ピクシブ百科事典

新生うずまき一家

しんせいうずまきいっか

天涯孤独だったうずまきナルトが一人の女性の夫になり、二児の父親となった姿。その一家を中心に描かれた作品につけていただきたいタグ。
目次[非表示]

ネタバレ注意






















概要

Happy Birthday!


NARUTO原作700話(最終話)『うずまきナルト!!』にて、メインキャラクターたちが成人しそれぞれ父や母になった姿が登場。
その中で主人公であるうずまきナルトは念願の火影に就任しただけでなく、同期の日向ヒナタとの間に二児(兄のボルト、妹のヒマワリ)をもうけていることが描かれた。
そのため、既に存在するうずまき一家(ナルトとその両親を描いた絵に付けられるタグ)と区別するべく、「新生うずまき一家」タグが出来たのである。

※最終話ネタバレ防止の意味もあるため、子どもたちを含めた作品にはなるべくこちらのタグを推奨。




物語を見ればわかる通り、ナルトは生後間もなく両親を亡くし、里の人々からも疎まれて孤独な人生を送ってきたため、多くの人間に当たり前のようにある温かな「家族」という絆をようやく持つ事が出来たのである。「家族の愛は未来で待ってる」を実現しているともいえる。
最終話では、多忙な父に構ってもらいたいがためにイタズラを繰り返すボルトに、ナルトが「ずっとボルトだけの父ちゃんでいられねぇ」と言って聞かせるなど、息子に慕われていることや、家族を大事にしている姿など、人として、父としての成長が垣間見えた。
二児の母となったヒナタもまたヒマワリと共にネジの墓参りをしており、我が子を優しく見守る母として成長している様子が伺える。
残念ながら本編では4人が揃った所は見られなかったものの、ナルトとヒナタの馴初めを描く映画THELASTでは、エピローグにて一家団欒の様子が描かれ、原作終了後の各種イベントにて一家揃った作者書き下ろしイラストが度々掲示されている。
BORUTO」では主人公であるボルトの任務の様子の他、多忙ながらも家族を想うナルト、そんな夫と若くして危険な任務に身を投じる息子の身を案じるヒナタ、まだまだ家族に甘え盛りのヒマワリといった、うずまき家主体のエピソードも度々描かれている。

長らくナルトを見守ってきたファンの方々や、ヒナタの恋心を陰ながら応援して来た方など、「ナルトおめでとう!」「ヒナタおめでとう!」「お幸せに!」と心からの想いを込めて、このタグを付けて頂ければ幸いである。


原作では26話から謎の少年のカワキを居候することになる。



余談

うずまきプリキュア!!


劇場版「BORUTO」公開時点でナルトの中の人キュアルージュ、ヒナタの中の人キュアブロッサム、ボルトの中の人キュアドリームを演じており、後の2016年にヒマワリの中の人キュアフェリーチェ役に起用されたことで、うずまき一家全員の声優がプリキュア声優という状態になった。
特にナルトとボルトの中の人はプリキュア5では同志だったのが、映画では親子関係という格好になる。
なお、祖父・祖母にあたるミナトとクシナの中の人もも、ゴーヤーン青木静子役でそれぞれプリキュアシリーズに出演歴がある。
ちなみに、このような縁で、2019年3月にヒマワリの中の人がヒナタの中の人のライブにゲスト出演したこともある。

ナナラボ



あの国民的アニメ・漫画作品『クレヨンしんちゃん』の野原一家と家族構成が一緒である。「母方の祖父は厳格な性格だが孫には甘い」、「母方の親族に妹がいる」、「一人息子が父親似でイタズラっ子」、「一人娘が母親似で名前がヒマワリ(ただし字面は違う)」など共通点が多数ある。また、居候を住ませたりは飼ってはいないが、ナルトは体内にイヌ科の動物である狐の尾獣を飼っている。
なお、野原ひろし役は2代目として父方の祖父が中の人を演じている。両作品のキーキャラクターの「中の人」も同じ声優だったりする。

Wヒマワリ



関連イラスト

NARUTOまとめ+BORUTO
幸せの赤い渦


BORUTO
happy birthday naruto!!


うずまき一家
うずまき一家!



関連タグ

NARUTO BORUTO
うずまき一家 うずまき一族
うずまきナルト 日向ヒナタ うずまきボルト うずまきヒマワリ
ナルヒナ うずまき兄妹 カワキ 日向一族

関連記事

親記事

うずまき一家 うずまきいっか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新生うずまき一家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29559436

コメント