ピクシブ百科事典

概要

いわゆる郊外と呼ばれるエリアに造成されたニュータウンである事が多い。
「朝近場ではない職場や学校に行くために家を出て、時間をかけて夜に帰る」という意味合いで生み出された和製英語である。

終戦後日本では経済成長や技術化が進む一方で人口が増加し、特に大都市においては深刻な住宅不足危機が予測された。
そこで1960年代以降郊外の農村部を中心に大規模なニュータウン開発が本格化し、1980年代以降も地方都市などでそれまでの中心街の外側に新たな住宅地が造成されるようにもなった。

古くからの下町繁華街などの都市の中心部と比べて住宅物件の程度や地価、家賃の条件が相対的に良好で、開発前後に多くの学校や病院が相次いで移転・開業する。
さらに山林や水田、池や小川などが公園緑地としての形で自然が多く残された事もあり、特にファミリー世帯には相性の良い住環境となって多くの移住者を生んだ。

2000年代以降の首都圏においては、バブル期の影響を受けた東京都心部の地価・家賃高騰の完全な沈静化、有名大学のキャンパス再編化、タワーマンションなどの巨大な集合住宅建設緩和による再開発化などによって人流の「都心回帰」現象が本格的に表面化する。

しかしながら東京都心部は、

  • 不動産価格や物価が相対的に高い
  • ロードサイド店のような大型のカジュアルな価格帯の小売・サービス店が少ない
  • 低地が多く水害液状化現象の危険性が高い
  • 自然豊かで閑静な地域が少なく、自然浴やアウトドアなどの趣味への欲望も含めた精神的な制限が大きい
などと評価される事が多く、郊外での生活を好む傾向は全体的に大して変わっていないという見方もされている。

また首都圏の郊外では、
  • 高齢者の逝去や転居
  • 工場や社宅の撤退
  • 公営団地の建て替え・改装
などで再開発・再分譲などが進み、若い世帯でも比較的転入しやすくなっているという声も多い。

近年は新型コロナウイルスの影響による(精神面も含めた)衛生意識の変化や働き方改革におけるリモートワーク化なども相まって、郊外の住宅開発や移住者も増加しつつある。

関連項目

都市 住宅街 都市計画 郊外
ニュータウン 通勤 通学

関連記事

親記事

郊外 こうがい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベッドタウン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130789

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました