ピクシブ百科事典

東スバル

あずますばる

東スバルはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THEANIMATION』登場人物のひとり。

CV:山寺宏一

概要


 新幹線超進化研究所総合指令室総指令長で、重要事項の最終的な総合判断は彼に委ねられ、瞬時に背広姿から指令長服へ着替える(何処ぞの長官の様に…)。出水ホクトら、各支部の指令長達の上司にあたる。若くして一鉄道員から異例の速さで昇進し、あれよと言う間に気が付いたら初代所長の八代イサブロウの代わりに総指令長の座を引き受けトップに立っていた。年齢不詳とされており53話ではツラヌキから「兄ちゃん」と呼ばれているが、『おしえて!シャショット』では出水やホクトより年上である事が示唆されている。

 52話最後で後ろ姿のみ現れ、翌53話にて初登場、劇中の鍵を握る重要人物になるとの事。上層部の古参連中をはじめ、秘書のハルナにも表面上周囲には近寄り難く厳格な人物と思われているが、クールを装い時折無意味な威厳を発動しながら、素は大袈裟だが軽く話し掛けるなどフラットな性格で実際は出張や視察と称して部下の付添や車の送迎を避けて各路線でプチ遠出と言う名の通勤移動する等、ある意味興味津々な性格をそのままに成長したハヤトとも摂れ、好きなものもチキン弁当を推し、苦手なものは長時間の会議。東京駅でツラヌキ達にクイズを出題中、その様子を聞き耳を立てて見て初邂逅をして以来鉄道パワー全開(数倍増し)で意気投合。

なんか忘れてね?


※ある意味合っていますが、セイリュウに対してはここまでぞんざいに扱っておりません。

 アズサからは「見た感じは凄く仕事が出来そう 人生仕事一筋 友達や遊びなんてそっちのけ 出世の為に周りとの競争に勝ち続けてきたけれど 気付ば誰も居なかった」と当たらずとも遠からずの憶測を突いている。ブラックシンカリオンとセイリュウの処遇に付いては自身も最良策を練ってはいたが、何事も全力で行うハヤト達の行為が現在の組織の方針に成り立っている事を悟った様子で色んな意味でリフレッシュさせてくれたのもあり、東日本指令室到着後直ちに行動や責任も全て受け入れた。

 それ以降は名古屋をはじめ行く先々で彼らと出会うらしいが、曰く「釣りバカ日誌浜ちゃんとスーさんの関係」の様に総指令長とシンカリオン運転士という上下関係に縛られず自由で対等な関係を壊したくない願望から有事の際の直接対面は極力避けている。彼らには動物の飼育員とだけ言及。東海支部でのN700A後任選出案件ではハヤトの繋ぐ力を信じ安易に強権発動せずに暫くの間静観。
 傍らにはマスコットと言うべきSuicaのペンギンが相棒として執務室内のロッカーにおり、本音を語る相手兼癒しとして内緒で飼っているが、60話でホクトと出水をイザの元へ向かわせる手段を話にアキタ達が総本部へ来た事を(蕎麦を食ってる中で)知り、上記の関係を崩さない策として何時もと逆に自身がロッカーに隠れペンギンを身代わりに首から変声レコーダーを下げた形で言葉を交わし、その許可を了承。62話終盤でも一瞬現れ、63話では東日本指令室が東京駅中央迎撃システムの承認を取り付ける報をハルナから介され、今回もペンギンとレコーダー(+撮影機材)を用いて駅周辺利用者の混乱と撤退リスクを言及しながらも、初電までの期限付きで認可し発動。カイレンとの最終決戦を間近で観る事となる。全てのシンカリオンが集結していながら苦戦を強いた壮絶な戦いにより指導員達に退避を促されるも、約束ギリギリの最後まで見守り続けた。

73話で再登場し、キリンとの交渉が決裂。ブラックシンカリオンオーガの都庁破壊で内閣府からシンカリオンの活動停止を言い渡された報を出水に伝えるも、管理責任者としての苦渋であった事が伺える。それでも現場で独自に動く東日本指令室の思惑には「全力で赴くように」のレコーダー無しで励ましとの採れる言葉を掛けた。

 76話ではルクスヴェテによる最後の攻撃に必要なルクスヴェテによる光のレールを生み出す為の策に総司令部もペンギンを含め参加。決戦後、保護したキリンの説得交渉を時間を掛けても続ける出水の行動を見守っている。と同時にハヤトとは鉄道仲間の友人としてLINE交換した様である。

 PVからのTVシリーズ挿入歌のみと思われていたが、遂に御大登場と相成った。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

関連記事

親記事

新幹線超進化研究所 しんかんせんちょうしんかけんきゅうじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東スバル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66455

コメント