ピクシブ百科事典

筧スミレ

かけいすみれ

「筧スミレ」とは、アニメ「BORUTO」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:遠藤綾

プロフィール

誕生日6月12日
星座ふたご座
身長147.0cm(12歳)
好きな食べ物パンの耳を揚げたの
嫌いな食べ物特にない(昔貧乏だったので)
趣味貯金、漬物


概要

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」の前日談であり、ボルトたちの忍者アカデミー時代を舞台にしているテレビアニメ版『BORUTO』から登場するキャラクター。

紫色の長髪を三つ編みにしており、セーラー服のような服装をしている。

木ノ葉隠れ忍者学校ではうずまきボルトらが所属しているクラスの学級委員長を務めていた。ボルトたちからもアカデミー卒業後も「委員長」とあだ名感覚で呼ばれている。

個性的な生徒の多いクラスをまとめるのには苦労しており、「はわわ...!」が口癖。大人しくおしとやかな性格で、裁縫や料理が得意。

両親は既に他界しており天涯孤独。

アカデミー卒業後は日向ハナビの担当する、第15班の下忍として伊豆野ワサビ雀野なみだとスリーマンセルを組み活動している。

漫画版にも登場している。こちらではアカデミー卒業後は中忍試験は受けず、カタスケの下の元科学忍具の開発に関わっている。ボルトに好意を抱いてるそぶりを見せておりうちはサラダをけん制するような発言も。

関連イラスト

無題
委員長



関連タグ

BORUTO 新世代木ノ葉忍 ボルスミ

ネタバレ

以下、作品序盤の大きなネタバレ注意。




























彼女の本名は信楽スミレ。木ノ葉隠れの里で起こっていた謎の暴走事件、通称「ゴースト事件」の犯人。

委員長
委員長


彼女の父・信楽タヌキはかつて「」で禁術「牛頭天王」の開発に携わっていたが、「根」の頭目である志村ダンゾウの死後は妻子を連れて地下に潜伏し、ダンゾウの武闘派路線とは逆の平和路線へ向かう木ノ葉を恨み、他里への侵攻用に使うための「牛頭天王」で復讐を目論んでいた。
しかし、数年前に妻が死亡し、自身も病で余命幾ばくもなくなり、完成した「牛頭天王」の印をスミレの背中に刻みつけ「木ノ葉への復讐」という大願を託し死亡した。
父の遺志を半ば強引に継がされた彼女は、自身の存在意義を果たすため経歴を偽って木ノ葉の忍者学校に入学し、「牛頭天王」発動に必要な「人間の負の心から生じるチャクラ」を集めていたのであった。
これが「ゴースト事件」の真相である。
また、本来は多彩な水遁を扱う等、彼女を追っていた木の葉の忍が本当に下忍かと疑うほど、彼女自身の戦闘スキル自体は高い。

だが、「負のチャクラ」を見る眼を持つボルトの存在、事件の担当者に元「根」の山中サイがいたこと、そして復讐計画を把握していた者が送り込んだミツキにずっと監視されていたという複数のイレギュラーが生じ、チャクラ蒐集が不完全な状態で自身の犯行を見抜かれてしまう。
追い込まれた彼女は「牛頭天王」でを口寄せし里で暴れさせるが、駆けつけたボルトに追い込まれ異空間に逃亡する。それでも追ってきたボルトとミツキ相手に奮戦し果てには鵺と一緒に自爆して果てる道を選ぶが、刷り込みにより自身を親と認識していた鵺に命令を聞いてもらえず、ボルトからの必死の説得を受け戦意を喪う。
そしてボルトが差し伸べた手をとり、崩壊する異空間から脱出した。

無事に脱出し戦意は失ったものの、里に対しての行いから木ノ葉に保護され、一時アカデミーから離れた。本人もその行いを悔やみ、里から離れることも考えていた。
しかし、サイが『過去の亡霊が起こした事件だ』と言って処置を考慮してくれたり、担任のシノは保護観察となるであろうと聞くと直ぐ様に『(その時は)私が面倒を見ます』と抗議したりなど里の大人達が彼女に力添えをし、そして本人も自分の本心に従い、彼女は無事アカデミーに戻ることとなった。

こうして、人が突然黒い影に取り憑かれる奇怪な「ゴースト事件」は、幕を閉じた。


真の関連タグ
復讐者 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「筧スミレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1133181

コメント