ピクシブ百科事典

C61

しーろくじゅういち

日本国有鉄道の蒸気機関車。

1. 国鉄が設計・新製(名義上は改造)した蒸気機関車。本項目で説明。
2. コミックマーケット61の略。2001年12月29日30日に開催。

国鉄C61形蒸気機関車

国鉄が1947年から新製した旅客用蒸気機関車。
旅客需要急増に対応するため、余剰となっていた貨物用機関車のD51ボイラー他主要機器の一部を流用してC57ベースの足回り(ただし軸配置を変更)を新規に造り改造したもの。ただし、元のD51は戦時中に竣工したため状態が悪い個体を重点的に種車にしたこともあり、後に1950年代に入った頃には、ほぼ全てがはボイラーを造り直している。東北本線奥羽本線常磐線鹿児島本線などの亜幹線で主に運用され、高出力を活かして優等列車の牽引も多く務めた。一般営業運転は1974年日豊本線を最後に引退。
缶圧はC59・60(16kgf/c㎡≒1.57MPa)より低い15kgf/c㎡(≒1.47MPa)であるが、現役時給炭機を装備していた関係で、算定上の出力はC59より100馬力高い。終戦直後の栄養条件の悪さもあり、火床面積から見れば日本人の平均体力に対しD51・C59・C60とも給炭機無しで済むサイズであるがC61は全機装備していた。

現在4両が保存されており(1両は部分保存)、うち2両は動態保存機である。
2号機は梅小路蒸気機関車館(京都府京都市)で動態保存されている。JR西日本に車籍を置いているが本線運転に必要な検査を受けていないことから同館構内での運転のみ可能。
20号機は引退後群馬県伊勢崎市の公園で静態保存されていたが、JR東日本により整備され同社のD51 498号機、C57 180号機に続く12年ぶり3番目の復活蒸機として現役復帰。2011年6月4日より同社線内におけるイベント列車牽引に運用開始した。
この際オリジナルの給炭機部品が激しく腐食しており再生が困難であること、現在の乗務員の体格(体力)と重油併燃という条件では必ずしも給炭機は必要でないこと、から復活した20号機からは自動給炭機一式が撤去された。
往時よりブレーキに対する考え方が厳しくなり、積車ブレーキ率が省令の50/100を満たさないとして(43/100;おそらくは炭水車抜きで満たすことを要求されている)最高速度は75km/hに制限された(C57はこれを満たすため100km/hのまま)。

関連タグ

蒸気機関車 SL
C62:同時期にほぼ同じ経過で登場したD52改造の旅客用蒸気機関車。
はつかり はくつる はやぶさ:牽引を担当。

pixivに投稿された作品 pixivで「C61」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20815

コメント