2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

撮り鉄

とりてつ

鉄道ファンの一種で、鉄道の写真を撮る事を主な活動とする人達のことである。
目次[非表示]

概要

カメラの発明と鉄道の開始時期が近かったこともあり、鉄道ファンの形態のみならず世のオタク趣味の中でもかなり歴史の長いものであり、下は小学生から上はご老人までと嗜む人は幅広い。
またその撮影対象も様々であり、SLから新幹線、地方の鉄道にいたるまでそのこだわりポイントも人それぞれで幅広い。
鉄道写真の投稿雑誌も存在し、中にはプロのカメラマンになった者もいる。
近年は安価で性能のいいコンパクトデジカメやリーズナブルな一眼レフデジカメが普及してきたことや、スマートフォンカメラの高性能化もあり、新規参入者も多い。

マナーと諸注意

一方で撮り鉄は昔からトラブルが絶えない趣味であり、既に半世紀前の「SLブーム」の頃から大なり小なり問題視されてきた。

主に撮影場所や方法を巡り、撮り鉄同士はもちろん、度々鉄道会社や沿線の住民、一般乗客とトラブルを起こしており、近年ではテレビやネットのニュースに取り上げられることも珍しくない。21世紀に入り手軽なデジタルカメラの普及で趣味の裾野が一気に拡大したこと、さらにスマホカメラの性能向上や、SNSへの写真投稿が流行りだした2010年代あたりから言動に問題のある撮り鉄もさらに増加して社会問題化した。
ここまで深刻化した背景としては、地元の中高生(主に鉄研等のサークル)やネット仲間などを中心として、撮り鉄が一種の無法者のグループを作っており、「赤信号みんなで渡れば怖くない」との集団心理で暴走しやすくなるということがあるだろう。悪質なオタクはATS非搭載なのである。また、若者のバイクやスポーツカー離れによって、かつてであれば改造車で暴れていたような層が、より手軽な乗り物オタクジャンルである鉄オタに流れてきたという点もある。

引退直前の車両を狙う葬式鉄というのも問題となっている。これは厳密には撮り鉄とは違うのだが(カメラを持って無くても葬式鉄)、葬式鉄もたいていカメラを持って撮り鉄している事が多く世間一般では同一視されている。

主なトラブルは下記の通り。

  • 撮影に適した場所に大勢の撮り鉄が押し掛け、騒音や私有地への不法侵入で近隣住民に迷惑をかける。2021年には自治体を介入させる大問題に発展した(後述)。
  • フラッシュを焚くことで運転を妨害する。
  • 線路・敷地内への無断侵入により列車の運行を妨害する。実際に列車を非常停止させてしまう事例もある他、2020年1月にはこれが原因で山手線E231系の引退を繰り上げるという前代未聞の事件を起こした。参考記事
  • 器物損壊や窃盗
  • 沿線への迷惑駐車や、物を置いた場所取り。
  • キセル乗車自動改札機の強行突破。JR東日本は度々取り締まりを行っている。参考記事
  • 車で猛スピードで列車を追いかけることによる危険運転。列車速度が遅いローカル線で発生しやすい。
  • 駅で撮影に陣取るために一般客の乗降車を妨害する。悪質な者は撮影の邪魔とみなした通行人や駅員を恫喝する。
  • 駅に三脚を立てて一般客の往来を妨害する。このため、駅での三脚の使用を禁止している鉄道会社も多い。
  • 自分の理想の写真を撮るために構図上邪魔だと思った立ち木を伐採したり、フェンスを破壊したりする。
  • 乗務員や駅員を盗撮してSNS等にアップする。言うまでもなく肖像権の侵害である。
  • 撮り鉄同士で揉めたり、邪魔だと思った相手を盗撮して晒し目的でSNS等にアップする。
  • 撮り鉄同士でのイライラが爆発した結果、集団で暴言を吐き合う「罵声大会」と呼ばれる騒ぎに発展することもある。自浄作用はまず働かないため、対象の列車が通過するまで止める術はない。
  • 鉄道会社が注意しても「撮影のためには仕方ない」「俺たちはお客様だ」などと開き直って逆ギレ。

特に臨時・試運転・廃車回送・引退間際の列車は彼らの興味の対象となるため、トラブルが発生しやすい。
試運転や廃車回送に関しては、非公開であるはずの運行ダイヤがSNSで盛んに情報交換されており、機密情報の漏洩が日常的に起きているという根本的な問題も存在する。
それに乗じてガセネタを流す輩も存在するため、これもまた撮り鉄同士での内紛の種となっている。

各鉄道会社もこの現状を憂いており、最近では撮り鉄を締め出す目的でわざと隣に回送列車を置いて撮影できなくする例駅の撮影ポイントを封鎖する例、さらにイベントそのものを行わない、その種の列車の運転をしないなどの自衛策に乗り出すケースもある。
どんな趣味でも、マナーを守らない者達の行動により規制が厳しくなる(ミャンマー国鉄等)など自分達の首を絞める結果になることを心しておくべきだろう。撮り鉄、ひいては鉄道ファン全体の足を引っ張らないためにも。

「マナーに問題があるのは一部だけで、真の鉄道ファンはこんな事はしない」という声もあるが、問題行動を厭わない悪質者があまりにも増えすぎた結果、テレビニュースで報道されるレベルにまで表面化し、世間一般からは同類視されている現状では無力な意見であろう。
実際、「撮り鉄」でググると検索結果は物騒なニュースばかりであり、良いニュースはほぼ出てこない。
これらは、撮り鉄ひいては鉄道が精神年齢の低い人の趣味と認識される所以となっている。世間の風当たりが強くなったことを理由にちゃんとマナーを守っていた撮り鉄が迷惑しているのが実情である(実際に撮り鉄から離れた者と、他の鉄に流れていった者もいるようである)。

鉄道は公共交通機関であり、乗客を安全に運ぶ対価として運賃を得ることで成り立つ事業である。
いくら綺麗な写真が撮影されても鉄道会社の儲けにはならず、故に撮り鉄は「お客様」などでは断じてない。

航空法に反したドローン撮影

2017年8月19日、千葉県松戸市北総線江戸川橋梁にて、浦安市の会社員男性が車両撮影を目的にドローンを橋に近付けたが操作不能に陥り線路脇に墜落した。
男は同年12月6日に航空法違反の容疑で書類送検された。

ちなみに、高圧で送電を行っている架線付近では、架線から発する電磁波によりドローンが制御不能になる可能性がある。

自治体の介入

2021年1月1日~3日まで、山口線で「DL津和野稲荷号」の運転が決定。
終着駅のある島根県津和野町では、前年末から私有地含め各所で撮り鉄が場所取りを開始した。
かねてから撮り鉄の暴挙に頭を痛めていた住民からの苦情により、津和野町は行政権限で撮り鉄の規制を実行。JR西日本と連携し、警告を発した上で警備員を配置するなどの対策を講じた。

すると、逆上した撮り鉄がTwitterで津和野町に対する大規模なネガティブキャンペーンを開始。
「津和野町にはをもって償ってもらう」「町ごと全部燃やしちゃえばいいんじゃないですかね」「津和野に原爆落とせ」など、過激な罵詈雑言が飛び交った。
更に津和野町のWikipediaページも荒らしに遭った。

これらの悪行はTwitterやまとめサイトを通じて世間に知られる事になり、やはり反応は冷ややかであった。
尚、このネガティブキャンペーンは津和野町に実害を与えることなく、不発に終わった。

本件は、撮り鉄の問題行動に自治体が介入した初の事例となった。
これは鉄道会社や住民だけでは撮り鉄の暴走に対処しきれない事を示しており、文字通り「社会問題」としての撮り鉄の存在を明るみにした。

重傷者の発生

2021年4月25日、埼玉県川口市京浜東北線西川口駅で、撮り鉄の男子中学生が同じく撮り鉄の若者に突き飛ばされ、頭の骨を骨折する重傷を負う事件が発生した。
これは若者が別の撮り鉄に言いがかりをつけ喧嘩していたところを男子中学生がスマートフォンで盗撮し、それに気づいた若者が激高して襲い掛かったというもの。
彼らの目当ては、この日運転された臨時列車「あしかが大藤まつり号」であった。

今までも撮り鉄同士の小競り合いによる暴力事件は散発していたが、本件は(少なくとも報道される限りでは)骨折を伴う重傷者を出した初の事例となった。
ただし被害者の中学生も、喧嘩の様子を仲裁するわけでもなく盗撮していたことから、SNSなどで晒す意図があった可能性があり、行為自体は褒められたものではない(先述の通り、盗撮は肖像権の侵害である)。
尚、加害者の若者は電車に乗って逃走したが、2日後に同じ西川口駅で警察官に発見され、逮捕された。

その後

翌日にこのニュースが報道されると、Twitterで撮り鉄たちがとった行動は、被害者を心配するわけでも、加害者を糾弾するわけでもなく、「#もう無理駅撮りできない」なるハッシュタグに乗せて撮影した写真を投稿しあう自慢大会であった。
事件を出汁に自己顕示欲を満たそうとする光景に一般ユーザーからの非難が集中したのは言うまでもない。

江ノ電自転車ニキ

2021年8月5日深夜、江ノ島電鉄300形305編成の試運転が行われ、これを写真に収めようと藤沢市の交差点には40人程度の撮り鉄が集合していた。
しかし、いざ列車が来ると、その横を自転車に乗った外国人が並走していたのである。
事情を知らない外国人は、カメラを向ける撮り鉄に手を振って返すが、逆上した撮り鉄たちにより大声で罵倒・恫喝されてしまった。

大佐が邪魔。


この動画がSNSで拡散されると、実はこれ以前にも、彼らが通行するバイクや車を排除しようとする行為を行っていたことが判明。
現場は普通の交差点であり、車・バイク・自転車・歩行者が通行するには何ら問題が無く、むしろそのための道路である。
このような実態が明るみに出ると、外国人を非難していた撮り鉄たちは逆に叩かれる側になってしまい、何名かはアカウント閉鎖や火消し対応に回らざるを得なくなった。

本件に関し取材に応じた江ノ電によると、「なぜか305編成が試運転すると、鉄道ファンの方が集まってきます。情報を伏せているのにも関わらずそうなので、対応に苦慮しています」と、先述の通り試運転ダイヤが漏洩していることを不思議がっており、これが問題の根幹であることが窺える。

尚、知人らしき人物のツイートにより、この外国人は江ノ島でメキシコ料理店を営む人物と判明。
ネットで作られた自らのコラ画像Instagramで拡散したり、本件を自虐ネタとして扱ったりと、この騒動に対しノリノリであることからネットユーザーに面白がられ、本人が投稿していたお店のメニューの写真も「おいしそう」「食べに行きたい」などの意見がGoogleの口コミで多数寄せられ店の高評価が急増することとなった(実際に食べに行った者も多い)。
ネットでは江ノ電自転車ニキの通称で親しまれている。

未成年が駅員を恫喝

2021年8月23日、廃車回送の撮影のために東海道線岸辺駅に集まった撮り鉄のうち一人(中学生とされる)がベンチに上った。
当然ながら公共物であるベンチを汚すばかりか危険を伴う行為であるため、駅員が注意すると、この撮り鉄は逆ギレし、なんと駅員の胸ぐらを掴み「調子乗んなよ、おい!」と恫喝した。
このあまりに分際をわきまえない姿を収めた動画がTwitterに拡散されると、上記の江ノ電での騒動の直後ということもあり、再び撮り鉄バッシングが過熱した。

被害者であるJR西日本が「注意した理由を説明して理解を得られたので、被害届は出さない」と温情的な態度をとったため、表向きには事件とはならなかった。
しかし、この撮り鉄のTwitterアカウントが判明すると、彼がとった行動は開き直った挑発とレスバトルであった。
「電車とってる時点でみんな障害者だろ」などの過激な発言からは反省の色は全く窺えず、JR西日本のはからいは残念ながら無下になったと言える。

尚、被害者が被害届を出さなくても刑事事件に発展する可能性は十分にあるので注意。

代用手段の提案

鉄道模型を用いた撮影

撮り鉄のマナー問題に対して鉄道模型を用いた撮影で代替することを提案する者もおり、下記の利点から実際に撮り鉄が模型鉄に流れていく事例が確認されている。この方法では撮り鉄の要望全てを満たすことは不可能ではあるが(撮影のみを目的とするいわゆる「撮り専」は意外と少ない)、案の1つとして一考の余地はあるかもしれない。

利点

  • 撮影を邪魔する車、人、物などがいない。
  • 天候、リフレクション、風景などの調整が可能。
  • どの角度や構図から撮っても危険が無いし、どの角度も構図も容易に撮れる。
  • 新たな塗装のオリジナル車両を開発可能。
  • 引退した車両を撮る事も可能。
  • 他者に配慮する必要がない。
  • 運行ダイヤなどを考慮する必要がない。


欠点

  • 鉄道模型は一般に高価であり、ある程度の経済力が要求される。
  • 非常に緻密な模型は存在するが、万人が実物の代用品として満足できることを保証するものではない。
  • 欲しい車両の模型が存在するとは限らない。存在したとしても在庫があるとは限らず入手困難な場合も。
  • 列車や風景の臨場感を欠く。
  • 所詮はまがい物という意識が自他問わず存在する。


撮影専用地の整備

鉄道事業者側が歩み寄る形で駅敷地内に撮影用スペース(TRAIN SPOTTER'S)を設けた例も存在する。

趣味者向けの「有料」見学会・撮影会

車両基地の見学や車両の撮影を目的にしたイベントを、人数に制限を設けて有料で開催する。
現在のところ(コロナ禍の影響もあって)少数にとどまるが、近年のイベント会場の混乱ぶりを考慮すると、今後こうした形での開催が増加することが考えられる。

関連タグ

前原誠司:SLを対象とした撮り鉄としても知られる。
カメラ 鉄道
描き鉄 模型鉄 鉄道模型 鉄道模型シミュレーター
迷惑行為 大宮レイプ軍団 集団心理 DQN 罵声大会 屑鉄(鉄オタ) 社会問題 犯罪者

外部リンク

ニコニコ大百科 撮り鉄

関連記事

親記事

鉄道ファン てつどうふぁん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「撮り鉄」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「撮り鉄」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159121

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました