ピクシブ百科事典

車田ゴウ

くるまだごう

車田ゴウはアニメ『トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~』の主人公。

CV:藤原夏海
ドライブヘッド01MKⅡ サイクロンインターセプター ゴーレスキュー!

概要

 機動救急警察ハイパーレスキューが所有する可変型緊急ウォーカービークルドライブヘッド01 ソニックインターセプター』及び強化改修型『ドライブヘッド01MKⅡ サイクロンインターセプター』のドライバー。小学生が事件や災害救助を行う論理的観点から表面上は極秘中の極秘扱いにされている。乙女座生まれの10歳。ベイフロントシティ鷹冨小学校5年1組に在籍。家族は両親のみ。髪質は父親譲りだが、翡翠色の瞳は祖父の代から。一人称は「俺」ではなく「僕」。自宅は本部に置かれた社宅…ではなく郊外にある広いガレージ&庭付きの二階建て一軒家。普段は黒のダウンベストにエンジの八分袖シャツ(夏着は同色のリンガー系ヘンリーネックシャツ)、カーキ色のハーパンの服を身に纏い、任務の際には白と黒のサイドラインの入った水色の制服(大人用は肩パット、肘当て膝当て付き)が特徴。学校の防災防犯訓練では頭に鉢巻きを締めて半纏を羽織り、纒を掲げる姿を披露している。就寝着は冬はパジャマで夏は白と水色のラグランTシャツと短パン、海釣りに行く際は水色の救命胴衣を着ている。

 お調子者かつ、勉強も苦手で、お菓子の屑を周囲に溢し、図星を突かれた途端に涙を潤ませ、芸能関連も全く興味が無く、イラつくとグチグチと不満を述べ、両親の馴れ初め話に顔を茹で蛸の如く赤面し、綺麗な海があれば水着が無くともシャツのみ脱ぎ捨て飛び込む、星占いが最悪な場合は気にし過ぎ、役割上出番が無いと落胆するなど喜怒哀楽の落差が激しい少々先走り過ぎる性格だが、常に前向きで重圧かつ危機的な状況には強く、動体視力と反射神経はズバ抜けており、常日頃から「ありがとう」「サンキュー」など感謝の言葉を口にし、己の技量とメカを信じ、小さな命でも救おうとするレスキューファイターの鏡とも云える心根の持ち主。邪悪AIによって複製されたソニックのシンクロ合体キメラが本部ビルを襲撃してきた際にはドライブヘッドを戦う為に悪用する行いに怒りと悲しみを込めジェットストライカーで一蹴する。
 瞬間的に周囲全ての状況を記憶、認識する特技があり、僅かな違いに違和感や閃きから事件解決の糸口を見付ける場合がある。好きなものは数週間に一度出る給食のカレーライスで、御代わり上等、副菜のフルーツサラダとデザートのヨーグルトを共に「子供大好き鉄板メニュー」だと豪語する拘り様で、この日ばかりは平和であって欲しいと切に願っている(だが、その願いも空しく出動で2度も食い損ね、機動救急警察に遺恨を持つ刈狩の謀略で休校させられた)。微妙な味に定評なアイスバー「ショリショリくん」シリーズは限定オムライス味は不評だったが明太子味は好きらしく、毎月新作を作り続けている為に大量に食しているが、それ以上のものは出ないと結論付けている(此れが原因で『MKⅢ計画』はバックドラフトから改修が始められる)。
 勢いを付ける場合や、緊急の用件、遅刻で急ぐ時は「ハイパーダッシュ!」と言うのがお決まりの口癖で、慣れて本部へ赴く時は体育館用具入れの隠し移動用シューターを使う様になる。左手を腰に当て、右拳を天に突き上げるポーズをするのも癖である。それでも、ショーウィンドーに飾られた自動車の最新ターボチャージャー12気筒エンジンに見惚れる機械好きな面もある。

 父親の車田ジョーが同組織の技術部長と言う関係からクラスメイト達が情報を聞き出そうとする為に普段は無関心を装っているものの、話題に便乗して機密を喋ってしまう直前に本部から赴任して来ためぐみに制止され、耐G訓練などの特別プログラムでペナルティを課す場合が要所にある。日中の殆どを救助に使う場合が多々あり、授業はおろか、給食中でもトイレや仮病を言っては飯抜きでやらねばならず、(盆暮れ正月)年中行事や休日すらも返上して、レスキュー完了後は放課後含め本部内で補習授業や特別訓練を飽きてしまう位なメニュー内容も乏しい単調な時間を過ごし、街の平和と安全を守りながらも、デマや妙な噂まで囁かれつつ、秘密のヒーローとしての悲哀をダイレクトに味わってもいる。このお陰で授業や遊ぶ時間にギアが発する出動要請のバイブレータが震える度にボールを顔面にぶつけている。
 更には自身が好意を抱くかすみを幾度もドライブヘッドで救った事から自分が操縦している事実を話したいと思うも、彼女のソニック(又はサイクロン)を操縦するドライバーに対する憧れが益々強くなり、その理想と現実が食い違い過ぎるギャップを避けようと余計にバラすのが出来なくなってしまう。其でもタイガの様にモテまくりたいとも想像するが、有りすぎても善くないと天の浮大橋での社会科見学で遠目から観察して納得する。
 

 劇中1話から2ヶ月前(この時点では小学4年生)の化学工場火災でドライブギアが発する音色に導かれ、ドライブヘッドの能力を信じる彼の心に大人の候補生達が誰も起動できなかったウォーカービークルフォームを99.9%のシンクロ率で発揮させ、消火に尽力した事を契機にドライバーへ任命された(この辺は自分が何故抜擢されたのか、未だに解っていなかったが、ある人物がその理由を明確に述べている)。この時に言い放った「ゴーレスキュー!」の言葉は他のドライバーも救助を行う際に発している。

 運転に関してはジョーの身の回りの品を自宅から本部に届ける度に訓練用シミュレーターを動かしていた事も一因で、初陣でも十分な成果を挙げていた(緊急車両としてだけでなく、AIの能力も含めて)。その為守衛や司令を初め知り合いが多い。

 親が有休の日になると決まって登山紛いのダム点検放流見学へ一緒に行くのが定番恒例行事になっているが、子供の体力では少々無理が有りすぎて、数日前から体力温存を予告される為にその間ばかりは憂鬱かつ難色を示しており、20話では校内対抗球技大会によるサッカーの練習と出任せを言って断っている。釣りの腕も小魚サイズのものばかり釣り上げてしまう(描写は無いがそう推測)。

関係タグ

トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~

pixivに投稿された作品 pixivで「車田ゴウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22501

コメント