ピクシブ百科事典

速杉ハルカ

はやすぎはるか

速杉ハルカはアニメ『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』の登場人物のひとり。

CV:金魚わかな

概要

 ホクトサクラ夫妻の長女で、ハヤトの妹。彼女のみ青み掛かったショートヘアであり、祖父母の遺伝と推測される。常にワイヤレスヘッドホンを身に付けているが、寝間着はマイクロフリースのパーカーとアイマスクを着用。子供用スマホも使うがサウスポーである。外出着も同型色のものと黄色のパーカーを着用。話し方は語尾や敬語を付けず、某大手ネット掲示板の文章のような口調である(例えば「お父さん」でなく「お父」呼び。他人に対しては例えば「アキタ氏」など「~氏」、女性では「~嬢」と付けて呼ぶ。また、「~なわけで。」や「~と思われ。」といった表現を多用)。兄とは対等に話しているものの、乗り鉄の話題にはついていけずオタクを通り超して変態レベルだと呆れているが、家族の行動や趣味、嗜好は完全に把握済み出会ったが、母が歴女であったのは30話で初めて認知し兄が弄ばれてるのを察知するものの、何時ものリアクションと異なる違和感を機敏に感じとり、内容の長さも覚えているが、彼女の雷落下レベルのお小言は恐れている。

 京都へ家族で赴く際は兄お薦めの『深川めし』や『常陸牛_牛べん』、『チキン弁当』ではなく『30品目バランス弁当』にしている。

 父親と兄が新幹線超進化研究所東日本司令室の関係者であるとは長らく知らされていなかった。 また母も知ってはいるが表向きは知らないを通していた為、速杉家で唯一シンカリオンの存在を知らされていなかった
ホクトが京都への長期出張に出た際は出発当日まで出張する事自体を話されておらず、本当の転勤先も知らなかった。
出張中ホクトが1回も連絡も寄越さなかった為22話では浮気していると思い込み「ホクトさん」「速杉さん」呼びして父の表情を幾度も顔面蒼白に戦慄させ、仕事に向おうとする父を浮気相手と会うつもりだと勘違いし号泣して引き留め、通話相手のフタバを泥棒猫と指差すなど普段のクールさを払拭させる行動に出るが、サクラと京都支部へ入室しそこで2人の真実を知った。

 長い間自分だけ真実を知らされていなかった件に関しては未だに拗ねている模様だが、怪物体と人知れず常に戦い続けている事には一定の理解は示している。

関連タグ

シンカリオン
新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

速杉ハヤト…兄
速杉ホクト…父親
速杉サクラ…母親

pixivに投稿された作品 pixivで「速杉ハルカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144779

コメント