ピクシブ百科事典

和製英語

わせいえいご

日本人が独自に作りだした英語表現のこと。英語圏の人には理解されない日本独自の言葉。
目次[非表示]

和製英語(わせいえいご)とは、英語を基に日本人が作った独自の表現である外来語の一種。
いわば、「英語のような日本語」。

概要

英語の要素を使っているが、日本人が自己流に造語したもので、日本独自の表現。
日本には元々、和製漢語和製漢字、明治以降の和洋折衷文化など、海外から伝えられたものをそのまま真似るんではなく、自分たちに見合ったものに作り変えて、大きく異なった独自のものにすることに長けており、和製英語もそうした部分から生まれたと言える。

字面はそのままでも意味が大きくずれていたり、略語の作り方が完全に違ったり、単語の組み合わせが英語としてありえなかったりする。そのため、日本の社会に詳しくない英語圏の人には通じないと考えた方が良い。

カタカナで表現される、英語が元になった言葉(横文字)はまずこれを疑ってかかった方が良いほど多い。特にスポーツ用語と家電用品は和製英語が多用される傾向にある。

ただし、言語の差による発音の違い(例としては「spring」→「"supuringu"」など。ジャプリッシュなどとも言われる)や、細かい意味の違い(「water」は「水」でも「湯」でもある)までは、きりがないので含まない。

当然、英語圏で使われている正式な表現が存在するのだが、そちらに修正されて広まる事は少ない。英語が基であっても、あくまでも「生きた日本語」として使われているためである。

くれぐれも、英語を話したり書いたりする際には、日本語の単語を英語の単語と混同しないように使おう。

和製英語と紛らわしいもの

以下のようなものがある。

マイナーな表現
省略型、業界用語、方言、記号の誤使用(X'mas。本来'は不要)など。

日本語由来の英単語
日本発祥・日本特有の物事を表す言葉のほかにも、「ツナミ(tsunami)」、「ボケ(bokeh)」(写真のボケ)、「タイクーン(tycoon)」(征夷大将軍の別名「大君」に由来)などがある。

英語以外からの外来語
和製外来語を含む。ヨーロッパの国名はポルトガル語オランダ語由来のものが多い。
フランス語ドイツ語由来のものも少なくない。
言語別に紹介する。その言語での意味が空欄の場合、日本語と大体同じ意味である。

フランス語

単語英単語解説・備考フランス語での意味
アラモードà la mode英語でもフランス語と同じ表記。
アンケートsurvey, questionnaireなど
オブジェobjet d'art複数形の場合、objets d'artとなる。物体
オマージュhomage英語の発音はホミッジ
クーデターcoup (d'etat)文脈上、riot(暴動)などでも代替可能。国家への一撃
(TV番組における)クールseason講義・流れ・過程
コンクールcontest, competition競走
シャンソンchanson
シュークリームcream puff英語とごちゃまぜで、フランス語ではchou à la crème(シュー・ア・ラ・クレーム)。
ズボンpants(主に米), trousers(主に英)脚をズボンと入れるからという説もある。スカートの下に履くペチコートのこと。
マロンchestnutmarron glacé(マロングラッセ)だけは英語でも使われる。
ルージュlipstick日本では「口紅」を意味する語として定着。(色としての)
レジュメsummary, abstract英語のrésuméは履歴書の意味。

英語では中世にフランス語から入った表現も多いが、それはこの項目の対象外。
嗜好品や料理関係では、英語でもフランス語をそのまま使っているものが多い。

ドイツ語

単語英単語解説・備考ドイツ語での意味
(アル)バイトpart-time job働く (動詞)
エネルギーenergy語源はギリシャ語。英語の発音はエナジー
カルテmedical/clinical recrd英語のcardとほぼ同じ意味。
ギプス(plaster) cast石膏(セッコウ)
ゲバルトviolenceドイツ語では「gewalt」と綴る暴力
ゲレンデski course/slop/run土地
デマrumordemagogieを短縮したもの。煽動(せんどう)
ノイローゼnervous breakdown, neurosis前者はその状態、後者は病名で個々の症例はneuroses。
メルヘンfairy tale
リュックサックbackpack(米), rucksack(英)
ワッペンemblem, sticker前者は記章、後者はステッカーの意味。紋章
ワンダーフォーゲルthe Wandervogel movement渡り鳥


オランダ語

単語英単語解説・備考オランダ語での意味
オルゴールmusic box, musical box(英)
ガラスglassオランダ語のglasも、発音は「グラス」に近い。
コックcook英語の発音はクック
ドイツGermanyオランダ語のDuits(ドイツ人)に由来。同語源の英語Dutchは、現代語では「オランダ人」。
ピントfocusオランダ語のbrandpuntが略された後さらに訛ったもの焦点
ブリキtin, tinplate英語はそのまま金属のスズを指す。
ベルギーBelgium英語の発音は「ベルジャム」
リウマチrheumatism日本語ではリューマチとも表す。
レッテルlabel手紙


ポルトガル語

単語英単語解説・備考ポルトガル語での意味
イギリスthe U.K./the United Kingdom連合王国成立より前に、構成国である「イングランド」からポルトガル語を経由して日本語に入った。
イタリアItaly英語は、「~の土地・国」を意味する「-ia」が「-y」に置き換わったもの。
オランダthe Netherlands, Holland低地諸州の構成州である「ホラント伯領」のポルトガル語なまり。
ボランチdefensive midfilderダブルボランチは英語+ポルトガル語の完全な和製英語。
パンbread, bun前者は一般的なパン、後者は菓子パンなどの小さくて丸いパン(参照:Wikipedia英語版「Bun」)。
シャボンsoap bubble英単語の意味は「シャボン玉」。石鹸

このほか、「ビロード」「ギヤマン」など(日本語の)外来語でも古語に類するものや、「合羽」「かるた」などのようにあまり外来語として意識されないものも多いが、きりがないので省略する。

ロシア語

単語英単語解説・備考ロシア語での意味
アジトagitating point"агитпункт"(アギトプンクト)が語源。(ロシア革命期の)宣伝局、扇動司令部
インテリintelligence英語とも同義だが、"интеллигенция"(インテリゲンチャ)が語源。知識人
カンパcampaign"кампания"(カンパニア)が語源。現在では「資金集め」の意味に特化された。大衆に運動を促すこと
コンビナートindustrial complex「комбинат」は英語では「complex」となる。共同体
ノルマquotaシベリア抑留兵が持ち帰った言葉と言われている規範・基準

他にも「イクラ」や「セイウチ」などのようにすっかり日本語として定着している単語も多く存在するが、きりがないので省略する、

その他の言語

もしあれば追加お願いします。

言語単語英単語解説・備考その言語での意味

主な和製英語

英語では別の意味を表す単語は斜体、厳密には和製英語でない単語は括弧書きにしている。また対訳が単語でないものなどは正式な表現を割愛した。

ア行

和製英語正式な表現解説・備考
アクセルaccelerator英単語の省略。
アダルトチルドレンadult children of alcoholics単に「アダルトチルドレン」とすると英語圏では成人した子供をいうので注意。
アパートapartment (building)(米), (block of) flat(s)(英)括弧のない方はアパートの1部屋、括弧をつける方は建物全体を指す。
アフターサービス(customer) service
アンバランスunbalanceun-という接頭辞は動作的・意図的意味が強く、"inbalance"を使う方が一般的。
イギリスthe U.K./the United Kingdom「ポルトガル語」の項目を参照。
イメージキャラクターmascot, poster boy/girl/child
イメージチェンジ(イメチェン)new lookなどその場に応じて適切な動詞と名詞を組み合わせて用いる。image changeという言い方はしない。
ウインカーturn signal, blinkers(米), indicator(英)
ウェットティッシュwet wipewet tissueもまれに使われることはある。なお、tissueの発音はティシュー
エキスextractextract(エキストラクト)の省略形。
エスパーpsychicExtraSensory Perception(超能力)の頭文字に「〜する者」の接尾辞"-er"をつけたもの。
エンカウントencounterエスパーの逆パターン。"-er"を接尾辞と思って外してしまったもの。
エンゲージリングengagement ring
オーダーメイドmade-to-order/made to orderなどハイフンのある方は名詞を修飾、ない方は補語(日本語で言う述語)として使用する。
オートバイmotorcycle, motorbikeauto(自動) + bicycleまたはbikeが語源とされる。
オープンカーconvertible, soft-top(米), open-top car(英)


カ行

和製英語正式な表現解説・備考
カレーライスcurry and rice, curry with ricecurry rice, curried riceでも通じることは通じる。
カロリーオフdiet, low calorie
ガソリンスタンドgas station(米), petrol station(英)などpetrolは石油の英語での正式名称。
カッターシャツ(formal) shirtカッターはcutterではなく、掛け声の「勝ったー」から。
ガムテープpacking tape
カンニングcheatingcunningは「ずるがしこい」の意。
キーホルダーkey chain/ring英語では「鍵を入れる入れ物」を意味する。
キスマークlove bite, hickey(俗語表現)
キャッチコピーcatch phrase
キャッチボールcatch「キャッチボールをする」はplay catch。
キャリアアップcareer enhancement
キャンペーンガールad girl, sales promotion girl
(クーラー)air conditioner英語圏でcoolerでも通じないことはないが、近年は暖房も含めて左記の表記が一般的。日本でも近年はエアコンのほうが優先的に使用されている。
クレームcomplaintclaimは「請求する」という意味であり、基本的に正当なものである。
クレパスpastel crayonクレヨン(crayon)は元々フランス語。
軽トールワゴン英語にはない表現。おそらく軽+tall+wagonと思われる。
ゲームセンター(ゲーセン)video/amusement arcade
ゴールデンウィーク'Golden Week' holidayslate spring holidaysなどとも表現される。もちろん、英米を含めた海外にはゴールデンウィークはない。
ゴールデンタイムprime time日本語にもprime timeは存在し、ゴールデンタイム(午後7時〜午後10時)を午後11時まで延ばしたものと同義。
コミックソングnovelty song
ゴムrubber英語のgumは主に生ゴムを指す。
コンセントoutlet差し込む側のプラグは英語でもplug。
コンビニconvenience store英語では「便利な店」という意味。日本語では「店」を意味する部分を省略してしまっている。
コンプレックスinferiority complexcomplexのみだと「共同体」「集合体」などの意味となる。


サ行

和製英語正式な表現解説・備考
サイキッカーpsychicエスパーなどと同様。
サイダーsoda popciderは発泡性のリンゴ酒(シードル)の意。
サインautographsignは「記号、符号」という意味。なお「署名」の意味ではsignature。
サインペンsoft tip pen商標名。
サラリーマンoffice workersalarymanという単語は英語に逆輸入されている。
(具材名)サンドsandwichサンドイッチから。
(シール)sticker封印紙という意味ではsealを用いる。
シェイプアップget into shape(動詞)ニュアンスとしては「しっかりしなさい」であり、ダイエットとは無関係
ジェスチャーbody language英語のgestureは「姿勢・格好」の意味の方が強い。
ジェットコースターroller coaster
ジェンダーフリーgender equality
システムキッチンbuilt-in kitchen
シャープペンシルmechanical pencil商標名。SHARPの創始者である早川徳次の発明品。
(〜ジャック)ハイジャック(hijack)から派生した和製英語。ただしjackには米の俗語で「〜を盗む」という意味もある。
スイートルームsuite一揃いのという意味。
スキンシップbody contact
スーツアクターstant man
ステッキガールcompensated dating戦前の言葉。死語。
スマートslendersmartは「頭の回転が速い、賢い」の意味。
スリーサイズmeasurements/vital statistics前者は主に書き言葉、後者は話し言葉で用いられる。ただし「寸法」と言う意味ではsizeも使われる。
ソフトクリームsoft ice cream


タ行

和製英語正式な表現解説・備考
タッチペンstylus複数形はstyliとなる。
タレントcelebrity, personality英語のtalentは「才能」「才能がある」などの意。
段ボールcardboard
チアガールcheerleader
チキンレースchicken (game)欧米ではレースではなくゲーム。
チャックzipper商標名より。
デパートdepartment store英語のdepartmentには「(大きな集まりの)一部の部署」というニュアンスがある。
(テイクアウト)go, carryout(米など), takeaway(英)日本の「こちらでお召し上がりでしょうか」に該当する定型句として"for here, or to go?"と聞かれるケースが多く、店内で食べる場合は"here."と答える。なお、最近ではtakeoutも使われることもある。
テンションspiritsハイテンションは形容詞"hyper"なども使える。
ドライカレーcurried pilaf fried in a pandry curryは「汁気のないカレー」の意味。
トランプplaying cards本来のtrumpとはカードゲームにおける「切り札」という意味だが、2016年以降ではあの人のイメージが強い模様。
ドリンクバー英語にはない表現。


ナ行

和製英語正式な表現解説・備考
ナイターnight game最近は一部のニュースなどではナイトゲームと言われるようになってはきている。
ニューハーフshemale
ノースリーブsleevelessこの単語に限らず『ノー』から始まる和製英語は多い。
ノーヒットノーランno-hitter英語の方が正確に表現している。
ノーブラbralessノースリーブに同じ。
ノンステップバスlow-floor bus


ハ行

和製英語正式な表現解説・備考
バーゲン(bargain) salebargainは「安売り」という意味ではなく、「掘り出し物」という意味。
ハートフルhearty
(バイキング)buffet昔の北欧の海賊を指す場合はVikingで可。
バイクmotorcycle, motorbikebikeはbicycle(自転車)の省略形。英語圏ではエンジンの有無に関係なく使用される。
ハイソックスknee sock(s)ニーソではない。
ハイタッチhigh five
ハイテンションexcited, enthusiastic, hyperなど電気分野ではhigh tensionでも可。
バックミラーrearview mirror
バトンタッチbaton pass
(パンツ)underwearなど英ではpantsを用いることも多い。
パンティーストッキングpantyhose(米), tights(英)
車などのハンドルsteering wheelバイクや自転車の場合はhandlebar。
ハンドルキーパーdesignated driverハンドルが和製英語なので、当然こちらも和製英語である。
バンズbun当該記事参照。
ハンバーグhamburger (steak)
(具材名)バーガーsandwichハンバーガーから。
ビート板kickboard英語ではバタ足のことをkickと表現することから。
(複合語で)ビニールplastic 〜ビニール袋ビニールハウスなど。なおビニールテープのみはvinyl tapeで、日本語と一致する。
ピンヒールstiletto heelstilettoとは鋭い短剣のこと。
ファイトit’s now or never,go for it大半の格ゲーのラウンドコールも本来の英語としては間違い。むしろEternal Fighter Zeroのように正しい表現で使っている方が珍しい。
フォアボールwalk, base on ball
フライドポテトfrench fries(米), chips(英)
フライングfalse start英語でflying startだと「飛ぶようなスタート=絶好調」になってしまう。
フライングゲット(フラゲ)英語にはない表現。上記和製英語からの派生。
プロポーズリングengagement ringエンゲージリングに同じ。
フロントreception日本語でレセプションといえば、一般的にはパーティなどのことを指す。
フロントガラスwindshield, windscreen
ベットbed古い表現でしばしば見られる。ただし、ドイツ語では"bett"、オランダ語は綴りが"bed"で発音は「ベット」。
ベッドインmake loveなど多数単に「就寝する」の意味では"go to bed"。
ベッドタウンsubarb都市郊外住宅地
ペットボトルplastic bottle理科教科書では「プラスチックのびん」と表記していたこともある。
ペイントツールraster graphics editor
ポエマーpoetpoem + erという日本人的な誤用がそのまま定着したものと思われる。
ホームページwebsite英語でも日本語と同じ意味でつかわれることもごくまれにあるが、通常home pageはインターネットを開いた最初のページを指す。
ホッチキス(ホチキス)staplerホッチキスはそれを発明したアメリカ人の名前。


マ行

和製英語正式な表現解説・備考
マイブームpersonal taste
マイナスイオンnegative ion正式な表現は「陰イオン」で、マイナスイオンと言う概念自体英米にはない。
マイクロバスminibus米ではmicrobusも使われることがある。
マジックインキ(マジックペン)marker (pen)マジックインキは日本での商標名
マリッジリングwedding ringエンゲージリングに同じ。
マグカップmug近年では〇〇マグの形で正しく使用される企業も増えてきた。
マスコットキャラクターmascot
マンションapartment house本来は「邸宅、大豪邸」の意味。
ミシンsewing machine「マシン(machine)」がなまったもの。
ミニカーminiature car玩具については和製英語。「小型の自動車」という意味であればminicarでも通じるが、microcarのほうが一般的。
ムーディ日本語では「ムードのある、(いい意味で)哀愁漂う」といった意味だが、英語では「気分屋の、(悪い意味で)憂鬱な」という意味になる。
ムードメーカーthe life (and soul) of the partyトラブルメーカーからの誤用がそのまま定着したものと思われる。
モーニングサービスbreakfast special英語でmorning serviceは「朝の礼拝」という意味。


ヤ行・ラ行・ワ行

和製英語正式な表現解説・備考
ユニットバスmodular bath
ライブハウスclub (with live music)
ラブコメディ(ラブコメ)Romantic Comedy
ラブホテルlover's rendezvous, (単に)hotel
リクルートスーツdark suit (for the interviews)主に黒色なため。
リストカットwrist slitting
リフォームremodel/renovatereformは「(政治などでの)改革」という意味。
リベンジreturn matchrevengeには「報復、復讐」といった日本語よりもきついニュアンスがある。
レアメタルcritical metalsレアメタル=critical metalsではない。
レースクイーンgrid girl
レベルアップimprove, elevate, raiseなど全て動詞として使う。なお、ゲームにおいてのみlevel upという使い方もできる。
電子レンジmicrowave ovenこの名称は国鉄により決められた。
ロスタイムadditional time最近ではTVでもアディショナルタイムと表記。
ロマンスカー英語のlove seat(意味:2人掛けの座席)に当たる和製英語、ロマンスシートから派生。
ワイシャツ(dress) shirtワイシャツの略より。Yシャツではない。
ワンボックスカーminivan(米), people carrier/mover(英)


略字ほか

和製英語解説・備考英語での意味
BL和製英語boy's loveの略。法学士や文学士、イギリスの自動車メーカーを指す。
DOM和製英語Download Only Memberの略。下記のROMにちなんだものDocument Object Modelやドメインモデルなど多数。
DTMDTP(Desk Top Publishing)をもじった和製英語。電気工学の理論の一つを指す。
GL和製英語girl's loveの略。英語圏ではShoujo-Aiなどと表記される。
NL和製英語nomal loveの略。大リーグのナショナルリーグなどを指す。
OLfemal/woman office workerが正しい表現。
ROM和製英語Read Only Memberの略。本来の英語の略称をもじったもの。Read Only Memoryの略。
TPOTime(時)、Place(場所)、Occasion(場合)の最初の文字を合わせた語。
TRPGRPGは英語のroll-playing gameより。


関連イラスト

和製英語の各語に由来するイラストは多数あるが「和製英語」タグそのものが付けられた作品は存在しない。というより、和製英語という言語体系そのものをネタにしたイラストでもない限り、タグとしては個別の単語の方をつけるべきである。

ガンバッテ♪
動物はあたためないでください



関連タグ

日本語 英語 All_your_base_are_belong_to_us
コインいっこいれる

外部サイト

Wikipedia:和製英語
和製英語・カタカナ英語辞典

コメント