ピクシブ百科事典

大分県

おおいたけん

日本の九州地方の県。北に瀬戸内を望み、東には黒潮が流れるため魚介が豊富に獲れる。 潮の流れが速い海域で獲れる関アジ、関サバがとくに有名。 気候は温暖湿潤気候だが、内陸部は標高の高い山が多いため、寒暖が激しく雪が積もることも珍しくない。 そのため冷涼な気候でも育つ麦が古くから育てられ、麦焼酎はこの地方の特産である。 名物もやせうまやだんご汁など麺類が多い。
目次[非表示]

概要

別府市湯布院など、温泉が有名。
マイナーどころでは長湯温泉などの炭酸泉や、寒の地獄のような冷たい温泉もある。
県庁所在地は大分市。隣接県は南に宮崎県、西に熊本県、北西部に福岡県、海を隔てて東部に愛媛県、北東部に山口県である。
大分県は戦国大名・大友氏の滅亡後、福岡藩・黒田氏、小倉藩・小笠原氏、佐賀藩・鍋島氏、柳川藩・立花氏、熊本藩・細川氏、鹿児島藩・島津氏のような巨大な城郭を居城とする有名な大大名はおらず、黒田官兵衛が城主となった中津城を除けば、中小の藩が林立して小規模な城郭を築いたことで知られる。
また、大分県知事を務めた平松守彦氏の発案により「一村一品運動」が行われている。

  • 大分市…県庁所在地。新日鉄や住友工業などを中心に、臨海工業地帯を中心に発展した都市。県庁は府内城跡の近くにある。
  • 別府市…九州有数の温泉地、地獄(さまざまな色のついた温泉)を巡る観光バス・バスガイドは別府で発祥したと伝えられる。
  • 国東半島…大分県東部にある半島、大分空港はこの半島の海沿いに置かれるほか、山岳仏教の聖地として知られ、岩に仏を彫刻した磨崖仏、大小さまざまな寺院がある。
  • 臼杵磨崖仏…岩をくりぬいて作られた仏像。長年の時を経ていたため頭部が落下していたが、修復され、現在、創建当時の姿となっている。
  • 中津市…黒田官兵衛が豊臣秀吉より所領を与えられたことで知られ、中津城は細川氏、小笠原氏、奥平氏の時代を経て明治へと至った。
  • 青の洞門…耶馬渓町(中津市)。江戸時代後期、禅海和尚の手によって掘られたトンネル。完成するまでは急傾斜で知られる競秀峰と山国川を川沿いに通行するしかなく、多くの死傷者を出していたと伝えられ、完成までに13年を要したとされている。
  • 宇佐市…和気清麻呂が神託を得た宇佐神宮の所在地として知られる。なお、余談ながら「宇佐」はローマ字に読みすれば「USA」となるため話題になったことがある。
  • 宇佐神宮…和気清麻呂が神託を得たことで知られる。神馬として白馬がおり、天皇・勅使を迎えるための「御成門」(一般非公開)が作られている。
  • 日田市…「九州の小京都」と言われる観光地、盆地にあることから夏は暑く、冬は寒い。江戸時代には幕府の直轄領であり、豆田町は江戸時代の面影を残すことで知られる。
  • 竹田(たけた)市…江戸時代には中川氏が7万石で支配した城下町として知られ、作曲家・滝廉太郎の故郷としても知られる。中川氏の居城・岡城は滝が「荒城の月」を作曲するのにイメージしたと伝えられている。(ちなみに「荒城の月」の作詞家・土井晩翠は仙台藩・伊達氏の居城・青葉城をモチーフにしていたと伝えられている)
  • 原尻の滝(豊後高田市)…別名「大分ナイアガラ」。アメリカ・カナダの国境にある「ナイアガラの滝」を小型化したようなパノラマで知られる。水量はもちろん本物に遠く及ばないが、迫力ある風景は「大分ナイアガラ」の名に恥じない。
  • 伐株山(きりかぶやま、玖珠町)…標高685.5M。盆地にそびえる特徴ある山、切り株がそのまま山になったような感慨を人々に与える。
  • 久住山…日本百名山のひとつ、標高1791M。
  • 祖母山…日本百名山のひとつ、標高1756M。

pixivに登録している大分県の絵師

ユーザー検索:大分県

関連タグ

九州 大分 豊後いいちこ
かぼす しいたけ 大分トリニータ

大分県にまつわるキャラクターとか

めじろん
おおいた萌えおこしプロジェクト
あいむそーりん
パワーシティオーイタ(ローカルヒーロー)
ダンジブルー(急襲戦隊ダンジジャー)

pixivに投稿された作品 pixivで「大分県」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207522

コメント