ピクシブ百科事典

秋道チョウチョウ

あきみちちょうちょう

秋道チョウチョウとは、「NARUTO」最終回に登場するキャラクターである
目次[非表示]

概要ですけど何か?(ネタバレ注意ですけど何か?)

CV:白石涼子(BORUTO)

秋道チョウジカルイの一人娘。母譲りの黒い肌と父譲りの肥満体型が特徴の少女で、うずまきボルトうちはサラダとは忍者学校の同期に当たる。

秋道一族らしく食いしん坊で、甘味処をハシゴするために修行をサボるほど。それを山中いのじんに「待てデブ!」と呼び止められても「デブですけど何か?」とあっさり受け流すなど、母のマイペースな性格も継承している。

やや自意識過剰な面があり、

  • どこからどう見てもチョウジとカルイの面影があるのに「実は本当の親が別にいるのではないか」と思い、同期のサラダを伴い親探しの旅に出る。
  • サラダとボルトの会話に空気を読まず割り込もうとしたところを止めようとしたミツキのことを「自分に気がある」と思い込む。
  • 里を出た直後に奇襲してきた襲撃者の標的が自分だと思い込む。
など、外伝の序盤だけでもそれを象徴するエピソードに事欠かない。もっとも、こういうことは現実においても思春期を迎えた多感な年頃の女子にはありがちな話である。
うちはシンの一件が落ち着いた後に木の葉隠れ帰還。その際すらっとした男性を見かけて「父親ですか?」と声を掛けるもその男性こそ、チャクラを消費しスリムになった父・チョウジの姿だった。
父のその姿に改めて修行をせがむ娘・チョウチョウであった。

そして忍者学校を卒業、シカダイといのじんと共に新猪鹿蝶を組むが、劇場版「BORUTO」ではただポテチを食べてばかりで見せ場が全くなかったどころか、CV自体なしという扱いで出番を終えてしまっている。外伝で主要キャラとなったのはこの扱いを不遇に感じた岸本先生の温情なのだろうか...。

しかし、「BORUTO」BD/DVD付属の短編アニメ『ナルトが火影になった日』にて漫画版にもなかった出番が追加され、同期よりも1年遅れでCVが付くことになった。(正確なCV初披露はジャンプフェスタ2015NARUTOステージで行われた外伝ストーリー生アフレコでの収録出演なので4ヶ月後遅れとなる)

プロフィールですけど何か?

誕生日8月8日
星座しし座
好きな食べ物大体なんでも
嫌いな食べ物ほとんど何も
趣味食べ比べ、TVドラマ鑑賞


能力ですけど何か?

秋道一族の倍化の術を使っているが、忍術学校時代にすでに部分倍化の術を使いこなしている。

関連タグですけど何か?

NARUTO 秋道チョウジ カルイ
奈良シカダイ 山中いのじん うちはサラダ

pixivに投稿された作品 pixivで「秋道チョウチョウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3679708

コメント