ピクシブ百科事典

奈良シカダイ

ならしかだい

「奈良シカダイ」とは、漫画・アニメ『BORUTO』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV: 小野賢章
第四次忍界大戦から数年後に生まれた、奈良シカマル奈良テマリの一人息子。

全体的な容貌はシカマルそっくりだが、目はテマリ譲りの緑色の瞳のツリ目。名前の由来はおそらく、台形から(祖父にあたる奈良シカク四角、父親の奈良シカマルは)。

うずまきボルトうちはサラダ山中いのじん秋道チョウチョウとは親つながりで顔見知り。特にボルトとは親友の間柄。姉の弟にして五代目風影である我愛羅カンクロウは叔父であり、我愛羅の義理の息子のシンキとは義理の従兄弟にあたる。

ボルトたちと忍者学校に同期入学し、卒業後は風祭モエギが隊長を務める第十班にいのじん、チョウチョウと共に「新猪鹿蝶」を結成し活動している。

最強ジャンプで連載されている『BORUTO SD』にも登場。ツッコミ役に回ることが多い。本編同様、やはり怒った時の母親を苦手としている。

プロフィール

誕生日9月23日
星座てんびん座
好きな食べ物刺身、水茄子
嫌いな食べ物ほうれん草
趣味昼寝、将棋、ゲーム(シミュレーション)


人物

性格は少年期のシカマル同様面倒くさがり屋だが、困っている人や危なっかしい人を見ると何かと世話を焼き気にかける。シカマルとテマリの頭脳明晰で判断能力の高い面もしっかり受け継いでいる。その優秀さから、奈良一族の長から政治家への道に進められたこともある。

下忍になったばかりの頃は他の同世代の忍と同様に過酷な戦争を経験していないこともあって忍としての自覚に乏しかった。
しかし、場数を踏むことで責任感が芽生え、真面目に任務に取り組むようになる。

中忍試験後は誰を昇格させるかナルトとシカマルは頭を巡らしており、最終的に『岩隠れの動乱事件』で独自の判断力を評価されて唯一中忍となった。父と同様に異例の速度である。

そんな彼も怒った時の母親は苦手。血は争えないということか…。

能力

影真似の術


両親の優秀な頭脳を活かし、任務では隊長不在時の作戦立案・現場指揮を受け持つことが多い。
使用する術も奈良一族秘伝の「影縛りの術」で、いのじん・チョウチョウとのコンビネーション「新猪鹿蝶」で戦闘を行う。
テマリが得意とした風遁も会得しているが、当初はシカマルの顔を立てるため使用を控えていた。しかし、下忍になってしばらくしてから「持てるもの全て使って奈良一族の家名を示す」ことに方針転換し、テマリの扇子を使用して風遁の術を披露したこともあるが、やはりチャクラ量が少なく、術の持続時間が短いのが不安材料である。

関連イラスト

奈良家Log+α
シカダイお誕生日おめでトゥ2017


シカダイくんとか奈良家周辺らくがき
奈良親子


97話とか
Twitter log2



関連タグ

NARUTO BORUTO 新世代木ノ葉忍
奈良シカマル テマリ 新猪鹿蝶
山中いのじん 秋道チョウチョウ 風祭モエギ

関連記事

親記事

新猪鹿蝶 しんいのしかちょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「奈良シカダイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9300026

コメント