ピクシブ百科事典

外道魔像

げどうまぞう

漫画「naruto」に登場する物体のこと
目次[非表示]

概要

岸本斉史氏の漫画naruto」に登場する謎の木像
形は人型で腰あたりから数本の大きい突起が出ており
また、首から後ろにも突起が出ている。
手は錠で固定され、脚は胡坐の姿勢をとり、目の部分には
9つの目のようなものがあり口は巻物を噛んでいる形で固定されている。
(9つの目は長門が口寄せした際は確認されておらず眼帯でおおわれていた)

その実態

本来の姿は十尾でありチャクラを抜かれた後のいわば抜け殻(作中でも言われていた)
とはいえ、長門が口寄せした際は自立しており
長門に黒い棒を刺してチャクラをとり、口からの形をしたエネルギーをはいて敵を攻撃する。
これに触れたが最後一気に生命エネルギーをとられて死んでしまう。
また、龍は尾獣封印の際にも出てくる。
うちはオビトが戦場に口寄せした際もたって自立していた。
抜け殻とチャクラを別にするため、に封印されていたがうちはマダラによって地上に舞い戻る。

この封印式をした後は白目むき出しの部分に尾獣が入ったことを示すのか黒い虹彩が表れる。
最終的には不完全ながらチャクラと肉体がそろったため十尾(神樹)に戻った。

関連項目

naruto 尾獣 神樹 十尾 六道仙人 魔像

pixivに投稿された作品 pixivで「外道魔像」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290

コメント