ピクシブ百科事典

メタル・リー

めたるりー

メタル・リーとは漫画『NARUTO』の登場人物。
目次[非表示]

人物

ロック・リー息子
漫画版最終回のエピローグでリーと修行しているシーンが描かれたのが初出だが、その時点では名前とリーとの関係は明記されておらず『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』の予告PVにて判明した。

太眉など父親であるリーと顔立ちが非常によく似ている。母親はまだ不明、というより、作者全く考えていなかったため作中に登場しない。
「母親は作者が考えていないから不明、というのが公式設定」というある意味珍しいキャラである。

マイト・ダイマイト・ガイ、ロック・リーから数えて4代目の努力の天才、そして八門遁甲の継承者と予測される存在。

映画でのCVはなしだったが、TVアニメの放送に併せて西谷亮が担当することとなった。

BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-

アニメでは第三話からメインキャラとして登場、山に篭って修行をしたりと親譲りの努力家。
基本戦法はもちろん体術。親の得意技である木ノ葉旋風も会得しており、手裏剣等の忍具の扱いにも長ける。アカデミーの担当教師である油女シノには「成績は優秀」とされており、「おちこぼれ」と(最初は)評されていた親とその師(更に言うならその師の親)とで一線を画す。
(描写こそ無いものの、上述のシノの高評価からすると忍術も扱えるかもしれない。)

ただし大きな弱点として極度のあがり症であり、人に注目されると途端にパニックになって本来の力を出せない。そのことがコンプレックスとなり、里を騒がせたゴースト事件では、ゴーストに憑かれてボルトと対峙してしまったことも。

どこか親に対して斜に構えているところがある他の新世代木ノ葉忍の面々と違い、父親のことは「パパ」と呼び尊敬している。もちろん父親の師のガイも憧れの対象。

アカデミー卒業後は結乃イワベエ・雷門デンキと共に第5班を組んで晴れて下忍に。
下忍になってからも緊張癖は治っていないが、父とガイらの荒療治によってその悪癖すらも体術に取り入れた変則的な動作を会得し、さらに「八門遁甲」の初歩にも自力で至っている。

関連タグ

BORUTO-NARUTO THE MOVIE-
ロック・リー 新世代木ノ葉忍 雷門デンキ

pixivに投稿された作品 pixivで「メタル・リー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 424741

コメント