ピクシブ百科事典

浦和レッズ

うらわれっず

浦和レッズとは、Jリーグに所属するプロサッカークラブ。ホームタウンは埼玉県さいたま市。
目次[非表示]

解説

創設年1950年
加盟年1993年
ホームスタジアム埼玉スタジアム2002
クラブカラー
マスコットレディアファミリー


正式名称は「浦和レッドダイヤモンズ」。
1950年兵庫県神戸市に「中日本重工業サッカー部」として創設、後に「新三菱重工業神戸サッカー部」(1952年)、「新三菱重工業サッカー部」(1958年に東京に移転)、「三菱重工業サッカー部」(1964年、GHQにより分割されていた3社が合併に伴う変更)を経て三菱自動車サッカー部」(1990年)となる。
1993年Jリーグ発足とともに加盟。
(当初は経営はこれまで三菱自工が中心だったが2016年11月に三菱重工・三菱自工の共同出資により設立された持株会社「ダイヤモンドF.C.パートナーズ(株)」に三菱自工の株式を譲渡。これと別に三菱重工も出資している。)

ホームタウンは埼玉県さいたま市であるが、旧浦和市を本拠地としていたため、現在もこの名称である。

タイトルはJ1が1回(2006年)、ナビスコ杯が回(2003年)、天皇杯が2回(2005・2006年※さらにレッズ発足前に三菱重工として4回)。さらにAFCチャンピオンズリーグを2回(2007年・2017年)制覇している。

観客動員数、営業収益はJクラブ最多を続けている。

Jリーグ一過激なサポーターを擁する事で有名。
その過激さは本場イングランドのフーリガンさながらとも。
このサポーターはたびたび色々な事件を起こす。このことから、浦和レッズを嫌う人も多くいる。
ただし、あくまで事件を起こしたのはサポーター(フーリガン)であり、クラブ、選手ではない事を留意されたい。

浦和レッズに関する事件

JAPANESE ONLY横断幕事件

2014年、J1第2節「浦和レッズvsサガン鳥栖」戦において、ゴール裏客席入口に、一部サポーターがJAPANESE ONLYと書かれた横断幕を掲げた事件。
これは「日本人以外お断り」と読み取れる表記であり、メディア等で多数報道された。サッカー界では人種差別(ヘイト行為)は厳しく罰せられる。
掲げたサポーターは「人種差別の意図はなかった」としたが、浦和レッズの試合に対しては入場禁止処分となった。
浦和レッズは横断幕の排除が即時できなかったことから、2014年J1第4節「浦和レッズvs清水エスパルス」が無観客試合処分となった。
これはJリーグ史上初の事である。
このことに対する浦和レッズDF槙野選手コメント(Twitter)
件の写真つき。

文章のみ(ツイートが消えてしまった時のために)
今日の試合負けた以上にもっと残念な事があった…。
浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。
こういう事をしているようでは、選手とサポーターが一つになれないし、結果も出ない…

なお、掲げたサポーターによれば「近年ゴール裏に外国人が増えて、統率の取れた応援ができなくなっていたことに不満を感じていた」ことが動機であったという。クラブのために応援しに来てくれる外国人に観戦時のローカルルールや応援の方法を教える努力もせず、排除という形をとったのは意図の有無を問わず差別に値する行為である。

マスコット

「レディア」とその妻「フレンディア」、
そしてふたりの子供である「シャーレ」と「ディアラ」が、本クラブのマスコットだ。

祝2009年Jリーグ開幕



スタジアム

埼玉スタジアム2002

詳細は当該記事で。

浦和駒場スタジアム

Jリーグ開幕当初からのスタジアムである。現在トップチームが試合を行うことはまずないが、ホームスタジアムとしての登録は継続している。そもそもスタジアム名は、レッズが命名権を取得し他企業名が入らないようにプロテクトしている。
このスタジアムのアウェイエリアは、構造上からも隔離されており、通称出島と呼ばれている。

関連タグ

Jリーグ
大宮アルディージャ:浦和レッズと同じく、さいたま市を本拠地とするチーム。こちらは元々の本拠地が旧大宮市なせいで浦和との試合(さいたまダービー)は、因縁の対決を越えた代理戦争の様相である。
ジェフユナイテッド千葉:こちらのチーム名も親会社由来
女子サッカーなでしこリーグに下部組織の「浦和レッドダイヤモンズ・レディース」が参加。(前身はさいたまレイナスFC、かつては安藤梢が、現在は猶本光らが在籍。)
沢田タケシキャプテン翼)公式では所属している。

関連記事

親記事

Jリーグ じぇいりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「浦和レッズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228302

コメント