ピクシブ百科事典

偽ドライブヘッド

いつわりのどらいぶへっど

偽ドライブヘッドはアニメ『トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~』に登場するパチもん。
目次[非表示]

概要

 36話に登場したドライブヘッドの偽物。邪悪AIが自身を滅ぼしかねない攻撃用ウイルスを消去する為に直接機動救急警察本部を強襲した際にドライブヘッドの設計データを本部の占拠中に無断盗用し、自動車(若しくはウォーカービークル)の生産工場を利用して(不振がられない様に)夜な夜な製作した。

 その容姿は第1世代ではあるが、基本的にドライブギアを持たない(と推測される)無人機で救助装備を攻撃武器に変更、デュアルアイの色が赤く発光する、注意書が描かれていない事以外は不要部分を除きサポートビークルのパーツをも用いた継ぎ接ぎだらけのシンクロ合体キメラであり、カラーリングも丸ごと使用している為に端から見たら本物と区別が付かない。実際ゴウ達全員も初見で誤認している。

 だが、パワーや攻撃力、防御力はオリジナルだけでなく第2世代をも凌駕しており、最新ビークルであるトランスポーターガイアのボディを容易く貫くなど制作者であるジョーも驚愕させる程。しかし、刈狩一派が使用する電磁トラップで簡単に鹵隔できてしまう位に電子機器の脆弱さまで再現してしまっている。


 データを盗み、限りなく本物に近い偽物ではあるものの、1話限りの出番と思われていたが、37話でバベルの塔からアークを守護する為に大量に現れ、メガマックスやレスキューコマンダーを絶望的状況に陥れるが、単身サイクロンバイパーで直接乗り込んできたゴウのドライブギアでアーク中枢部に組み込まれタイガ達の所有するギアの正義回路とピットとの共鳴連動で正常化、全てその機能を停止させたが、その後どうなったかは不明瞭である。
 強固な防御面や開発の必要経費から考えるなら研究材料や予備部品の流用と考察するのが妥当だろうが、Web配信の2ndシーズンや劇場版で判明すると推測される。

 この名称は別呼称が皆無な為便宜上のものである。


シリーズ

  • 偽ホワイトホープジェットバーニアン(仮名)

 ホープバイパー2号を母体にソニックの左腕とジェットバーニアンの主翼、バックドラフトの右腕と後ろ足に備えたタンクブースターを推進補助で組み合わせた偽物。武装はウォーターマグナムとソニックワッパー。力そのものもレスキューコマンダーとも短時間でも互角に渡り合える。コマンダーの活動制限時間を越えてしまい唯一戦闘から逃れたが、本拠地に帰還する途中で刈狩一派によって鹵隔、彼らが使用するバイパーに刈狩が以前コンペで出された機能『ハイパーマスタースレーブ』を追加され交換、利用される。バベルの塔へ特攻してもその堅牢なボディのお陰で一味の命が助かったと云える。

  • 偽ソニックインターセプターブースターエンペラー(仮名)
 ソニックインターセプターを母体にホープの左腕とスラスターエンペラーの脚、ブースターキャノンのウォーターキャノンを組み合わせた偽物。インジェクトガンを攻撃武器に転換させており、機動歩兵に近い。SIBメガマックスのガトリングを直撃されても壊れないタフさだが、祖父の形見でもあるソニックの偽物を使った破壊行為がゴウの怒りと悲しみを買い、ただの回転させてからの飛び蹴り一発で大破してしまう。37話では大量に現れる。

  • 偽レスキューバックドラフトスラスターバーニアン(仮名)
 レスキューバックドラフトを母体にブースターキャノンの左腕とホープの右腕、ジェットバーニアンの脚を組み合わせた偽物。スタイルはシンプル過ぎるが、ジェット推進での単独移動は勿論、分割させたシザーブレードはガイアのボディを貫く。SIBメガマックスに中破されたものの、ベイフロントシティへ向けて飛行しながら自爆を図るが、ジェットストライカーに海へ向けてジャイアントスイングされ長距離ライフルの直撃を喰らう。37話でも大量に現れメガマックスやレスキューコマンダーを物量戦術で窮地に陥らせた。

関連タグ

トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~

ウォーカービークル
邪悪AI
ブラックチップ

コメント