ピクシブ百科事典

速杉ホクト

はやすぎほくと

速杉ホクトはアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』登場人物のひとり。

CV:杉田智和

概要

 ハヤトハルカの父親。二人の髪質は親譲り。元新幹線の運転手で現在は大宮にある鉄道博物館の職員。残業で忙しく、約束事をも忘れるうっかり屋。朝は無精髭のだらしなく寝過ごしゴロゴロする姿から度々妻のサクラから問答無用に叩き起こされ、出張中の部屋は無数のゴミと洗濯物を溜め込み、掃除機で周囲を吸い上げられまくっているが、律儀に見舞う所や極端に喜ぶ表情は息子に受け継がれている。
 前番組とは違った夫婦関係なのだが、後述する話し合いで互いに信頼している。既婚者だけに左手薬指にはシッカリ結婚指輪が嵌められ、入浴中でも外さない(失くすと自分の命に関わるから)。15年前の大学生時代から乗り鉄、撮り鉄とデートの際も駅構内ばかりであったが、サクラから小田原城デートの提案をされた際に白羽取りを成功したら結婚する告白をしたらしいが、目論見が外れ失敗に終わっているものの、約束は取り付けられ現在に至る(30話解説放送参照)。

 だが、その裏では『新幹線超進化研究所東日本指令室』のメンバーとして指導長の地位を確立しており、日夜謎の存在との研究や対策を思案する。指令長の出水とは旧知の仲で、特に整備士のキントキとは同じく古い付き合い、シンカリオンの開発に際してはその意見を参考にしている。真面目にジャンクパーツを丁寧に磨くハヤトの表情と姿をキントキは昔と重ね合わせている。7話では巨大怪物体東日本地区以外や、複数の地域にも出現する可能性がある懸念から京都支部を西日本指令室として再編、創設する為に長期出張の辞令が下された。
 しかし、休日や夏休みともなれば親子連れが鉄博へと来場する為にスタッフとして各支部から応援に出張して駆り出される事もある。怪物体ビッグアイが大阪に出現した際は西日本指令長代行としてハヤト達に指示を出した。ハヤトは此処でもすれ違いの末に熟睡したまま帰路に着き会えず仕舞いだったが、ツラヌキらに交通安全の御守りを託している。

 自分が忘れたShincaを息子が届け、製作したシャショットが適合者と認めた事から身の上を考える羽目に陥るも、新人であるフタバの言葉伝えで『親が子供を守る時代』から『子供と親が共に守る時代』に代わったと認識を改めバックアップする様になる。巨大怪物体との戦闘が長期化する事を見越して自身が鉄博職員でなくシンカリオンの開発や運転士の指導に携わっていた事や、ハヤトも多少なりとも関わった経緯を妻に告白。何時もの様な展開は覚悟していたものの、彼女は関与しない事を条件に息子へは普通の親子として接する様に心掛け黙認された様である。公私の分別を付ける為に研究所内のハヤトには『指導長』と厳しく言及している。京都へ出張後は再編と共に適合率が高い子供達を指導しながら大人でもシンカリオンへ乗車出来るように自分も500こだまを乗りこなす訓練を積んでいたが、ハルカは不倫していると勘違いされ距離を置かれていた。

 少なく見積もっても見た目の外見年齢は30代前後にも関わらず、若くして運転手を辞めざるを得ない理由や、指導長級なのに制服ではなくスタッフジャンパーなのは?、何故超進ハヤトが生まれた頃単純に「好きだから」の理由だけで超進化研究所に入所したのか?疑問に思える。ロボットアニメではあるが、『シンカリオン』は速杉父子の物語にも等しい。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION
新幹線超進化研究所

pixivに投稿された作品 pixivで「速杉ホクト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289185

コメント