ピクシブ百科事典

浦和市

うらわし

かつて埼玉県に存在していた都市で、元・県庁所在地。現在のさいたま市南部(概ね浦和区、桜区、緑区、南区)に相当する。
目次[非表示]

概要

かつて埼玉県南部に存在していた都市)。県庁所在地として埼玉県政治行政中心を担っていた。

歴史

浦和江戸時代中山道宿場町として発達した。
明治時代県庁が設置され浦和県県庁所在地となった。
その後、浦和県は近隣の岩槻県忍県合併して埼玉県となったが、県庁は引き続き浦和に置かれた。
1934年から昇格したが、市制施行は県内では川越市熊谷市川口市に次ぐ4番目、全都道府県庁所在地では最も遅い市制施行であった。
大宮市与野市との合併は戦前から幾度も提案されてきたが、結論は出なかった。
2001年大宮市与野市と合併し、さいたま市の一部となった。
2003年さいたま市政令指定都市となり、旧浦和市域は概ね浦和区桜区緑区南区となった。埼玉県庁があるのは浦和区である。
旧浦和市域には埼玉県庁をはじめ、NHKさいたま放送局(旧・浦和放送局)、埼玉りそな銀行本店、さいたま市役所テレビ埼玉テレ玉)など、様々な重要機関が置かれている。
また、Jリーグ浦和レッズ本拠地でもある。

旧浦和市域にある主な鉄道


関連タグ

埼玉県 さいたま市 浦和 大宮市 与野市 岩槻市

コメント