ピクシブ百科事典

目次[非表示]

正式タイトルは『聖伝-RG VEDA-
副題の「RG VEDA(リグ ヴェーダ)」とは知性を意味する。

概要

CLAMPによる漫画作品。まだ同作家の商業デビュー作でもある。
月刊サウス、月刊ウィングスにて1989年~1996年に不定期連載。
全10巻。文庫版全6巻。

インド神話をモチーフとした作品で、一般的に悪い神様とされる阿修羅を主人公とし、
従来善であった帝釈天を悪役に据える等、斬新な発想の下描かれている。

あらすじ

禁忌の子・阿修羅を拾ったため、夜叉王は一族を皆殺しにされ、天帝・帝釈天から追われる身となってしまう。
夜叉王は阿修羅を連れ、帝釈天の治世を終局へ導くと予言された「六星」を探し求め、放浪の旅に出る事となる。

登場人物

阿修羅
夜叉王

龍王
蘇摩
乾闥婆王
迦楼羅王

迦陵頻伽
愛染明王
技藝

帝釈天
阿修羅王

孔雀

関連タグ

CLAMP インド神話

pixivに投稿された作品 pixivで「聖伝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 200873

コメント