ピクシブ百科事典

ブラックチップ

ぶらっくちっぷ

ブラックチップはアニメ『トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~』に登場する違法チップ。

ネタバレ注意








































































トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~の世界で蔓延る違法チップ。黒い小型CPUの形を取っているが、起動すると本体部分に単眼が閉じた状態からプログラム数字である0と1が無数に浮かび上がった一ツ目が見開く。健全なAIのセーフティーやセキュリティを簡単に取り払い、認識を誤認させ能力の効率化が図れるものの、正常に機能する働きとの狭間で揺れ動き、誤作動を断続的に誘発させて暴走、終いには大事故に直結する。
 韋駄天弐型を盗み出したマイコも此れと同じCPUを使い、韋駄天のAIを誤認、箍が外れ暴走させ、美術品を盗もうとした際にも警備用ロボットに(既に内蔵されていて)使用する筈だった。

 消耗品でありながら接続部分は部品メーカーの特注品で、それ以外は量産が可能な施設があれば設計図から簡単に製産が出来、暴走後は自身を回収、解析させまいと回路自体を自らの意思で焼き切れさせ、二度と使い物に成らなくさせる。


 だが、其とは別に酷似するウイルスらしきものが誰も気付かない間に操作画面から一瞬姿を現し、間接的ながら天の浮大橋の倒壊、江古山の地熱発電システムの暴走、ツインドラゴンホテル爆破解体の爆薬誤作動など不特定多数の人命を奪いかねない事件に機動救急警察を嘲笑うかの如く暗躍し、原因をコンピューターによるシステム異常の事故扱いで済まされている。まるでドライブヘッドの弱点や盲点を直接突いて試すかの様に…

 しかし、その存在は機動救急警察に遺恨がある刈狩が自身の製作したプログラムを乗っ取られた時に現し、AKTVのパラボラアンテナからの誘導電波を増幅、帰還中の宇宙貨物船を制御不能に陥らせた。S.I.Bメガマックスの活躍でベイフロントシティへの墜落は免れたが、己の英知をも遥かに凌駕した事から『人類を狙うとする得体の知れない邪悪な存在』と察知し、敵対する西園寺やジョーに警告を促した。

 これ等の大元も出所も不明であるが、19話で大きなターニングポイントとなって以降もオオグマダムの水力発電システムを停電、過剰発電からくる電磁波によって周辺地域の通信、電子機器障害や交通機関を広範囲に停止、ハイブリット自動車の一部が出火、下流域に被害を被る寸前にし、かすみが乗車した自家発電型電車の速度を徐々に上昇、先頭車両のコントロールパネルも手動制御も届かせず大破、終着駅まで暴走させ、コンテナ船の荷を積載量オーバーに積めての転覆、満員にしたビルのエレベーターを指定フロアに停止させず通過させるなど被害が各地で相次いだ。

 処が、機動強襲警察ハイパーアタックも牛頭長官からの要請を受けて出所を捜査しはじめ、重機レンタル会社に強制捜査して検挙したが、何者かに設計図付きのメールが届けられて以降味をしめて量産したらしく、押収したパソコンをジョーが解析中、例の単眼が現れて記録をデリートし消え去った。これにより同一の存在がネット内で暗躍している事実が確定した。

 此れは氷山の一角かも知れず、各所に同様の手口を行う者はいると推測する。同様に世界中に蔓延している可能性も否定できない。マイコも製造元の摘発後でも相変わらず此を用いて窃盗を繰り返している。警察でもそれ以前から注意喚起を促しているものの、安全基準を満たして要るにも関わらず、それらに満足せず文明の力を信じすぎた人間の悪い癖が招いた人災にも等しい。

 それを象徴するかの様に石油精製プラント『リーガルクラウン』で働く作業用管理ロボにも侵入し、施設を暴走させ大火災に発展させ、複数の森林保全用ウォーカービークル『ビーバー』のコントロールをも奪いロボット三原則すら振り払い人間を襲い暴走させている。

 猛威は留まる事を知らず、巨大クレーン船『富嶽』のコントロールを支配し、橋を抱えながら遡上、ビルや橋脚を破壊しながら暴走、既存のワクチンソフトすら受け付けず、タワーマンションへと直撃寸前にした。ジョー達も内部で修復作業を勧めるも彼らですら太刀打ちできずにいたが、ブレイブバックドラフトレスキューコマンダーによって動力炉を許容限界にして停止させた。危機回避後、3人の目前で再び単眼が姿を現し、無言ながら宣戦布告をするかの様に再び画面から消え去った。



 何時しか単眼が『アーク』と呼称され町の至る処に散乱し、服装に取り入れられる始末である。機動救急警察も本腰を入れて解析を進めた結果不快なノイズを発する事を突き止めたが、長時間聞き続けると精神が錯乱し凶暴化してしまい、石動達を一時的にも豹変させる。

 刈狩は復讐よりも自身の叡知を凌駕する存在の正体を最優先に突き止めようとしており、ダム決壊、プラント火災だけでなく大橋倒壊、地熱発電所暴走の原因も同一だと独自に突き止めたが、余りにも正体に近づき過ぎた為に笹川アナの画面と声を拝借、抹殺対象にされ自身のWVに襲撃、瀕死の重傷を負ってしまう。

 その正体は自己進化の果てに到達した高度の人工知能で、彼の言葉を借り西園寺は『邪悪AI』と命名する。しかし、製作していた末端まで破壊する攻撃用ウイルス入りS3チップを抹殺せんと機動救急警察のセキュリティを突破し消去する為に直接攻撃に介入、周辺地域も無数の工事用WVを暴走させたがピットに搭載された車田乗太郎の疑似人格プログラムによって正常化されたものの、端末の一部分は残されて再び人類に牙を向くと注意を促した。警察病院から脱走した刈狩は悪態をつきながらもジョーの自室から通信し、人間が持っている負の感情を吸収し成長をし続けるとも述べている。

 乗太郎の懸念通りしぶとく生き残り、機動救急警察を本格的に壊滅させるべくマイコを多額の金額をちらつかせて利用し警察本部のメインサーバーへチップを介入させたが、かすみが偶然本部にたどり着いたのと重なりトランスポーターガイア01に接続させたに留まらせ、流通倉庫火災の混乱に乗じて暴走させガスタンクに衝突、起爆させる暴挙に出たがホワイトクリスタルホープレスキューコマンダーに阻止された。


 其も束の間、邪悪AIは暴言を吐く携帯通話やネット閲覧中の依存症の人間を次々金属結晶化させる行為を仕掛けてきた。

 平行して機動救急警察本部から盗用した第1世代の設計図を某自動車メーカーの整備工場で夜な夜な製作、本部ビルを再襲撃、ゴウ達を造船所火災で誘き寄せ壊滅を目論むも一歩及ばなかった。

 ジョーは乗太郎から言われた「特殊なコードが使われている」と言うのヒントを得て調査した結果、30年前に国内で発起された『アーク計画』で使われた独自のアルゴリズムを持ったスーパーコンピューターだと言う事、完成間近で政権交代され中止に追い込まれ、一部は解体、多くの研究機関は機能が異端と言う理由だけで拒絶、使われずに放置されたが、その間に人の負の感情を取り込み続け自己進化を果たす。その大元は再開発計画の象徴『バベルの塔』の最深部に現在も存在していた。

 邪悪AIは世界中の電磁波を集約、地球の地軸を狂わせ世界規模の災害を引き起こそうとする。機動救急警察は中枢を停止させる為にバベルの塔へ介入しようとするも、それを見越し偽ドライブヘッド軍団を大量に生産。物量戦術で妨害するも、サイクロンバイパーで直接乗り込んできたゴウのドライブギアに内蔵された正義回路とピットとの連動で正常化するが、今まで蓄積され溢れ出た悪意の液体金属はビルの電波塔に憑依し電磁波を放って滅ぼそうとするも、刈狩一派の乗った改修型偽ドライブヘッドに特攻され最悪の事態は免れ、金属化した患者も回復に向かったものの、極点の地軸が300km大きく傾いてしまう凄まじい爪痕を残し事件は終息したかに見えたが…

 


 

 





関連タグ

トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~

































 だが、その『邪悪な意思』はしぶとく生き残りアークに残された負の残留思念と人間から抽出した液体金属は製作途中放棄されていたと思わしきアンドロイドと一体化を果たし、更なる最悪へと進化した。

コメント