ピクシブ百科事典

DD51

でぃーでぃーごじゅういち

国鉄が幹線用に製造した液体式ディーゼル機関車
目次[非表示]

国鉄DD51形ディーゼル機関車

非電化幹線における蒸気機関車の運用を置き換える「無煙化」達成のための本格的な主力機として開発された。速度としてはC61以上、牽引力としてはD51以上の性能を持つように設計されている。また線路規格の低い亜幹線に入線出来る様、中央部に付随台車がある。この台車は開発初期は低規格路線の軸重対策で装備されたものだが、開発途中で軸重を14tと15tの2段階に変えられるように改良され、低規格路線への入線と高規格路線の牽引力増大を両立している。
整備や機器配置の容易さから、本線用機関車としては世界的にも珍しい車両中央部に運転台を設置したセンターキャブ構造の型車体を採用したことが特徴となる。ただしDD13やDE10のように運転席は両面共用ではなく、進行方向に向かってそれぞれ存在する。

1962年に試作車が新製され、性能確認を経て1964年より量産車が順次増備された。製造が長期に亘り、活躍の場も広範であったため、多種多様のバリエーションが存在する。それまで非電化幹線で活躍していた蒸気機関車を置き換えて行き、1975年12月を以て営業列車の無煙化を達成した。1970年代前半のSLブームの時期にはファンからは蒸気機関車を追い落とす敵役扱いをされ、「赤ブタ」「文鎮」「ダメデゴイチ(DameD51)」「(皮肉の意味で)デラックスD51」等と罵倒されたことすらある。

無煙化達成後もDF50などの老朽機の置き換え用に1978年まで増備が続けられ、総数は649両に達したが、その頃から電化の進行と貨物列車・客車列車削減の影響を受けるようになり、1980年代に入ると初期車を中心に大量の余剰休車が発生するようになる。
国鉄分割民営化に際してはJR四国を除く旅客会社各社とJR貨物に269両が承継された。その後は老朽化や北海道においてはJR貨物が新製したDF200形への置き換え等もあり、さらに両数を減らしてきているが、現在も細々ながら活躍を続けている。

なお、1965年以来現在まで常に何らかの形で寝台特急の牽引運用に充てられており、単一形式としては日本鉄道史上最長期間の記録を有しており、現在のJR北海道所属車両は「カシオペア」「はまなす」の道内区間の牽引業務終了とともにお役御免となった。

前記の通りSLブームの頃には鉄道ファンにはさんざん罵られたものであるが、月日が経ちいよいよ先が見えてきたとなると今度は重厚な大ベテラン扱いされて追いかけられるようになった。ちなみに「ダメ」扱いの比較対象とされたD51形の一般営業用機関車としての実働期間は36年間(1939年1975年)。先行量産機投入(1964年)から50余年が経過した本機はすでに大きく上回っている。

特徴的な個体

1号機

記念すべきDD51のトップナンバー。2号機以降と比べると車体が丸みを帯びている。1986年に廃車された後は高崎第二機関区で保存されていたが、1999年に登場時の塗装に戻され、碓氷峠鉄道文化むらに保存されている。

548号機

1966年-1977年にかけて製造された車両区分。
DD51初のお召し列車牽引を担当した機関車。現在は三笠市のクロフォード公園に静態保存されている。
また、500番台初期の半重連形から全重連形への改造例でもあり、そういった意味でも貴重な存在である。

710・716・741・742・745号機

北海道で運用されていた5両。1972年に冬季降雪時の視界確保のために前照灯が2灯から3灯へ増設されているが、増設された補助灯がボンネット上にあることで独特な顔つきとなり注目を集めた。特に745号機は本州へ転属した後も補助灯が残されており、2002年に廃車されるまで磐越西線などで活躍していた。

842・888・895号機

1968年-1978年にかけて製造された貨物用の車両区分で、現在はJR東日本に所属している。
非電化区間のお召し列車牽引指定機で、台枠横や煙突、手すりなどがステンレスで装飾されている。
現在ではイベント列車などの牽引に用いられることが多い。

1006号機

JR北海道に所属し、所謂「北斗星色」に塗られていたDD51の中で最も番号が若かった車両。
2007年に踏切事故を起こし、修理された際に片側のラジエーターのカバーが後期型の2分割のものになっていたのが特徴(もう片方はもともとの3分割タイプ)。
2008年に廃車され、ミャンマーに譲渡された。

1138号機

JR北海道に所属する1両。2015年3月12日に最終便となった「トワイライトエクスプレス」の札幌~五稜郭を牽引し、さらにその後8月22日の最終便の臨時「北斗星」の札幌~函館の牽引にも抜擢された。つまり、北海道行きの2本の豪華寝台列車の最後を看取った機関車といえる。

1187号機

重連運転時に本務機の次位に連結された補機の単弁ブレーキが作動するように改良された500番台のうちの1両。
2003年お召し列車を1186号機と共に牽引し、2006年に廃止された寝台特急出雲」の牽引も担っていた栄光の歴史を持つ一方で、1986年12月に起きた餘部鉄橋客車転落事故で転落した客車を牽引していた負の歴史を持つ。
現在は旧津山扇形機関車庫をリニューアルした「津山まなびの鉄道館」で保存されている。

関連イラスト

緊急燃料輸送列車
風格



関連タグ

ディーゼル機関車 DL
DF50 DD53 DD54 DE10
函館本線 山陰本線

DT50似て非なるもの

pixivに投稿された作品 pixivで「DD51」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335821

コメント