ピクシブ百科事典

大分トリニータ

おおいたとりにーた

大分トリニータとは、Jリーグに所属するプロサッカークラブ。大分県をホームタウンとする。
目次[非表示]

解説

創設年1994年
加盟年1999年
ホームスタジアム昭和電工ドーム大分
クラブカラー青と黄色
マスコットニータン


トリニータとは、三位一体を意味する『トリニティ』に、大分を合わせて創られた造語。
クラブ創設当初は『大分トリニティ』という名であったが、法人化の際に現在の名称に変更された。

九州のサッカーチームはどこも悪い意味でやらかしているが、ここほど天国と地獄を味わったチームも無い。
経営困難に陥った際、やむなく大量に選手を放出したが、放出した選手の中には清武弘嗣西川周作など、現在のサッカー日本代表を担う選手がいたことを忘れてはならない。

その後、2012年より実施されたJ1昇格プレーオフで見事勝利し、J1復帰となった。

しかし2013年はJ1で1勝(ホームでは0勝)しかできず、1年でJ2に降格となった。

2015年はJ2でも振るわず21位となり、J3で2位の町田との入れ替え戦にも敗れ降格が決定。これにより大分は「J1・J2・J3・旧JFL」全てのカテゴリを経験した史上初のクラブとなった。

2016年、G大阪でヘッドコーチを務めていた大分トリニータ在籍経験者の片野坂知宏が就任、コーチメンバーも在籍経験者で固めて再出発、J3リーグ優勝、1年でのJ2リーグ復帰を果たした。
同年、2000年の入団以降、FC東京へ期限付き移籍した2011年を除き在籍していた高松大樹(元日本代表 / 現大分市議会議員)が現役を引退。

2018年に2位で迎えた最終戦を引き分けで終え、優勝こそ逃したが、優勝した松本山雅FCと共にJ1復帰となった。

2020年、コロナの影響から降格なしとなったため、翌年は4チーム降格に。大分は18位で終えて降格。

2021年の天皇杯準決勝で川崎フロンターレにPK5-4で勝利。チーム初の決勝進出を果たした。
その翌週に行われた決勝で浦和レッズに2-1で敗退。最終結果は準優勝に終わった。

スタジアム

大分スポーツ公園総合競技場
(命名権名称 昭和電工ドーム大分)

開閉式屋根を持つ陸上競技場であり設備は良い。ただし芝は他チームの監督どころか当の大分サポから不満が出るほど酷かった。

駐車場はスタジアム公園内でも充分な数。さらに隣接して大分県最大のショッピングモールパークプレイス大分もある。
しかし最寄り駅からは相当離れており、大分駅からはシャトルバス利用。

大分市街と大分空港も距離があり、16時以降キックオフの試合だと当日中に関東には帰れない(関西へは新幹線で間に合う)。

マスコットキャラクター

公式マスコットは、亀がモチーフのニータン(右)。
その容姿や「おつかめさまです」「バイタン」といった言葉づかいで、
他チームのサポーターの心さえ掴んでしまう。
最近twitterを始めたが、そこでもやっぱり可愛い。

強化部と一部のゴール裏に捧ぐ



また、準(?)公式マスコットとして、ウサギがモチーフの「リッジー」(左)がいる。
準(?)公式扱いとはいえ、リッジーのデビューはニータンよりも早く、
ニータンもまた、「リッジー先輩」と呼んでいる。

関連タグ

サッカー Jリーグ
ヴェルスパ大分:同じく大分県を本拠地とするサッカークラブ。こちらはJFL所属。
指原莉乃:大分県出身であり、自身のtwitterでもことある事にトリニータに触れている。また、指原がセンターを務めた「恋するフォーチュンクッキー」のMVにはニータンも登場している。

九州地方に本拠地を置くチーム

アビスパ福岡 ギラヴァンツ北九州 サガン鳥栖 V・ファーレン長崎 ロアッソ熊本 テゲバジャーロ宮崎 鹿児島ユナイテッドFC FC琉球

関連記事

親記事

J2リーグ じぇいつーりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「大分トリニータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37094

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました