ピクシブ百科事典

THELAST

ざらすと

『THE LAST(ザ・ラスト)』とは、2014年12月6日に公開された劇場版「NARUTO -ナルト-」のタイトルである。
目次[非表示]

最後の物語は、はじめての愛。

作品解説

正式タイトルは『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』。2014年11月をもって、原作コミックが約15年の連載を終了した『NARUTO』の劇場版シリーズ第10弾にして、うずまきナルトが主人公である作品としては、最後の劇場用アニメ作品。製作発表時には「劇場版NARUTO最終作」として大々的に公表され、原作コミック終了決定というのも含めて日本全国もしくは世界中で騒がれるほど大きなニュースとなった。
『NARUTO』の劇場版シリーズは通常、夏休みに公開されるのが恒例であるが、『NARUTO 新時代開幕プロジェクト』の一環として制作された事への関係で、11月の原作の連載完結に合わせて、12月上旬の公開となった。
前作『ROAD TO NINJA』と同じく、原作者である岸本斉史自らがストーリー総監修・キャラクターデザインを手がける。監督は、2012年からアニメ版の演出を須間雅人という名義で行っていた、小林常夫

岸本曰く、今作はこれまでとは違い、原作にも繋がっている映画作品とのことで、最終話である700話が掲載したジャンプの裏表紙には本作が『699.5話』と銘打たれており、岸本自らがキャラクターデザインはもちろんストーリー監修も行っている。

さらに、公式サイトの作品紹介のページに「今回の映画はぶっちゃけ恋愛です!」とあるように、ずっとサクラを好きだと公言していたはずのナルトがヒナタと結ばれる過程が原作では描かれなかったため、それを補完する形になっている。

ストーリー

ナルトとサスケの因縁の戦いが決着した木ノ葉隠れの里。

それから2年後・・・冬の祭典が迫る木ノ葉隠れの里。ナルトはラーメン屋『一楽』で、共に成長した仲間たちと楽しい時を過ごしていた。そんな中、こっそり編んだマフラーに込めたヒナタの想いは、未だ届かずにいた。ずっと見守ることしか出来なかった自分を嫌うヒナタ。その時突如、謎の男が現れる。

間一髪でナルトが助けに入ったが「お前たちは滅亡する運命にある。その前にヒナタ、君を必ず迎えに来る」という奇妙な言葉を残して消えた。滅亡する運命とは?なぜヒナタが狙われるのか?

その時、強烈な光と共に隕石が夜空を貫いた!
緊急開催される五影会談。このままでは月が崩壊し、その残骸が地上に降り注いでしまうという。ナルトはサクラシカマルサイ、そしてヒナタと共に調査に向かい、巨大な呪印が刻まれた地底空間へとたどり着く。

そこで彼らを待ち受けていたのは『ある計画』と信じられない名前だった。里に現れた謎の男の名は大筒木トネリ。かつてナルトとサスケが死闘を繰り広げた末に封印した、チャクラの祖・大筒木カグヤの子孫だった。

彼が成そうとしている計画とは?

大筒木一族日向一族の間にある哀しき宿命とは?

それぞれの曲がらない想いが時を越えて激突する!

評価

公開されるやいなや、興行通信社の調べによる映画観客動員ランキングで初登場第1位を獲得、最終的には興行収入20億円を記録し、歴代劇場版シリーズで最高(当時)の大ヒットとなった。
そして、公開と同時に2015年8月にはナルトの息子が主役となる次回作が公開される事が正式に発表された事でも話題になった。

なお、今作で監督・ストーリーコンセプト・画コンテ・イメージボードを務めた小林常夫は、公開から約半年後の2015年5月に、享年約50歳(49歳?)で他界した(その原因や正確な享年については、まだほとんど公表されていない)ため、彼にとっては、1996年6月公開の『映画 忍たま乱太郎』以来2度目のアニメ映画監督作にして事実上の遺作となった(なお、小林は次回作で絵コンテを担当しており、彼にとってそれが、事実上最後の参加作品となった)。

ありがとう、アニナルスタッフ様。

ありがとう、岸本先生。
そして15年間本当にお疲れ様でした…!

関連イラスト

おつかれさまでした!
無事で良かった……


Connected
ナルヒナ♪♪




関連タグ

NARUTO 岸本斉史
うずまきナルト 日向ヒナタ ナルヒナ
恋愛
運命の赤いマフラー 星のうつわ 冬の終わりに
大筒木トネリ 転生眼
小林常夫 遺作

BORUTO 

関連動画



外部リンク

公式サイト
公式Twitter

『NARUTO』完結編はヒナタがヒロイン?主題歌ジャケットの意味深ビジュアルが公開

pixivに投稿された作品 pixivで「THELAST」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4423321

コメント