ピクシブ百科事典

レスキューバックドラフト

れすきゅーばっくどらふと

レスキューバックドラフトはアニメ『トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~』に登場するドライブヘッドの一体。
目次[非表示]

概要

 機動救急警察ハイパーレスキューが所有する可変型緊急用ウォーカービークルドライブヘッド』シリーズの2号機。形式名称は『ドライブヘッド02 レスキューバックドラフト』。ドライバーは西園寺指令の甥である矢倉タイガ。コアとなる車両『ファイヤーバイパー』と専用ローダーと合体してこの形態となる。

 基本構造と変形パターンはソニックインターセプターホワイトホープと企画統一されているが、ソニックが対ウォーカービークル戦と機動力重視、ホープが換装による多目的機能に対して、カーフォームは前輪4つ、後輪大型2輪。耐火、耐熱、耐圧性能と爆風に耐え抜くパワー、耐久力重視に設定。熱源や電磁波を感知するセンサー類も強化されていると推測。頭部にパトライトを備えていないのはコクピットを超高温で融解させない為でもある。既存の消火方法だけでなく、氷塊をサッカーボールに見立て蹴りあげるなど臨機応変に対応する。

 また、消火補助支援型サポートビークルであるファイヤートラックとのシンクロ合体が可能で、この形態は『レスキューバックドラフトブースターキャノン』と呼称される。更にはレスキューブルチェーンソーとも合体しレスキューバックドラフトヘヴィーブレードストロンガーにもなる。

 だが、ソニックインターセプターのテスト中、ウォーカービークルモードへ変形に大人のドライバー候補生がドライブギアに拒絶され、ロールアウトされても肝心のドライバーが選出されない問題により頓挫する事態が発生。2ヶ月以上も滞っていたが、ギアの音色を聞き取れる者がリンクレベルが高いドライバー適合者と判明した事で、時間を掛けて抜擢。とある複合事故に必要と西園寺司令が受領前倒しでホープと同時に出動許可を承認させた。

 物騒すぎる名称だが、その現象から人々を救う意味を込めたものだと3話で明言されている。


 出動によって耐火性能は証明されたものの、消火量が通常よりも増大し、更には江古山の地熱発電救助にその熱量では極短時間でしかドライバーがコクピット内部では保てない事、基本装備が想定範囲外で役に立たない場合が次々と発生した為に強化改修案である『MKⅡ計画』の方針に則り広域破壊撤去用のブレイブバックドラフトへと昇華した。

 『NEXTSTAGE』ver.ではバイパーのエンジン部が露出し、そのフロントや肩、腕にファイヤーパターンが刻まれた痛車的イメージであったが、頭部改修も含め正当派注意書きに変更している。

基本データ

全高:11.573m
全長:5.183m
全幅:9.765m
重量:20.690t
※『NEXT~』より抜粋

装備

ウォーターマグナム
 銃身が長い消火用放水銃。射程はソコソコあるが、切り替えにより対象を凍結、氷塊を生成、車両火災程度は発泡消火剤で瞬時に消し去る。
 だが、全自動自動車韋駄天弍型確保の為に科学消火剤を散布したが、AIの判断で高速道の隙間を潜り抜け後から追ってきたソニックをスリップさせてしまい、大規模火災では十分に威力が発揮できず、弾切れになる場合もある。

レスキュークロー
 金属製の爪。マニュピレーターを圧壊させない保護用ではあるが、劇中では江古山のゴンドラ救助に(ブースターキャノンが)崖下りで使用するまで使われる機会が無かった。描写を見る限り消耗品に近い。

レスキューエアタンク
 消火剤と酸素を搭載させた二連のエアボンベ。配合を切り替える事でウォーターマグナムの威力や用途を変更させられる。劇中では19話での倉庫内火災と、帰投後に起こったS.I.B.マックスによるトレーラー強襲で消火する際の後ろ姿で確認されただけである。

関連タグ

トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~

ウォーカービークル
ドライブヘッド
ソニックインターセプター
ホワイトホープ

レスキューバックドラフト
レスキューバックドラフトブースターキャノン
レスキューバックドラフトヘヴィーブレードストロンガー
ブレイブバックドラフト…後継機

どんな名前だバックドラフトの本来の意味より

pixivに投稿された作品 pixivで「レスキューバックドラフト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1613

コメント