ピクシブ百科事典

チャクラ

ちゃくら

チャクラは、サンスクリットで「車輪・円」を意味する語。 漢訳は「輪」(りん)、チベット語では「コルロ」(khorlo)という。
目次[非表示]

一部文章は、Wikipediaから抜粋したものであることを先に述べておく。

概要

チャクラ(cakra)という単語自体はサンスクリット語で“車輪、円輪”を意味する言葉である。
インド起源の神秘的身体論における、物質的な身体(粗大身)と精微な身体(微細身)にある複数の中枢を指す。
古代インドの宗教聖典『タントラ』の基盤である、特定の宇宙の各部は他の宇宙の別の部分に照応されるという思想における象徴が“チャクラ”なのである。
インド仏教後期の密教におけるタントラ経典でもチャクラへの言及があり、チャクラの数や位置についてはいくつか異説があるが、一般には臍、心臓、喉、脳の4輪があるとされ、ヨーガにおいては7つとされる。

図解 7つのチャクラ


序列サンスクリット語意味部位
1 チャクラmūlādhāra基礎会陰
2 チャクラsvādhişţhāna我が家陰部
3 チャクラmaņipūra宝石の国腹部
4 チャクラanāhata宇宙を渡る音
5 チャクラviśhuddha清浄
6 チャクラājñā教化眉間
7 チャクラsahasrāra千のスポーク千手観音頭頂

関連タグ

インド 仏教 密教
スピリチュアリズム ヨーガ/ヨガ

チャクラを由来とするキャラクター・概念などが登場する作品

デジタルデビルサーガ アバタール・チューナーのチャクラ

アトラスのゲームソフトに登場。1作目は、物語の舞台であるジャンクヤードが7つのエリアにわかれており、主人公達はムラダーラエリアからサハスララのカルマ協会を越えて楽園ニルヴァーナに到達することを目的としている。

遊戯王のチャクラ

チャクラ


チャクラ(遊戯王)

NARUTOのチャクラ

NARUTOに世界における、忍者忍術を使い、操るために使用するエネルギーであり、『身体エネルギー』『精神エネルギー』を繋ぎ、混ぜ合わせることで作り出すことができる。NARUTOの世界において、荒れすさんだ世界を救い、人々を導いた伝説僧侶である六道仙人は、チャクラを心を繋ぐものとする忍宗を説いた。

ちなみに、「ナルト チャクラ」で検索するとなぜか「チャクラ宙返り」関係のイラストがよく出る。

仮面ライダー電王のチャクラ

電王世界では特異点のチャクラをフリーエネルギーに変換することで変身ベルトが作動するシステムが使われている。

デュエル・マスターズのチャクラ

四体神


トレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ』に登場する六枚のカード群「神帝」及びそのリメイククリーチャーである「第七神帝サハスラーラ」を含む七枚のカードは、それぞれ七つのチャクラに由来する名称を持っている。

関連タグ

NARUTO 六道仙人 血継限界

外部リンク

電王×NARUTO mixiコミュニティ - 『チャクラ』繋がりでこのような組み合わせが存在する

pixivに投稿された作品 pixivで「チャクラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74938

コメント