに憤慨している。

 それでもフォローする気遣いも心得ており、喧嘩したハヤトとシャショットを殴ってでも関係を改めさせ、孤立するリュウジに母の日の贈り物を買う為に誘う等さり気なく人と人との橋渡しを構築させる器量持ちでもある。

 名前の元ネタは、富山県西部に存在する大門山という山。ただし読みは「だいもんざん」である。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

前田つらぬき…コミカライズでの魂が同じ人物。てれびくんの銀ピカ絵本に於いてこの名で誤植された。
出雲銀河…アイドルユニットが好きな戦う小学生。
星宮らいち…こちらはアイドル全般が好きな当時小学生。女系家族はアイドル。
エグゼブ…機体(ドリル)に反応しそうな人

pixivに投稿された作品 pixivで「大門山ツラヌキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502922

コメント