ピクシブ百科事典

DD51

でぃーでぃーごじゅういち

国鉄が幹線用に製造した液体式ディーゼル機関車
目次[非表示]

国鉄DD51形ディーゼル機関車

非電化幹線における蒸気機関車の運用を置き換える「無煙化」達成のための本格的な主力機として開発された。速度としてはC61以上、牽引力としてはD51以上の性能を持つように設計されている。また線路規格の低い亜幹線に入線出来る様、中央部に付随台車がある。この台車は開発初期は低規格路線の軸重対策で装備されたものだが、開発途中で軸重を14tと15tの2段階に変えられるように改良され、低規格路線への入線と高規格路線の牽引力増大を両立している。
整備や機器配置の容易さから、本線用機関車としては世界的にも珍しい車両中央部に運転台を設置したセンターキャブ構造の型車体を採用したことが特徴となる。ただしDD13やDE10のように運転席は両面共用ではなく、進行方向に向かってそれぞれ存在する。
当時の設計者の著述によると、当初はDF50同様の本線機に相応しい箱型車体を想定して作図し始めたが、上司より「これはダメ、ボンネット型に」と現行の凸型への修正を指示されたという。理由はDF50が度々オーバーヒートに苛まれ(特に冬場の重連)、当時の技術で抜本的に回避するにはラジエーターに十分風を当てられる凸型しか選択肢がなかったらしい。
エンジンは大雑把に言うとDD13(6気筒)の後期型(出力1000PS)をV形12気筒に組み直したものである。ただし変速機は流用できる出力容量ではなくなっており、全く新規に設計された。

1962年に試作車が新製され、性能確認を経て1964年より量産車が順次増備された。製造が長期に亘り、活躍の場も広範であったため、多種多様のバリエーションが存在する。それまで非電化幹線で活躍していた蒸気機関車を置き換えて行き、1975年12月を以て営業列車の無煙化を達成した。1970年代前半のSLブームの時期にはファンからは蒸気機関車を追い落とす敵役扱いをされ、「赤ブタ」「文鎮」「ダメデゴイチ(DameD51)」「(皮肉の意味で)デラックスD51」等と罵倒されたことすらある。

無煙化達成後もDF50などの老朽機の置き換え用に1978年まで増備が続けられ、総数は649両に達した(後述の火災による除籍車があるため、最大在籍数は642両である)が、その頃から電化の進行と貨物列車・客車列車削減の影響を受けるようになり、1980年代に入ると初期車を中心に大量の余剰休車が発生するようになる。
車齢・償却の問題から即時に廃車には出来ず、機関区の片隅や駅構内に連なり、また色褪せて哀れな姿を晒す光景が、民営化後しばらくの間まで各地で見られた。
初期グループは1984年頃、その他の余剰車も国鉄の民営化が決定した1985年度末から除籍が始まり、それらの車(車齢10年程度の若い車も含まれていた)はそのまま国鉄清算事業団に継承されて、後にスクラップとして処分されていった。

国鉄分割民営化に際してはJR四国を除く旅客会社各社とJR貨物に承継されたが、その数は総数の半数以下である259両に過ぎなかった。その後は更なる合理化による余剰の発生や、老朽化によってJR貨物が新製したDF200形への置き換え等もあり、さらに両数を減らしていった。

2018年現在、定期運用では関西本線名古屋口での貨物運用があり、細々ながら最後の活躍を続けているが、既に自動車車検に相当する全般検査が行われなくなっている関係上、検査期限の切れた車両からDF200形への置き換えが進んでおり、近年中には完了するものとみられる。旅客会社では北海道、東海、九州ではすでに全廃され、東日本と西日本に在籍し、臨時、工事列車に使用されている。

なお、1965年以来、常に何らかの形で寝台特急の牽引運用に充てられてきたが、単一形式としては日本鉄道史上最長期間の記録を有していたが、2016年に北海道新幹線開業に伴う「カシオペア」「はまなす」が廃止されたことで寝台特急の牽引も終了となった(なお、北海道新幹線開業後のカシオペアの道内運行ではDF200形を使用)。
青函トンネル内はディーゼル車が緊急時(開業後の緊急時用に配備されたのはDE10形)以外基本的に使用禁止だったため、営業運転においては自力では走行していないが、開業前の建築限界測定車の運行の際はED79形とのプッシュプルという形で力行走行している。瀬戸大橋は四国内で使用されなかったこともあり、走行実績はない。

前記の通りSLブームの頃には鉄道ファンにはさんざん罵られたものであるが、月日が経ちいよいよ先が見えてきたとなると今度は重厚な大ベテラン扱いされて追いかけられるようになった。ちなみに「ダメ」扱いの比較対象とされたD51形の一般営業用機関車としての実働期間は36年間(1939年1975年)。先行量産機投入(1964年)から50余年が経過した本機はすでに大きく上回っている。

分類

0番台

1号機から53号機までが該当。客車用の蒸気暖房用ボイラーを搭載するが、重連総括制御装置を持たない非重連形。全機が国鉄分割民営化を待たずに廃車されており、現存するのは後述する1号機のみ。

500番台

501号機から799号機、1001号機から1193号機が該当する。この型から重連総括制御装置が搭載されるようになった。釣り合い引き通し管を持たない半重連形と釣り合い引き通し管を持つ全重連形の2種類に分かれ、北海道に配備されていた個体は区名札の横に全重連形には「全」、半重連形には「半」の札が差し込まれていた。
ちなみに半重連と全重連の機能面での違いは、本務機で単弁(機関車だけにかかるブレーキ)を扱った時に本務機だけブレーキがかかるか、本務機と補機両方にブレーキがかかるか。

このタイプも客車用蒸気暖房ボイラーを装備しているが、例外的に587~592号機の6両のみボイラーが省略されている。

800以降の番号が飛んでいるのは後述の800番台と被るため。

800番台

801から899号機、1801号機から1805号機までが該当する。500番台全重連形をベースとしながらも蒸気暖房を完全省略した。当初は新形式である「DD52形」で計画されていたが、労組から難色を示されたためにDD51のバリエーションという形に落ち着いた。
ちなみに500番台から蒸気暖房と関連機器をバッサリ削っただけでキャブのサイズは変わっておらず、内部は相撲が取れるほど広いと言われる。

蒸気暖房を装備しないために貨物列車の牽引がメインではあったが、暖房を必要としない季節の列車、蒸気暖房がいらない電気暖房を装備する客車の牽引実績も無い訳ではない。

特徴的な個体

1号機

記念すべきDD51のトップナンバー。2号機以降と比べると車体が丸みを帯びている。
製造後、秋田機関区に配置されて活躍したが、1979年に休車となった後は復活することなく1986年に廃車された。
廃車後は高崎運転所に移され、1988年に整備の上で登場時の塗装に戻されている。その後も同所で保管されていたが、1999年以降は碓氷峠鉄道文化むらで保存されている。

548号機

1966年-1977年にかけて製造された車両区分。
DD51初のお召し列車牽引を担当した機関車。現在は三笠市のクロフォード公園に静態保存されている。
また、500番台初期の半重連形から全重連形への改造例でもあり、そういった意味でも貴重な存在である。

710・716・741・742・745号機

北海道で運用されていた5両。1972年に冬季降雪時の視界確保のために前照灯が2灯から3灯へ増設されているが、増設された補助灯がボンネット上にあることで独特な顔つきとなり注目を集めた。特に745号機は本州へ転属した後も補助灯が残されており、2002年に廃車されるまで磐越西線などで活躍していた。

842・888・895号機

1968年-1978年にかけて製造された貨物用の車両区分で、現在はJR東日本に所属している。
非電化区間のお召し列車牽引指定機で、台枠横や煙突、手すりなどがステンレスで装飾されている。
現在ではイベント列車などの牽引に用いられることが多い。

875号機

愛知機関区に現存するDD51の1両である。
当機は三菱重工(三原)で製造され、1973年8月23日付で門司機関区に新製配置、国鉄時代は北九州地区で活躍した。
しかし、貨物列車の大幅削減で数多くの僚機共々余剰化してしまい、国鉄時代末期の1987年1月20日付で除籍され、そのまま国鉄清算事業団の所有物となりスクラップと化すのを待つ身であった。
その後、民営化直後の好景気による貨物列車の増発で機関車が不足したため、清算事業団で処分を待っていた機関車の一部をJR貨物が購入して復活EF65 16両・DD51 4両)させることになり、当機もその1両に選ばれたのである。
1989年3月の復活後は稲沢機関区に配置され、後にA更新工事を施工の上新塗装化されている。
しかしながら、DD51の復活機は当機を含めて僅か4両(874 877 878)にとどまり、これらは2002~2004年頃に相次いで廃車になっている。(同時期に復活したEF65も全て除籍済み)

運命のいたずらで若くして「死」を宣告されながらも奇跡的に生還し、その後28年にも亘る活躍を続けた当機は2017年8月まで活躍、現在も保留車ながら姿をとどめている。

1006号機

JR北海道に所属し、所謂「北斗星色」に塗られていたDD51の中で最も番号が若かった車両。
2007年に踏切事故を起こし、修理された際に片側のラジエーターのカバーが後期型の2分割のものになっていたのが特徴(もう片方はもともとの3分割タイプ)。
2008年に廃車され、ミャンマーに譲渡された。

1138号機

JR北海道に所属する1両。2015年3月12日に最終便となった「トワイライトエクスプレス」の札幌~五稜郭を牽引し、さらにその後8月22日の最終便の臨時「北斗星」の札幌~函館の牽引にも抜擢された。つまり、北海道行きの2本の豪華寝台列車の最後を看取った機関車といえる。

1169号機

1976年4月3日に発生した、追分機関区の火災による被災車の1両である。
1975年9月24日付で岩見沢第二機関区に新製配置された「新車」であったが、僅か半年で機関庫の火災に巻き込まれて全焼してしまった。被災時点で同型式中最も若い車であり、在籍期間も10ヶ月強(1976年8月4日除籍)と国鉄車両全体で見ても極めて短命な車であった。
この火災で、運用中のDD51型7両とDE10型1両、保存予定の蒸気機関車5両を焼失する惨事になっている。また、追分機関区が国鉄の蒸気機関車終焉の地(同年3月2日で全運用終了)であったことから、「SLの怨念」と噂をするマニアが、当時少なからず存在したという。

1187号機

重連運転時に本務機の次位に連結された補機の単弁ブレーキが作動するように改良された500番台のうちの1両。
2003年お召し列車を1186号機と共に牽引し、2006年に廃止された寝台特急出雲」の牽引も担っていた栄光の歴史を持つ一方で、1986年12月に起きた餘部鉄橋客車転落事故で転落した客車を牽引していた負の歴史を持つ。
現在は旧津山扇形機関車庫をリニューアルした「津山まなびの鉄道館」で保存されている。

関連イラスト

緊急燃料輸送列車
風格



関連タグ

ディーゼル機関車 DL
DF50 DD53 DD54 DE10
函館本線 山陰本線
派生形式:DD53・DD17→DD19・DD18・911形
 このうちDD18・19・911形は標準軌仕様車
DD18・19の動力台車はDD13の標準軌改造車912形の設計を流用したものを新製している。
計画されたものの製造されなかった形式としては、DE10の3軸台車を本形式ベースの2機関車体に装荷したDF51もある。1250~1350PS機関2基(2500~2700PS)、軸重13~14tと推定されるが、6動軸のため牽引力は911形(低速段)並にあったであろうと推定される。

DT50似て非なるもの

関連記事

親記事

ディーゼル機関車 でぃーぜるきかんしゃ

兄弟記事

  • DF200 でぃーえふにひゃく
  • DD54 でぃーでぃーごじゅうよん
  • DE10 でぃーいーじゅう
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「DD51」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 383594

コメント