ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:浅井清己


日向一族宗家の次女で、日向ヒナタの5歳下の

階級は下忍THELAST)→上忍BORUTO

姉を超える才能と実力を持つと言われ、父親の日向ヒアシから英才教育を受けている。趣味はヒアシとの修行。日向一族の跡取り候補。


第一部ではヒナタの回想シーンに登場したほか、父と共に中忍試験の本戦を観戦していた。

第二部ではペイン襲撃時に名前が出たもののヒアシ共々里を離れていたため本編では出番がなく、ようやく登場したと思ったら無限月読にかけられた姉が見ている夢の中での登場だった。

スピンオフ作品である『ロック・リーの青春フルパワー忍伝』では二部での姿で登場している。


2014年12月6日公開の『THELAST』では大筒木トネリが放った傀儡によって攫われ、何と両目を奪われてしまうが、最終的にナルトに敗れたトネリからヒナタが目を取り返し、元通りになっている。EDでは第四次忍界大戦で戦死した日向ネジの遺影を携え、父と共にナルトとヒナタの結婚式に出席し、二人の門出を祝福している。


原作でもTVアニメでも出番があまりないため、彼女の人物像や設定は原作終了後に色々と詳細に掘り下げられている。


人物

登場初期は父ヒアシに似て落ち着いた性格で、「趣味は修行」という超がつくほど真面目な少女。フルパワー忍伝で二部の姿で登場した際も、その部分は変わっていなかった(なぜかロック・リーに「黙れゲジマユ!」と言って嫌っている様子を見せているが)。


しかし映画『THELAST』では、平和な時代が訪れた影響なのか、年相応にオシャレや恋愛に興味を持ち始めたようで、なかなか積極的になれないヒナタをからかいつつも姉の恋路を応援したり、クナイにストラップをつけてみたりと、引っ込み思案で控え目な姉とは真逆の、快活なお転婆娘となっている。


若干別人のようにも感じるくらいの変わり様であり、もしかするとこちらが素で、後述の経緯もあり無理をして真面目に振る舞っていたのかもしれない。何気に猫口にもなっていた


なお、上述の通りナルトとヒナタが結婚したことで彼女はナルトの義妹となり、更に二人の間に生まれた子供達叔母となっている。

BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS』では、

屋敷を訪れた甥のボルトと姪のヒマワリに対し、「お姉ちゃんよぉー!!」と叫び、満面の笑みで二人を抱きしめながら歓迎しており、

ハナビはボルトとヒマワリをかなり可愛がっているようである。

また、うずまき一家に自ら手料理を振る舞い、

特にボルトに対しては手料理の味を褒められることを特に喜び、ハナビ自ら寄り添い肉じゃが食べさせてあげているなど、

うずまき一家との仲もかなり良好なようである。

この関係から以前よりもメディアへの露出が増え始めている。


どこか軽いノリの軽口を叩いてくる可愛らしい喋り方や、甥っ子にウィンクしてみせたりと愛嬌のある言動が目立つも、

「父に対し軽口を交えて見せつつも、老齢の域に入りつつある身体を気遣っている」

「ボルトとの手合わせの後、『ボルトに白眼が開眼した様子は見受けられない』ことは認めつつも、直後に『今回確認できなかっただけ』である可能性も告げ「信じていないわけではない」とフォローも入れる」

(ボルトにウインクしてみせながら)「ま、何か困ったことがあったら、お姉さんに相談しに来な」

など、言葉の端々にさりげなくも相手を気遣う優しい心が垣間見える女性となっている。


ボルト達の忍者学校卒業後は、第15班の担当上忍として筧スミレ伊豆野ワサビ雀乃なみだを率いる。

当初は自身の出自に起因する事件や口寄せのことを隠していたスミレのことを陰ながら案じていた。

なみだが自身の超音波攻撃の代わりに水遁を極めようとした際は、かなりの熱血コーチっぷりを披露している他、教え子たち、特にワサビが無茶をした際の説教は非常に長い。

スミレが科学忍具班へと転属となったことで班を抜けた後は鉄の国からの留学生、侍少女の鉄ツバキが新しく部下として入る。


谷の国に於ける柱間細胞に端を発した疑似神樹事件後に岩隠れの里へ特使として赴き、四代目土影に『』の暗躍が遭ったのを報告する。


姉との関係

上述の通り原作・アニメ共々出番が殆ど無かったため、姉のヒナタとの関係がどのようなものか不明なまま原作が終了してしまったが、原作終了後にアニメで初めてハナビが主役のエピソードが制作され、ハナビは姉のヒナタを慕っていることや、自分が姉以上の素質を持つとされたことから、次第に自分が生まれながらに背負った運命に囚われるようになっていった事が明かされた。


姉に代わって自分が日向家を守っていかなければならないという使命感から貪欲に強さを追い求めるハナビだったが、やがて壁にぶつかってしまい、更に落ちこぼれの烙印を押されながらもナルトの影響を受けて着実に成長していく姉の姿を見て、次第に疑問を持つようになる。


そんな時、自分と父の留守中に木ノ葉の里のペインに襲撃され、ペインから里を守ったナルトの勝利にヒナタが大きく貢献した事を聞いたハナビは、姉は本当は落ちこぼれなどではなく自分で自分の進む道を決め、自分の運命を変えたのだということを悟り、運命ではなく自分の意思で宗家を継ぐことを決意した。


これを契機に、それまで少々ギクシャクしていたヒナタとの関係も改善したようで、『THE LAST』でも仲の良い姉妹の姿が描かれている。


余談

そんなわけで『NARUTO』ではほとんど活躍の機会がなかった彼女だがなんとゲームでプレイアブルキャラクターに抜擢されている。2回も。

ナルティメットヒーロー3では1部の少女時代・真面目なキャラ付けで登場。しかしまだ未熟な面も見られワザを出し切ったあとに転んでしまったりする。かわいい。

ナルティメットストーム4では二部での姿で登場し原作後に掘り下げられた少々お転婆なキャラ付けがされている。かわいい。


なぜほぼ出番0だった彼女が抜擢されたのかは誰にもわからない。やはりロリは正義だからなのか。



関連イラスト

第一部

牛乳とバナナが好きな日向の姉妹


第二部

ハナビちゃん

劇場版(二部から2年後)

映画公開おめでとう センシティブな作品


BORUTO

ハナビ姉ちゃんHanabi & Himawari

日向ハナビ


関連タグ

NARUTO 木ノ葉隠れ 日向一族 白眼 ハナビ班

NARUTOの登場キャラクター一覧

BORUTOの登場キャラクター一覧

関連記事

親記事

日向一族 ひゅうがいちぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41708682

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました