ピクシブ百科事典

速杉ハヤト

はやすぎはやと

速杉ハヤトは、アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』の主人公。

CV:佐倉綾音

概要

 さいたま市在住の小学5年生。大宮小学校5年2組に在籍。席は最後尾より前の窓側、隣はアズサである。10月17日生まれ天秤座のA型。身長145cm、体重36.5kg(13話で判明し、41話で誕生日を迎える)。家族構成は父・ホクト、母・サクラ、妹・ハルカ大宮駅付近にある新幹線が遠方から疾走する風景が一望出来る3LDKのマンション暮らし。自室は簡素ながらペナントやポスター、カレンダーに時刻表、クローゼットに貼られたテープも新幹線で当然プラレールもタンスの中に収納してある。好きなものは全国のご当地駅弁だが、特に(東海道新幹線の)車窓から食べるチキン弁当を好む(自身の夢のひとつ)。各鉄道会社が推奨するICカードの収集も趣味とする。

 服装は片側のみサイドラインが入った白の半袖ハイネックと紺色の丸首Tシャツを重ね着し、カーキ色の六分丈ハーパンが特徴で、冬着や遠出の際には青色のダウンジャケットを羽織り、ランドセルを兼ねるリュックサックの形状や子供用スマホのカバーケース、ショートブーツ、寝間着のスエットにジッパー付き半袖、デジカメの色や鉛筆柄もE5系である(靴下は踝が見える白のショートソックス)。下着はカラートランクス派だが、時たま黒のボクサーパンツを履くも、着替える時はズボンを最初に脱ぐ。暑い7月にも関わらず長袖を着ている『着たきりスズメ』状態であるが、一応は体育着や練習用ジャージに水着(29話の物はアニメディア18年7月号のピンナップ117pで先行登場している。アニメージュ11月号では魔法使いのハロウィン衣装を)も持っている。

 一人称は「俺」で、「時間と言った事は守る男 だからね!」を幾度も連呼する口癖を持ち、誰かが時間を守れなかったら無理にでも補おうとする。喜怒哀楽の表情も豊富で(表情設定の中にはウルウル目某嵐を呼ぶ園児風のもある)シビアながらも素直で父を思い、旧型だろうが最新型だろうが見るのも乗るのも目を潤ませる程の鉄道&新幹線大好き歴10年以上の少年、鉄道用語に新幹線を織り交ぜた例え話や蘊蓄、お薦め駅弁や鉄道博物館の内部を熱く語り(小さな視聴者にも解りやすく説明する為、鉄オタや現地視聴者でも知ってて思わずニヤリとするのが多く、後に新幹線格言と呼ばれる様になる)、普通の写真撮影を撮り鉄呼びするのを不愉快に思い訂正させようとする頑固さもあり、その目的ならば冬休みの宿題を全て済ませ、背表紙が依れる程に読み込んだ時刻表とにらめっこしながら予定プランと妄想を膨らませる乗り鉄の一面も持ち合わせるが、新幹線デビューは劇中此れが生まれて初めてである。新幹線の始発は大宮からではなく東京駅なのは「新幹線ファンのたしなみ」と拘り、電車の機械音も聞き分けられ、初乗りにも関わらず複雑に要り組む駅ホームへ正確に辿り着ける変態レベルに達している。持ち歌のひとつも鉄道唱歌で(28話では懐メロの1フレーズを呟く)、入浴時には何時も濡れたタオルを頭に乗せて唄い、家族からも『新幹線は人生の一部』だと語るが、健康と生活管理にはホクトと同じく更々無頓着で、風呂上がりの格好のままTVの旅番組『ブラリモリタ』の北海道新幹線特集に見入って、後々になり風邪を拗らせ出動前に倒れ、帽子を被らず東海道新幹線を撮り続け熱射病寸前に陥る。芸能関連や世間一般の話題にも全く無関心で、夢自体が完遂したら、趣味や興味が削がれると同時に周囲から孤立無援の状態にまで発展する懸念が多大にあるが、洞木ヒカリに対しては無自覚ながら何気無い姿を被写体に収め淡い恋心を抱く様な素振りを見せている。東海支部から帰投後「こだまもひかりも良いけどやっぱり…」のぞみに「さん」付けしている(それは新幹線なのか彼女かどうかは曖昧であるが…)。それでも本庄とフタバが一緒な所を目撃しても(憶測でも)付き合っているとはその場で思わない鈍感さである。誰かに説明されてやっと気が付ける程度。
 同級生の間柄や少し年上のシンジタツミでも基本的に「名前フルネーム」&「呼び捨て」であるが、ミクの場合はアズサの事もあり当初は名字+丁寧語だった(16話の1件により名前で呼び会える様になる)。理科(100点)と社会(82点)の成績は優秀なものの、国語(48点)と算数(32点)は平均点より下か赤点スレスレで居残り勉強をさせられる状況もあるが、鉄道関連の要素が入っているのならば素早く的確に答えられ、小まめに日記を綴っている。絵の画力に関しては新幹線の姿は徹底して緻密に追求する程上手である(500 TYPE EVAの模様も正確に描いている)。
 しかし、毎年夏休み自由研究が新幹線メインのテーマばかりであった為に担任のイノリ女史から禁止令を下され真っ白に燃え尽きてしまったが、東海支部での出来事から違ったテーマに変更したものの、夢中になり過ぎてそれ以外手を着けておらず、サクラから研究所への出入りを一時禁止にされたが、絵日記の内容そのもの自体機密事項の宝庫になった為にやり直す羽目に陥る。

 夢は父と同じく新幹線の運転手で、ホクトが鉄道博物館職員ではなく新幹線超進化研究所の指導長であった事から彼の忘れ物のICパスポート『Shinca』を届けに鉄博へ赴き、偶発的に施設内に迷い込んだハヤトを侵入者と間違えたシャショットは彼に触れられて高い適合率(96.5%)を検出。敵性巨大怪物体との対戦アプリゲーム『シンカリオン・シム』でも他のプレイヤー達をも1ケタ上回る最高ランクの成績を叩き出した事も手伝い、鹵獲したレイルローダーからメインスタッフ達を守る為にシンカリオン・E5はやぶさの運転士として10秒で撃破する初陣を果たす。他者の痛みや苦しみを敏感に感じるのか、息子を巻き込みたくないホクトの気持ちを考え1度は再びシンカリオンに乗り込む事を拒むが、インターフェイスであるシャショットの想いも含めマッドフェリス戦では己の気持ちを伝えた上で漆黒の新幹線を操る未知なる敵『キトラルザス』と戦う事となる。

 同じ素質を持ったシンカリオン運転士探しをする為に率先して地方に赴き行動に移すが、少なからず日本中を走る各地の地方路線鉄道や各種新幹線に乗車出来るので公私で喜びを隠していない。超進化研究所スタッフ総出での温泉旅行に於いて岩手に赴く際はE6とE5の連結車両が目的地へ向かっていた為、出水の厚意でホクトのいる京都へ赴く際はN700Aに乗れると興奮が収まらず、カエデの見舞いをしに名古屋へ到着直後に幸運を呼び込むと噂されるドクターイエローが停車している所を目撃し人目を幅からず瞳を輝かせ声を挙げている。怪物体が函館に現れた際も初北海道上陸と青函トンネルの事で頭が一杯だった。更にはホクトが京都鉄博で多忙を極めた為に新大阪駅まで赴き、東西間の新幹線コンプリートのみならずスーパープレミアムものの500_TYPE_EVA見たさに駅中をウロウロし、パロディネタをやらかし、思考と言動が臨界点まで達し、その度にシャショットに制止させられ現実に呼び戻された。こうした事から鉄道や新幹線での乗車と見物が旅の目的に置き換わっている。

 その一方で、実は大の飛行機嫌いで、新幹線と同じく生まれて1度も搭乗した事も無く、時間を掛けてでも目的地まで行く姿勢を頑なに取り続けており、800つばめが飛行する姿を「シンカリオンが飛んだ~!」「大体シンカリオンが飛ぶなんて可笑しいだろ~!」と驚愕(ただし元々新幹線のボディは零戦とそれに派生した戦闘機なのだが実は・・・・・・・〉の技術を転用しているので先祖返りと言えなくない)、スカイハイ・ギガ・ブースターとの空中戦で800に抱えられながら飛んでいる時も声を幾度も張り上げ、「無理 無理 絶対無理 絶対落ちるって~!」と涙が鉄砲水の様に吹き出る程怖がっている。この為にフタバから急遽特訓を要請され皿倉山でパラセーリングをやらされてしまう。

 当初はシンカリオンを動かすのに満足していたが、アキタの言動や姿勢を見て『誰かの夢を守る事が今のオレの夢だ』という気持ちへと昇華したものの、それらの代償に代行者達から『人の進化の行き着く先(人類の未来を切り開く者)』としてE5共々狙われる羽目になる。その過程で新たな運転士リュウジの実力と投げ掛けられた言葉から自らの行く末に悩みながら、彼と対等以上にホクトが心配する事のない強い運転士になる目標を掲げるが、ブラックシンカリオンとの2度目の戦いでセイリュウに対してシンカリオンに乗り込む使命と意味を問い質している。「新幹線が好きな奴に悪い奴はいない」を信条とする為に雌雄を決する中で何かを感じ取ったのだろう。イザの思念波による邂逅でも敵意や悪意を感じず1人本拠地である桜島に赴き、ビャッコと直接対話している。この行動力は出水の思惑すら超える想定範囲外であった。それでもまだ足りていないと痛感、国立博物館に赴いたりしていたが、戦線復帰したリュウジが乗るシンカリオン ドクターイエローと巨大ビャッコが演じた対決で既に戦う事の意味を知っていると思い指導して欲しいと頼んでいる。この過程から『自分の範囲を知り、相手の手足の範囲内を読み取る』事『相手に礼を尽くし感謝と敬意を払う』『言葉の無い対話で戦いで自分が倒れず相手が攻撃しても効かないと知れば諦める、自分が攻撃を辞めれば相手がその意思を解るだろう』と理解を深めた。

 操縦に関しては適合率は高いが、他の運転士より体格、体力面で多少劣っており、指令室から格納庫まで全力疾走する訓練でも目標時間から大きく遅れている。初めての合同演習後はそれらを補う為に特出して実力が高いアキタ、シノブ、ミクに教えを乞う。上述の弱点も後輩のレイと特訓を重ねるも、上手く飛べる事が出来ずにいたが、北九州新幹線を見渡せる風景を見て好きなものだけを見ていてはダメだと自覚する。キントキ曰く「毎回の戦闘で無茶をしてシンカリオンのボディをボロ雑巾みたいにする」と酷評されるものの、直向きにジャンクパーツを丁寧に磨く表情が若き日のホクトの姿に重ねられている。

 運転席から瞬時に変わるウエットスーツにも似ているバトルスーツが何より印象的である。

 THE ANIMATIONのルックスはコミカライズの容姿から髪型も含め大幅に修正された。地元愛があり、サッカーチームに所属している相違点がある。

前デザイン

E5 はやぶさパイロット



関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION
シンカリオン

ショタ 主人公
大空翼…初期設定イメージで、素直で直向き繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「速杉ハヤト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1338429

コメント