ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

小倉駅(福岡県北九州市小倉北区)から鹿児島駅鹿児島県鹿児島市)までを九州の東側(大分県宮崎県)を通って結ぶJR九州の鉄道路線。
延長462.6km(営業キロ。貨物支線を含めると467.2km)で、JR九州の管轄路線では最長である。
貨物支線以外は全線交流(60Hz)電化

北九州市別府市大分市延岡市宮崎市都城市鹿児島市…と、東九州エリアの重要な都市をつなぐ重要路線。
現在は小倉駅~佐伯駅間(博多駅からの特急「ソニック」が走行、都市間輸送及び北九州市と大分市の都市圏輸送主体)、佐伯駅~延岡駅(県境区間、後述)、延岡駅~宮崎駅・南宮崎駅(宮崎県内の都市間輸送と宮崎空港線乗り入れの空港アクセス主体)、宮崎駅~鹿児島駅(両県を結ぶ都市間輸送と鹿児島市近郊の都市圏輸送主体)に運転系統がほぼ分かれており、全線を直通する列車は客貨とも存在しない。

西小倉〜大分間は大部分が複線となっており、大分〜鹿児島間は単線
ただし新設駅等除きほとんどの駅で行き違いが出来る。
普通列車の宇佐から佐伯間は815系の運用が多く、トイレがあるのを除けば普通列車のほとんどがロングシートでまさにロングシート王国のあちらの地区と似ている。

なお佐伯〜延岡間(通称「宗太郎越え」)については通過する特急は多いものの普通列車の運行本数が全国でも指折りに少なく、青春18きっぷの難所」ともいわれる魔のエリアとなっている。そして2018年春のダイヤ改正では、佐伯〜重岡間1日3往復、重岡〜延岡間1日1.5往復にまで普通列車の数が削減されることになってしまった。
2021年3月改正で783系が撤退し特急にちりんは787系のみになる。

ワンマン運転

普通列車と特急列車の一部においてはワンマン運転を行っている。
普通列車のワンマン運転区間は重岡~延岡間を除いた区間で小倉から佐伯間は都市型ワンマン運転。佐伯~重岡間と延岡~国分間は料金車内徴収式ワンマン運転,国分から鹿児島中央駅間は都市型ワンマン運転となる。

かつては重岡~延岡間もワンマン運転を行っていたが、前途する2018年ダイヤ改正の際、車両もキハ220形1両から787系4両編成に変更された。ただし乗車出来るのは前1両だけで その関係で佐伯から延岡に向かう唯一の普通列車にはグリーン席が存在する。

特急列車においても、にちりんひゅうがきりしまの787系4両編成の列車においてはワンマン運転を行っている。

海が見える区間

日豊本線は東九州の海岸線を沿うように走っているため 海が見える区間か何ヵ所かある。

豊前松江付近
豊後豊岡付近
東別府~西大分間
臼杵~海崎間
南延岡~佐土原間
重富から鹿児島間

主な駅

小倉駅 行橋駅 中津駅 宇佐駅 別府駅 大分駅 臼杵駅 佐伯駅 延岡駅 日向市駅 宮崎駅 南宮崎駅 都城駅 隼人駅 鹿児島駅 鹿児島中央駅

駅一覧

小倉駅~宇佐駅

駅名特急快速乗り換え路線IC備考
小倉
  1. 鹿児島本線門司港方面)
  2. 山陽新幹線(JR西日本)
  3. 北九州モノレール
西小倉鹿児島本線折尾方面)
南小倉
城野日田彦山線
安部山公園
下曽根
朽網北九州空港最寄り駅
苅田
小波瀬西工大前かつては苅田港線(のち日豊本線貨物支線)が分岐していた
行橋平成筑豊鉄道田川線
南行橋
新田原航空自衛隊の基地(宮崎県)に同じ名前があるが、読みが違う。当駅は「しんでんばる」と読む。
築城航空自衛隊築城基地航空祭開催時は特急が臨時停車。かつては築城基地まで専用線が延びていた。
椎田
豊前松江
宇島
三毛門
吉富ここまで福岡県
中津ここから大分県
東中津
今津
天津
豊前善光寺
柳ケ浦
豊前長洲
宇佐日豊本線(大分方面)


宇佐駅~佐伯駅

駅名特急乗り換え路線単/複IC備考
宇佐上図参照
西屋敷立石駅との間の下り線に新立石トンネル延長3,640mがあり 日豊本線最長トンネルである
立石この駅から単線
中山香この駅から複線 かつては杵築駅の間に大川司信号場があった
杵築この駅から単線
大神
日出この駅から大分まで複線
暘谷
豊後豊岡
亀川
別府大学
別府
東別府かつては西大分との間に仏崎信号場があった
西大分
大分久大本線/豊肥本線この駅から単線
高城
鶴崎
大在
坂ノ市
幸崎SUGOCA北九州エリアはこの駅まで
佐志生×
下ノ江×
熊崎×
上臼杵×別名「かみう♥(すき)」駅
臼杵×別名「う♥(すき)」駅。津久見駅との間に徳浦信号場があったが2017年の台風18号でで被災し2018年3月廃止された
津久見×列車発着時に「なごり雪」が流れている
日代×
浅海井×ウォーキングなどイベントがある日ににちりんが停車
狩生×
海崎×
佐伯日豊本線(宮崎方面)×


佐伯駅~宮崎駅

駅名特急乗り換え路線IC備考
佐伯上図参照×
上岡×上岡~北延岡間で唯一木造駅舎が残る
直見×
直川×
川原木信号場
重岡×日本一早い終電延岡行きAM6時47分発)が出る駅
宗太郎×ここまで大分県。九州トップレベルの秘境駅として有名
市棚×ここから宮崎県
北川×
日向長井×
北延岡×
延岡×かつては高千穂鉄道が分岐していた
南延岡×貨物列車は当駅まで入線
旭ケ丘×
土々呂×
門川×
日向市×かつて細島線(のち日豊本線貨物支線)が分岐していた
財光寺×
南日向×
美々津×
東都農×かつては鹿児島中央から東都農行きがあった
都農×
川南×
高鍋×
日向新富×J3テゲバジャーロ宮崎のホームスタジアム ユニリ-スタジアム宮崎最寄り駅 
佐土原かつて妻線が分岐していた・SUGOCA宮崎エリアはここから
日向住吉
蓮ケ池
宮崎神宮鹿児島方面から終着の列車あり
宮崎日豊本線(鹿児島方面)


宮崎駅~鹿児島中央駅

駅名特急乗り換え路線IC備考
宮崎上図参照
南宮崎日南線/宮崎空港線
加納
清武
日向沓掛
田野SUGOCA宮崎エリアはここまで
門石信号場
青井岳×
楠ヶ丘信号場
山之口×
餅原×
三股×かつては東都城駅だった
都城吉都線×かつては寝台特急彗星が当駅まで来ていた
西都城×かつて志布志線が分岐していた 宮崎県で初の高架駅(しかしバリアフリー化はされていない)
五十市×
財部×かつては都城方面から終着列車があった。ここから鹿児島県
北俣×
大隅大川原×
北永野田×
霧島神宮×
南霧島信号場霧島神宮〜国分の駅間距離が12.7km。2020年現在、JR九州管内の在来線で最長区間となっている。
国分かつて大隅線が分岐していた。SUGOCA鹿児島エリアはここから
隼人肥薩線
加治木
錦江
帖佐
姶良
重富
竜ケ水×一部普通列車は通過1993年8月6日水害でキハ200系の片割れとキハ40系の2両(計3両)が土石流に飲まれ廃車
鹿児島鹿児島市電日豊本線はここまで。当駅より鹿児島本線東市来駅まで複線
鹿児島中央
  1. 九州新幹線
  2. 鹿児島本線/指宿枕崎線
  3. 鹿児島市電


関連タグ

鹿児島本線 長崎本線 815系
415系 485系 713系 783系 817系 883系 885系
ソニック にちりん 富士 彗星

関連記事

親記事

JR九州 じぇいあーるきゅうしゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「日豊本線」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「日豊本線」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13650

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました