ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

※ネタバレ注意

概要

大筒木一族の正当な後継者。第四次忍界大戦にて、うずまきナルトうちはサスケによって封印された大筒木カグヤの子孫。後の六道仙人である大筒木ハゴロモの弟大筒木ハムラの末裔。


名前の由来は、日本において皇族に仕え警護する側近の従者である『舎人』から、あるいは日本最古の歴史書である日本書紀を編集した『舎人親王(天武天皇の皇子)』からと思われる。


経緯

嘗て、地上の人々にチャクラの正しい使い方を伝え導く為、地上に残るハゴロモに代わって大筒木一族の長となったハムラは、十尾が二度と復活しない様に、に封印された外道魔像を見張る為、一族を率いて月に移住する事となる。


その際にハムラはハゴロモに「千年待とう」と告げ、1000年の間に人々がチャクラの力を正しく扱い、世が平穏であるかを見極めるという誓いを立てたという。その月に移住したハムラの一族の最後の生き残りがトネリである。


そして、ハゴロモとハムラによってカグヤが封印されてから1000年の時が流れ、地上の人々がチャクラを今も尚兵器として利用し続けている様を見たトネリは「ハゴロモが築いた世界は失敗であった」と判断し、一族の教えに従って1000年の間ハムラの子孫達の白眼の眼球を封印し続けて作り上げたエネルギー球体『転生眼』の力を使い、月を地球に飛来させて地上の人々を滅ぼす事を決める。


その上で、自分と同じハムラの一族の末裔である日向一族の宗家が持つ純度の高い白眼を得る為に日向ヒナタの妹のハナビを誘拐して彼女の両眼を自分に移植し、自身の大筒木一族のチャクラと呼応させる事で、輪廻眼に対をなす最強瞳術である転生眼を開眼させる。そして日向一族の中で、自身の先祖でもあるハムラの血筋で、彼のチャクラを最も濃く受け継いでいるヒナタを白眼の姫(びゃくがんのひめ)』として自分の妻に迎え入れ、人々が滅んだ地上が安定した後に地上に降り立ち、二人で新たな世界を築く事を目的としていた。


人物

CV:福山潤

外見は端正な顔立ちをした美青年であるが、実年齢に関しては不明である。彼の一族は、生まれたと同時に眼球を抜かれる習わしがあり、その為目には眼球が存在せず(「列の書」より)、チャクラを集めた心の目で周囲の状況を感じ取って行動しており、その為普段は常に目を瞑っている。一族によって作られた月の内部に存在する地底空間に住み、彼以外の一族の生き残りは存在せず、エネルギー体転生眼の力で動いている傀儡人形達と生活している。


小説版では幼少時は父親と共に暮らしていた描写があり、何度か地上に連れられる等して楽しく過ごしていた様で、ヒナタの事を知ったのはその時であった。その当時は自身とヒナタが結ばれる事が天命であると教えられてきたが、彼の父は晩年に彼に対し、一族のしがらみに囚われる事無く、地上に降りて幸せに暮らす事を彼に諭していた。


登場した当初は落ち着いた柔らかな物腰で話し、一族のしきたりとはいえヒナタに対して彼なりの愛情を持って接していたが、それは先祖であるカグヤが息子であるハゴロモとハムラを『自分のもの』と考えるのにも似た歪んだもので、ヒナタの想いはほぼ無視しており、彼女のナルトに対する想いを知った時は激怒していた。


また、自身の一族の教えに対しては妄信な程に絶対な事と信じ込んでおり、チャクラを争いに使う地上の忍達に激しい憤りを抱いているが、無差別に地上の人々を虐殺しようとする自分の行動との矛盾点に気付く様子は無く、また気に喰わない事があると直ぐに激昂するなど、幼少期から他者との触れ合いが無かった上に何でも言う事を聞く傀儡のみと生活を共にした為か、その性格はどこか幼稚で独善的な面が目立つ。


能力

彼の一族は砂隠れカンクロウサソリ等の傀儡使いの始祖の様であり、地上とは別系統の進化を遂げた無数の自動傀儡を操っている。

彼自身も、掌に作り出す緑色の発光球体を人の体に入れ込む事でその人物を操る術を持っており、入れ込んだ相手のチャクラのみを取り除いて爆発させる事も出来る。

彼や彼の傀儡たちが使う発光球体は、小説版では泡玉と表現されており、シカマル『泡遁(あわとん)』と呼んでいる。


また、ハナビから奪った白眼転生眼へ変じるに連れて、更にチャクラで遠距離の物体の動きを操作するという輪廻眼の瞳術『万象天引』『神羅天征』に類似した能力も獲得し、完全な変化を遂げた際にはナルトの九喇嘛モードにも似た緑色のチャクラを纏った転生眼チャクラモードを得ている。

その戦闘力は両目に輪廻眼を開眼し十尾の人柱力となったうちはマダラにも匹敵するもので、六道仙術の浮遊をこなし、求道玉に酷似したチャクラの数珠を操る。六道仙術は仙人モードを会得した者だけが使用できるとされ、トネリも仙術が使えたのかもしれない。


更に、そのチャクラの数珠を回転させる事で、月に穴を開ける程のチャクラの竜巻を巻き起こす「銀輪転生爆」と、数珠を一つに融合させて金色に光り輝く月を両断出来る程巨大なチャクラの剣を生み出す「金輪転生爆」を必殺技とする。


結末

全ての決着がついた後、ヒナタ達によって大筒木宗家の墓地へと導かれ、自身の過ちを痛感。ナルト達が地球へ帰る際、一緒に行かないかと誘われるが、己の犯した罪を贖う為に一人月に残った。

尚、彼がハナビから奪った両目は転生眼へと変化してしまったが、ナルトに敗れると同時に力を失って元の白眼へと戻り、ヒナタによって取り返された後はサクラの医療忍術でハナビの身体に戻された。


その後

BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS』にも登場し、夢を通じてうずまきボルトに語り掛け、彼がいずれその瞳に宿る力で世界の命運を背負う未来が訪れる事を告げた。

そして、大筒木一族本家の使者として現れた大筒木ウラシキと対峙し、彼を止めようとしたのだが・・・「同族殺しは許可されていない」との事で1万年程の時間凍結を掛けられてしまい、

星が食い潰される様を見ているが良いとウラシキの嘲りを受ける中、ボルトの身を案じながら誰にも知られずに戦闘不能となってしまった。


大筒木一族とある人物

大筒木一族は傀儡の始祖とする一族であった為サソリが言っていた、傀儡の術の初代操演者・モンザエモンは大筒木一族の者か、それの関係者と言う憶測も出来るが…真意は不明である。


血縁関係

先祖:大筒木カグヤ 大筒木ハムラ

遠縁:日向一族


関連イラスト

トネリ


関連タグ

NARUTO THELAST チートキャラ

大筒木ハムラ……大筒木一族の始祖。

日向一族……遠縁にあたる家系。

千手柱間うずまきナルト……ハゴロモの次男・アシュラの転生者。

うちはマダラうちはサスケ……ハゴロモの長男・インドラの転生者。

関連記事

親記事

大筒木一族 おおつつきいちぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1183071

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました