ピクシブ百科事典

敬語

けいご

待遇表現の一つです。「です」「ます」などを伴う言い方などが敬語です。
目次[非表示]

概要です

対人による言語表現の一つで、相手や第三者を立てたり、改まった態度を取ったり、礼儀正しさを示したりなどするときに用いる話し方や特別な言葉を指します。現在、尊敬語・謙譲語(謙譲語Ⅰ)・丁重語(謙譲語Ⅱ)・丁寧語・美化語の五つに分類されています。

尊敬語

相手や第三者の行為・状態・物事などに対して敬意を表す語や言い回しです。助動詞の「(ら)れる」、接辞の「お・ご・様・御中」、特定の言い回し「おっしゃる・いらっしゃる・陛下・貴社・各位」など。目上に用いられる敬称や役職名も、広義の尊敬語に含まれます。

謙譲語(謙譲語Ⅰ)

自分(側)が、相手や第三者に対する行為を控えめに、または自分(側)の物事の程度を低く表現することで、相対的に敬意を表す語や言い回しです。敬うべき相手に対して「ご○○する・伺う・申し上げる・お手紙」など。広義では丁重語も含めて「謙譲語」といい、「敬語の指針」ではこの謙譲語を「謙譲語Ⅰ」、丁重語を「謙譲語Ⅱ」といいます。例えば「①申し上げる(謙譲語Ⅰ)/②申す(謙譲語Ⅱ)」は、①は必ず高めるべき相手に使いますが、②はその制限がありません。「課長にはお礼を申し上げておきます/妹にそのことは申しておきます」

丁重語(謙譲語Ⅱ)

自分(側)の行為・物事・人などについて、相手に対して改まった表現をする語や言い回しです。「申す・参る・弊社・愚息」など。謙譲語Ⅰとは違い、年下・家族・様子などに対する行為や表現にも幅広く使えますので、必ずしも対象に敬意を表しているわけではありません。

丁寧語

言葉の末尾に表れるもので、最低限でもそれをつけることで、丁寧で改まった言葉遣いをしていると認識できます。「~です・~ます・ございます・そうろう」など。基本的に、年上に敬語を使う場合は「~です・~ます」と「下さいませ・お(ご)○○ください」は必ず使わなければなりません。

美化語

何らかの物事を、接頭語をつけるなどして丁寧かつ上品な表現にする語です。「お茶・ご飯・お暑い」など。単独では敬意のある表現にはなりません。かつて「丁寧語」といいましたが、「敬語の指針」により現在の丁寧語と分離されました。「おてて」など、幼児語は美化語には含まれません。

二重敬語にご用心

一つの語について、同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」といいます。例えば「お読みになられる」は、「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で、更に尊敬語の「れる」を加えたものを指します。「お〇〇になられる・ご〇〇になられる」のように、「に」を介し、接頭語を冠した動詞連用形や「~する」の形で使える名詞に続く場合、「なられる」は受身や可能の意味でなければ、一般的に不適切な表現とされます。「各位」に「様」をつけた「各位様」も二重敬語です。

ただし、語によっては、習慣として定着しているものもあります。

【習慣として定着している二重敬語の例】
(尊敬語) お召し上がりになる,お見えになる
(謙譲語Ⅰ)お伺いする,お伺いいたす,お伺い申し上げる

「召し上がる」「見える」「伺う」は単独で敬語として用いられますが、これらの定着した表現は接頭語をつけて用いても問題ありません。「どうぞお召し上がり(になって)ください」「お客様がお見えです」「○○についてお伺いできますか?」という言い方もこの定着した表現と見なすことができます。

また、「部長さん・プロデューサーさん」などという表現(二重敬称)については、「部長・プロデューサー」は役職名なので単独で敬称としても用いられますが、口頭では親しみをこめて「さん」をつけて言うことも多いようです。特に改まった場面では「さん」を除いて「部長・プロデューサー」というのが一般的です。

敬語属性とは何でしょうか

 現実には恐らく存在しないと思われますが、セリフの何から何まですべて敬語、独りごと、モノローグ慇懃無礼に至るまでですます調なキャラクターのことです。例えばミート君サシャさんなどは普通にしゃべれますから、適応外となります。

具体例でございます


発展形ですぅ


慇懃無礼系


関連項目にございます

国語 時代劇 語尾 敬語妹 
ですわ:この語尾のキャラはまとめてこちらに。

pixivに投稿された作品 pixivで「敬語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182218

コメント