ピクシブ百科事典

発音ミク

はつねみく

発音ミクはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の登場人物のひとり。
目次[非表示]

CV:藤田咲※詳細は後述

概要

新幹線超進化研究所北海道支部に所属するツンデレかつ、ストイックな性格の11歳の少女。女の子でありながらシンカリオン・シムで高得点を叩き出したハイスコアラー。シンカリオンとの適合率も高く、寒冷地戦闘用のH5はやぶさの運転士を務めている。勉強も得意な委員長タイプで特技は剣道。函館港内に展示されている青函連絡船記念館摩周丸や海のことが大好きで、屋上で剣道着を纏い日課として竹刀で素振りをする(葱は振りません)鍛練を欠かさず積んでいる。

基本同型のE5はやぶさを動かすハヤトに対抗意識を燃やし、健康管理が行きとどっておらず風邪を引いた彼を「運転士失格」といい放ってしまう。棒読み且つツンと強張った表情が多いが、何か人には言えない弱点を隠していた。
その欠点とは、大沼北海道指令長曰く「適合率は高いが乗り物酔いをしやすい」らしく、時折り視野がぐらついてしまい、それに伴って適合率も下がってしまう。この為に短期決戦で目標を撃退するしかなかった。バトル中に酔ってしまう危険性があるって、かつてTBS系列でやらかした事があるジャンプアニメヒロインじゃないんですから(そう言えば、あちらの彼女の声はハヤトに似てるような・・・?)。

吐くねミク



彼らとは函館山に出現した怪物体ロープスパイダー戦で先行戦闘した際にモードシンカンセンの画面越しで邂逅を果たす。リュウジをはじめ次々と才能ある運転士が現れた事で、アキタ達も才に溺れずシムでのスコア更新を続ける切っ掛けを与えている。
ロープスパイダーⅡ戦では上述の弱点でツラヌキらを捕らえられ一時撤退するしかなかったものの、ハヤトに指令長から教わった子供も飲める卵酒を差し出し、彼から「誰にだって弱点はある」の言葉で奮起。再戦で互いを補い、且つ大沼指令長からかつて聞かされた「乗り物酔いをしないためには、近くではなく遠くを見ると良い」という助言を思い出し、ダブルカイサツソードで撃破した。その甲斐もあって名前で呼び会うようになり、ハヤトの北海道新幹線に関する蘊蓄も以前よりも聞き届けられる様にもなった。
その後も何かとハヤトを気にかけており、彼を否定したリュウジに竹刀を向けたり特訓を頼まれるとちゃんと付き合っている。
因みに、摩周丸では乗り物酔いを起こさないが、これは「摩周丸は係留されていて揺れないから大丈夫」とのことである。

本格的な参戦は15話から。さらに、こちらの記事では以降も継続して登場予定との事。
おそらくシノブの様な増援部隊として想定されているのであろう。

デザイン

普段着はイラストの様なバトルスーツ的な要素はないものの、下図のイラストの黒と緑のアーガイルベスト、黒系のスカートとレギンスを身に纏い、眼鏡っ娘でもある(髪留めのリボンは黒、メガネはピンク色のアンダーリムフレーム)。外出着はグリーンのダッフルコートと原案+H5寒色系の装い。

私服発音ミクさん



その名の通りVOCALOID「初音ミク(初音ミクのメディア展開を参照)」をモチーフとしたキャラクターで、声も同じく藤田が務め、藤田がアフレコした音声を初音ミクの発売元であるクリプトン・フューチャー・メディアが、ミクの形に音声化するという試みが行われてる(このため喋り方が、ほかのキャラと比べてぎこちなくなっていると言われており、クリプトンサイドも遠回しながら認めている)。
また、運転する時に装着されるパイロットスーツは、初音ミクの基本コスチュームをモチーフにしている。
ただし、初音ミクとはあくまで別人のキャラクターである。

関連タグ

シンカリオン 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION H5はやぶさ
初音ミク 初音ミク亜種

pixivに投稿された作品 pixivで「発音ミク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199259

コメント