ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さの回避

  1. ヒンドゥー教聖典本項で解説。
  2. アニメ『天空戦記シュラト』に登場する神将や魔神将が携帯する手のひらサイズの護符。巨大化した移動形態はバルダ、バルダを分解装着すると神甲冑シャクティ)と呼ぶ。
  3. アニメ『機動戦士ガンダム00』に登場する量子型演算処理システム。→ヴェーダ(機動戦士ガンダム00)
  4. ClAMPの漫画『聖伝-RG VEDA-(せいでん・リグ・ヴェーダ)』

ヒンドゥー教、インド神話のヴェーダ

現存する伝承のうち、最も古いものの一つでもある。主に『リグ・ヴェーダ』『サーマ・ヴェーダ』『ヤジュル・ヴェーダ』 『アタルヴァ・ヴェーダ』の四つを指す。インド神話の重要な典拠。

本集(サンヒター)

  • リグ・ヴェーダ

最も古いヴェーダ。神々に利益を要請する讃歌のほか、インドイラン共通時代の古い神話を伝えている。

有力な主神だった頃のインドラの活躍を読むことができる。


  • サーマ・ヴェーダ

リグ・ヴェーダなどの古聖典に材をとった詠歌集。オリジナルのものは少ないが、

バガヴァッド・ギーターにおいて、ヴェーダの代表として挙げられる等、

その重要さが伺われる。


  • ヤジュル・ヴェーダ

祭儀において、儀式の所作と共に唱えられる祭詞を収めたヴェーダ集。

白ヤジュル・ヴェーダと黒ヤジュル・ヴェーダの二つがある。


  • アタルヴァ・ヴェーダ

他のものよりも成立が最も遅く、呪術的要素が特に色濃いヴェーダ。仏教が興った頃のインドでは、既にアタルヴァ・ヴェーダは成立していたものの、これを除く「三ヴェーダ」が尊ばれており、後代になって「四ヴェーダ」として尊重されるようになった。


本集に付随する諸聖典

四ヴェーダそれぞれに付属している。例えば、リグ・ヴェーダには

アイタレーヤ・ブラーフマナ、カウシータキ・ブラーフマナ、アイタレーヤ・アーラニヤカ、カウシータキ・アーラニヤカ、アイタレーヤ・ウパニシャッドが属する。

  • ブラーフマナ

祭儀の手順やその意義を記した文献。


  • アーラニヤカ

森林書とも訳される文献。内容はブラーフマナに近いが、

その内容は人が寄り付かない深い森の奥で語られた。

その意味で密教的と言える。


  • ウパニシャッド

インド哲学の秘奥が説かれた聖典類。西洋哲学にも影響を与えていたりする。

その数は108とも。中でも特に古く、権威あるとみなされる10の古ウパニシャッドがある。

関連記事

親記事

ヒンドゥー教 ひんどぅーきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203044

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました